« 被爆から74年、広島で平和式典(6日)西日本 | トップページ | 自民石崎氏を任意で聴取 新潟県警、秘書暴行問題(6日)産経 »

2019年8月 6日 (火)

北朝鮮、サイバー攻撃で2100億円=大量破壊兵器の資金源-国連報告書(6日)時事

【ニューヨーク時事】対北朝鮮制裁決議の履行状況を調べる国連安全保障理事会北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが、北朝鮮が銀行や仮想通貨取引への「広範で一層洗練された」サイバー攻撃を通じ、推定20億ドル(約2100億円)稼ぎ、大量破壊兵器の資金源になっているとする中告書をまとめた。ロイター通信が5日伝えた。

北朝鮮、直前ボイコット=今回は拉致未解決でも参加か-前回との比較・五輪あと1年

 パネルは17カ国での金融機関や仮想通貨取引などに対する北朝鮮によるサイバー攻撃の報告事例少なくとも35件を調査中という。報告書は、仮想通貨取引への攻撃は、銀行よりも「追跡がより困難で、政府の監視や規制もより緩い方法」で資金を稼ぐことを可能にしていると指摘。北朝鮮はサイバー空間を利用して、盗んだ資金のマネーロンダリング(資金洗浄)も行っているという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080600422&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 被爆から74年、広島で平和式典(6日)西日本 | トップページ | 自民石崎氏を任意で聴取 新潟県警、秘書暴行問題(6日)産経 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被爆から74年、広島で平和式典(6日)西日本 | トップページ | 自民石崎氏を任意で聴取 新潟県警、秘書暴行問題(6日)産経 »