« 暴力団幹部に現金渡す みこし会4団体に勧告 神奈川県公安委(20日)産経 | トップページ | 信号機から発電機盗む 容疑で男逮捕 千葉県停電で設置(21日)産経 »

2019年9月20日 (金)

東京地検事務官を在宅起訴(20日)西日本

東京地検は20日、捜査目的と偽って他人の個人情報を入手したなどとして、同地検総務部の検察事務官を懲戒免職処分とし、虚偽公文書作成・同行使と強要の罪で在宅起訴した。 在宅起訴されたのは菅野秀一被告(48)=東京都千代田区。起訴状によると、被告は同地検交通部に所属していた2015年4月、知人が金を貸した相手とその親族の住所などを調べようと考え、虚偽の捜査関係事項照会書を作成。2人の住民票や戸籍の謄本などを照会したとしている。
 東京地検は、当時交通部の上司だった検察官2人を注意した。斎藤隆博次席検事は「極めて遺憾。国民に深くおわびする」と謝罪した。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/544818/

« 暴力団幹部に現金渡す みこし会4団体に勧告 神奈川県公安委(20日)産経 | トップページ | 信号機から発電機盗む 容疑で男逮捕 千葉県停電で設置(21日)産経 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暴力団幹部に現金渡す みこし会4団体に勧告 神奈川県公安委(20日)産経 | トップページ | 信号機から発電機盗む 容疑で男逮捕 千葉県停電で設置(21日)産経 »