« 運転トラブルではねたか あおり?殺人未遂の疑いで男逮捕(16日)産経 | トップページ | 運転士の手配忘れて電車運休 博多―博多南駅間でJR西(16日)朝日 »

2019年8月16日 (金)

スペイン実業家が「少女像」購入=愛知で展示中止で(16日)時事

 愛知県で開催中の「あいちトリエンナーレ2019」で、展示が中止となった慰安婦を象徴する「平和の少女像」を、スペインの実業家が購入したことが分かった。ロイター通信が14日、伝えた。価格は不明。

【関連ニュース】慰安婦少女像の企画展中止

 実業家はタチョ・ベネット氏。来年にも北東部バルセロナに私設の「フリーダム・ミュージアム」を開館させ、そこで世界中の「問題作」約60点と共に、少女像を展示する計画という。
 ベネット氏は、ロイターの電話取材に「1年半前から世界各地で検閲された作品を買い集めている。政治的、倫理的、道徳的、性的など(検閲の)理由はさまざまだ」と説明。あいちトリエンナーレでの騒動を受け、先週購入したと話している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081500693&g=soc

« 運転トラブルではねたか あおり?殺人未遂の疑いで男逮捕(16日)産経 | トップページ | 運転士の手配忘れて電車運休 博多―博多南駅間でJR西(16日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運転トラブルではねたか あおり?殺人未遂の疑いで男逮捕(16日)産経 | トップページ | 運転士の手配忘れて電車運休 博多―博多南駅間でJR西(16日)朝日 »