カテゴリー

« 客室乗務員にわいせつ行為の疑いで逮捕の男性不起訴 東京地検(4日)NHK | トップページ | 山中に身元不明の男性遺体 北海道中札内村(4日)産経 »

2019年9月 4日 (水)

「しつけ、ただの暴力に」 検察、父親の調書読み上げ 5歳女児虐待死公判 (4日)日経

東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん(当時5)が両親から虐待され死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親、優里被告(27)の裁判員裁判は4日午後も東京地裁で続いた。検察側は「しつけがただの暴力になった」などとする父親、雄大被告(34)=傷害罪などで起訴=の供述調書を読み上げた。
 調書によると、雄大被告は「しつけがどんどんエスカレートし、怒りの感情が前面に出てただの暴力になった」と供述。さらに「優里は最初は結愛への暴力を非難していたが、私の言葉の暴力に洗脳されて意見を言えなくなったのだろう」とも述べていた。
 結愛ちゃんが転居前に通っていた香川県の病院のカルテも朗読され、結愛ちゃんは「お父さんのキックがいっぱいある。おなかもキックされたよ」と話していたという。5日に病院の医師の証人尋問が実施される。
 検察側によると、結愛ちゃんは亡くなる約1カ月前から、ノートやメモ紙に「ゆるしてください おねがいします」などとつづっていた。「パパとママにみせるってきもちでやるぞ えいえいおー」との言葉もあった。
 この日は、転居前に結愛ちゃんを一時保護した香川県の児童相談所の職員も出廷し「人なつっこい子だった。引っ越して1~2カ月の短期間で亡くなったと聞き、ショックだった」と証言した。
 証言によると、香川の児相は2016年12月、虐待の疑いがあるとして結愛ちゃんを一時保護。この時、結愛ちゃんが自分から家に帰りたいと言うことはなかったという。
 結愛ちゃんは再び保護されたが解除され、18年1月に優里被告らと一緒に目黒区に引っ越した。都の児相が接触できないまま3月2日に亡くなった。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49424030U9A900C1CC1000/?n_cid=TPRN0003

« 客室乗務員にわいせつ行為の疑いで逮捕の男性不起訴 東京地検(4日)NHK | トップページ | 山中に身元不明の男性遺体 北海道中札内村(4日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 客室乗務員にわいせつ行為の疑いで逮捕の男性不起訴 東京地検(4日)NHK | トップページ | 山中に身元不明の男性遺体 北海道中札内村(4日)産経 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

留置所

無料ブログはココログ