« 巡査部長が4人に痴漢疑い 長野県警、停職3カ月(2日)共同 | トップページ | »息子装い現金200万円詐取、詐欺グループの「受け子」逮捕(3日)TBS »

2019年8月 2日 (金)

逃走男とかくまった男を覚せい剤取締法違反罪で起訴 横浜地検 (2日)産経

窃盗罪などで実刑判決が確定し、横浜地検が収容しようとした男が逃走した事件に絡み、同地検は2日、覚せい罪取締法違反罪で無職の小林誠容疑者(43)と建築業、幸地大輔容疑者(38)を起訴した。地検は両被告の認否を明らかにしていない。 起訴状などによると、両被告は6月上旬ごろから同23日までの間、神奈川県内か、その周辺で覚醒剤を使用したとしている。
 小林被告は同月19日、同県愛川町の自宅で、収容状を持って訪れた検察事務官らに「ふざけんな。早く出ていけ」などと怒鳴り、包丁を振り回して車で逃走。同県内を転々とし、同月23日に同県横須賀市の幸地被告のアパートに潜伏していたところを地検に逮捕された。幸地被告は「覚醒剤が抜けるまで」と小林被告に頼まれ、逃走を手助けしていたとみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/190802/afr1908020027-n1.html

« 巡査部長が4人に痴漢疑い 長野県警、停職3カ月(2日)共同 | トップページ | »息子装い現金200万円詐取、詐欺グループの「受け子」逮捕(3日)TBS »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巡査部長が4人に痴漢疑い 長野県警、停職3カ月(2日)共同 | トップページ | »息子装い現金200万円詐取、詐欺グループの「受け子」逮捕(3日)TBS »