« 「ガソリンまく」脅迫容疑で男逮捕 ユーチューバーねたみ犯行か(21日)産経 | トップページ | 上野厚労政務官に「口利き」疑惑=文春報道(21日)時事 »

2019年8月21日 (水)

あおり運転、されたらどうする?=「道譲る」「窓開けない」と専門家(21日)時事

 茨城県守谷市の常磐自動車道で車を止めさせ、運転手の男性を殴ったとして傷害容疑で会社役員宮崎文夫容疑者(43)=大阪市東住吉区桑津=が県警に逮捕された事件を受け、「あおり運転」が改めて問題視されている。許される行為ではないが、誰もが被害に遭う可能性があり、専門家は「道を譲るなど、できるだけ関わらないようにすることが大事」と呼び掛けている。

【関連ニュース】あおり・危険運転

 あおり運転が社会問題化したきっかけは2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路であおり運転を受けて停止した車にトラックが追突し、夫婦が死亡した事故だった。警察庁は18年1月、全国の警察に対し、あらゆる法令を駆使して捜査を徹底するよう指示。高速道路での一斉取り締まりなど対策を進めた結果、18年の道交法違反(車間距離保持義務違反)の取り締まり件数は1万3025件と前年の約1.8倍に増加した。ほかに暴行や傷害、殺人などが適用されたケースもあった。
 警察庁はあおり運転を受けた場合、相手を先に行かせる▽できる限り人目のある安全な場所に停車する▽安易に車外に出ず、ロックして110番通報する-などの対策を呼び掛けている。
 九州大大学院の志堂寺和則教授(交通心理学)は「まずは極力関わらないこと。もし相手が停車して下りてくるなどした場合にはドアをロックして、窓を開けてはいけない」とアドバイスする。
 その上で「停車時は安全のため路肩などに少し斜めに止め、ハザードランプで後続車に知らせるべきだ。ナンバープレートや相手が写ることがあるドライブレコーダーも役に立つ」と話している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082000793&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 「ガソリンまく」脅迫容疑で男逮捕 ユーチューバーねたみ犯行か(21日)産経 | トップページ | 上野厚労政務官に「口利き」疑惑=文春報道(21日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ガソリンまく」脅迫容疑で男逮捕 ユーチューバーねたみ犯行か(21日)産経 | トップページ | 上野厚労政務官に「口利き」疑惑=文春報道(21日)時事 »