カテゴリー

« 警察庁、五輪警備に300億円=20年度概算要求(29日)時事 | トップページ | 皇居周辺を飛行制限区域に(29日)西日本 »

2019年8月29日 (木)

かくまった男、罪認める=逃走元被告「覚せい剤抜く」-横浜地裁(29日)時事

傷害罪などで有罪判決が確定後、収容に応じず逃走した男をかくまったとして、犯人蔵匿罪などに問われた建築業幸地大輔被告(39)の初公判が29日、横浜地裁(野村充裁判官)であり、同被告は起訴内容を認めた。
 起訴状によると、幸地被告は無職小林誠被告(43)=公務執行妨害罪などで起訴=が逃走中と知りながら、6月23日未明、神奈川県横須賀市の自宅にかくまったほか、同月上旬~23日ごろ覚せい剤を使用したとされる。
 検察側は冒頭陳述で、幸地被告が小林被告と同20日に合流し、出頭を促したものの、「覚せい剤が抜けるまでかくまって」と複数回頼まれ、23日午前に出頭すると約束したためかくまったと指摘した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082900844&g=soc

« 警察庁、五輪警備に300億円=20年度概算要求(29日)時事 | トップページ | 皇居周辺を飛行制限区域に(29日)西日本 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警察庁、五輪警備に300億円=20年度概算要求(29日)時事 | トップページ | 皇居周辺を飛行制限区域に(29日)西日本 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ