カテゴリー

« 重要拠点で銃撃 緊張続く 警戒強化、山口組分裂4年 (27日)日経 | トップページ | 電線窃盗容疑、60件追送検 北陸新幹線工事現場狙う(27日)産経 »

2019年8月27日 (火)

暴力団対策「緊張感持ち臨む」 兵庫県警・棚瀬刑事部長が着任会見(27日)産経

20日付で着任した兵庫県警の棚瀬誠刑事部長(42)が26日、神戸市中央区の県警本部で記者会見し、「身の引き締まる思いだ。被害者や遺族に寄り添いながら事件捜査に当たることを考えたい」と意気込みを語った。 山口組を名乗る3団体による対立抗争など、不安定な暴力団情勢の対策について「県民の皆さまが被害に巻き込まれないよう、暴力団排除条例を活用し的確に対処する。緊張感を持って全力で臨む」と述べた。
 岐阜市出身。一橋大法学部を卒業し平成12年4月、警察庁に“キャリア警察官”として採用され、沖縄県警と京都府警の捜査2課長や、財務省に出向し主計官補佐などを歴任した。
 兵庫での勤務は初めてだが、警察署係長として事件のイロハを学んだ20代のころ、犯人を追って北海道から神戸市内へ転戦。立ち回り先のホテルで聞き込み捜査をしたことが忘れられない。「刑事の心は今も自分の中にある」と語った。
 大切にする言葉は「一所懸命」。家族は妻。
https://www.sankei.com/affairs/news/190827/afr1908270002-n1.html

« 重要拠点で銃撃 緊張続く 警戒強化、山口組分裂4年 (27日)日経 | トップページ | 電線窃盗容疑、60件追送検 北陸新幹線工事現場狙う(27日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重要拠点で銃撃 緊張続く 警戒強化、山口組分裂4年 (27日)日経 | トップページ | 電線窃盗容疑、60件追送検 北陸新幹線工事現場狙う(27日)産経 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ