« 常磐道あおり運転で指名手配の男、大阪で逮捕(18日)産経 | トップページ | 福島県警警部を暴行容疑で逮捕(18日)NHK »

2019年8月18日 (日)

警察病院から釈放中の男逃走(18日)NHK

18日午前、東京・中野区の東京警察病院から窃盗事件で逮捕されたあと、治療のため釈放されていた韓国籍の男が逃げ出しました。
男は逮捕の際に逃げようとして骨を折るけがをしたため、いったん釈放されて治療を受けていたということで、警視庁は行方を捜査しています。

18日午前6時45分ごろ、東京・中野区にある東京警察病院から窃盗事件の容疑者として逮捕されたあと、治療のため釈放されていた60代の韓国籍の男が逃げ出しました。
男は、今月13日に中野区内の飲食店で起きた窃盗事件で逮捕されましたが、その際、逃げようとして階段から転落してろっ骨を折るけがをしたため、いったん釈放されて治療を受けていました。
警視庁によりますと、18日、男が警察病院の5階にあるトイレに行った際に逃げたということで、トイレの外には警戒のために配置されていた中野警察署の警察官2人のうち1人がいたということです。
中野警察署には、発生からおよそ15分後の午前7時すぎに連絡が入り、その後、警視庁本部には午前7時半すぎに通報されたということです。
男は身長およそ1メートル80センチで、逃走した際の服装は、白っぽい色のTシャツに青っぽい色のズボンをはいていたということです。
容体が回復次第、窃盗事件について男から再び事情を聴くことにしていたということで、警視庁は行方を捜査しています。

事件の容疑者や被告が医療機関から逃走するケースはこれまでにも起きています。
平成19年4月には静岡県沼津市で窃盗の疑いで逮捕されていた男がけがの治療のためにいったん釈放され入院しましたが、手術を終えた3日後に病院から逃げ出し所在が分からなくなりました。
男は、その後、山梨県などで強盗傷害事件や窃盗事件を起こしたとして3か月後に逮捕されました。
去年5月には、放火の疑いで逮捕された容疑者の男が、精神鑑定のために留置されていた名古屋市内の病院から逃げ出し、22時間後に確保されて逃走の疑いで逮捕されました。
病室には換気用の窓があり、逃走防止のため10センチ以上開くと、アラームが鳴る仕組みになっていましたが、センサーに細工をしていたということです。
平成26年6月には、強盗事件で逮捕・起訴され精神鑑定のために福岡市内の病院に留置されていた男が逃走し、およそ5時間後に身柄を確保されました。
捜査関係者は「医療機関の場合、警察の留置施設や拘置所などとは異なり一般の人も出入りするため、逃走を防ぐ対策を十分に取ることができないこともあり対応が難しい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190818/1000034469.html

« 常磐道あおり運転で指名手配の男、大阪で逮捕(18日)産経 | トップページ | 福島県警警部を暴行容疑で逮捕(18日)NHK »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常磐道あおり運転で指名手配の男、大阪で逮捕(18日)産経 | トップページ | 福島県警警部を暴行容疑で逮捕(18日)NHK »