« 強制わいせつ容疑でラーメン店経営の男逮捕(16日)産経 | トップページ | 広島県警警部補を書類送検(16日)西日本 »

2019年8月16日 (金)

»あおり・・・40代男の逮捕状請求、「大阪・福井にいる」車返さず(16日)TBS

 ディーラーから貸し出された高級外車が“あおり運転”を繰り返したとみられる事件で、車を借りた男が「大阪にいる」「福井にいる」などとディーラーに話して、期限内に車を返さなかったことが関係者への取材で分かりました。警察は40代のこの男の逮捕状を請求しました。
 今月10日、常磐自動車道で男性が“あおり運転”をされた上に、男から何度も殴打される暴行を受けた事件。警察は16日、40代の男に傷害の疑いで逮捕状を請求しました。
 新たに分かった事実があります。それは・・・走行距離2000キロ。“あおり運転”に使われた白い高級車は、横浜市内にあるディーラーから3日間という約束で男に貸し出された試乗車でした。
 関係者によると、ディーラーは再三にわたり返却を呼びかけましたが、男は返却期限を大幅に過ぎた20日後まで、返却に応じなかったといいます。貸し出された際、車の走行距離は2800キロだったのに対し、返却時は4900キロ。およそ20日間で2000キロ。青森から鹿児島まで高速で走行した場合の距離に相当します。
 「大阪にいる」(男・先月25日)
 「福井にいる」(男・今月5日)
 ディーラーに、そう説明していたという男。
 試乗車は、先月23日に愛知県と静岡県で、そして今月10日、茨城県で“あおり運転”をしたとみられています。この車にドライブレコーダーは搭載されていませんでしたが、茨城県警は15日、車を押収、詳しく調べています。
 またも繰り返された“あおり運転”。2年前、萩山嘉久さん夫婦は東名高速で“あおり運転”を受け、追い越し車線に無理やり停車させられ、後続車に追突され死亡しました。萩山さんの母は、今回の“あおり運転”に対して、憤りをあらわにします。
 「あの映像を見て、また似たような人が出てきたわと思って、どうしておかしな人がいるんだかね。車は凶器だね」(息子の嘉久さん夫婦を亡くした 萩山文子さん)
 警察は“あおり運転”の摘発を強化していますが、“あおり運転”自体は一向に減っていないと、文子さんは感じています。
 「よっぽど罪を重くしないと、また第3弾(の事件)が出ないとは言い切れない」(息子の嘉久さん夫婦を亡くした 萩山文子さん)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3753319.html

« 強制わいせつ容疑でラーメン店経営の男逮捕(16日)産経 | トップページ | 広島県警警部補を書類送検(16日)西日本 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制わいせつ容疑でラーメン店経営の男逮捕(16日)産経 | トップページ | 広島県警警部補を書類送検(16日)西日本 »