« 組事務所銃撃 逃走バイクのナンバー隠蔽か(22日)産経 | トップページ | 韓国、日韓軍事情報協定を破棄=輸出管理強化に対抗-安保協力後退へ(22日)時事 »

2019年8月22日 (木)

大阪府警、捜査書類173件放置(22日)西日本

大阪府警は22日、羽曳野署など4署で、事件や変死事案などの捜査書類173件が放置されていたと発表した。このうち容疑者が分からないまま時効を迎えた事件など35件を検察庁に送致した。証拠品50点の紛失も判明した。府警では2016年にも捜査書類などの放置が発覚しており、当時の調査が不十分だったとみている。 署内の捜査書類の点検や報告を怠ったとして、府警は羽曳野署の過去の刑事課長ら計12人を警務部長注意などとし、他3署の刑事課や交通課を業務指導した。
 府警によると、放置書類は羽曳野市の羽曳野署で160件、大阪市の曽根崎署で8件、天満署で3件、堺市の黒山署で2件。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/537031/

« 組事務所銃撃 逃走バイクのナンバー隠蔽か(22日)産経 | トップページ | 韓国、日韓軍事情報協定を破棄=輸出管理強化に対抗-安保協力後退へ(22日)時事 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 組事務所銃撃 逃走バイクのナンバー隠蔽か(22日)産経 | トップページ | 韓国、日韓軍事情報協定を破棄=輸出管理強化に対抗-安保協力後退へ(22日)時事 »