« パトカー追跡のバイク事故 国道逆走、愛知(8日)産経 | トップページ | 坂本弁護士一家殺害30年で慰霊(8日)西日本 »

2019年9月 8日 (日)

高まる北のミサイル脅威 短期間に複数の新型開発 難しい迎撃(8日)産経

北朝鮮が短距離弾道ミサイルの新型開発を急ピッチで進めている。防衛省は5月以降の相次ぐ発射を分析した結果、少なくても2種類が新型であると断定し、もう1種類も新型の可能性を指摘した。短距離とはいえ、ミサイル技術の高度化が進めば日本にとって深刻な脅威となるため、政府は危機感を強めている。

 「開発状況に重大な関心を持っている。過去に比べて非常に開発が進んでいる」。自衛隊制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は5日の記者会見で、北朝鮮の技術の高度化を認めた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

https://special.sankei.com/a/politics/article/20190907/0001.html

« パトカー追跡のバイク事故 国道逆走、愛知(8日)産経 | トップページ | 坂本弁護士一家殺害30年で慰霊(8日)西日本 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パトカー追跡のバイク事故 国道逆走、愛知(8日)産経 | トップページ | 坂本弁護士一家殺害30年で慰霊(8日)西日本 »