« 2019年8月21日 (水) | トップページ | 2019年8月23日 (金) »

2019年8月22日 (木)

2019年8月22日 (木)

生活保護費200万円盗難か 明石市、支給体制見直しへ(22日)朝日

兵庫県明石市は22日、生活福祉課の金庫に保管していた生活保護費203万7千円がなくなったと発表した。盗難とみて近く明石署に被害届を出すという。
 市によると、21日午前、ケースワーカーの一人が担当する受給者に渡す保護費を確認しようとした際、現金入りの封筒1枚がなくなっているのに気付いた。市が他のケースワーカーの担当分も調べたところ、他にも10枚の現金入り封筒がなくなっていたという。金庫の解錠番号は担当職員3人が管理しているが、始業時に解錠した後は終業時まで施錠しない運用だった。
 同市では保護費を現金で支給するのは原則として毎月1日だが、後日にしか受け取れない人の分を金庫に保管。市は当面、金庫の管理者1人を決め、それ以外の人が金庫を開けられないようにする。さらに、現金で保護費を支給する際の体制も見直すという。(寺西淳)
https://www.asahi.com/articles/ASM8Q66Z5M8QPIHB01G.html

| コメント (0)

韓国、日韓軍事情報協定を破棄=輸出管理強化に対抗-安保協力後退へ(22日)時事

【ソウル時事】韓国政府は22日、日韓防衛当局間で軍事機密のやりとりを可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。24日の延長期限までに日本政府に通告する。繰り返される弾道ミサイル発射など北朝鮮の脅威に対抗する日米韓の安全保障連携は文在寅政権下で、後退を余儀なくされる。

軍事情報協定破棄、日本政府に衝撃=韓国との亀裂決定的

 国家安全保障会議(NSC)常任委員会後に記者会見した韓国大統領府の金有根国家安保室第1次長は日本政府が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外したことが「両国間の安保協力環境に重大な変化を招いた」と指摘。「敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を持続させるのは国益に合致しない」と破棄の理由を説明した。
 GSOMIAは朴槿恵前政権下の2016年11月に締結。北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日韓両政府による安全保障上の連携の「象徴」とされ、北東アジアの安定に向けた協力の支えとなっていた。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082200984&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

大阪府警、捜査書類173件放置(22日)西日本

大阪府警は22日、羽曳野署など4署で、事件や変死事案などの捜査書類173件が放置されていたと発表した。このうち容疑者が分からないまま時効を迎えた事件など35件を検察庁に送致した。証拠品50点の紛失も判明した。府警では2016年にも捜査書類などの放置が発覚しており、当時の調査が不十分だったとみている。 署内の捜査書類の点検や報告を怠ったとして、府警は羽曳野署の過去の刑事課長ら計12人を警務部長注意などとし、他3署の刑事課や交通課を業務指導した。
 府警によると、放置書類は羽曳野市の羽曳野署で160件、大阪市の曽根崎署で8件、天満署で3件、堺市の黒山署で2件。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/537031/

| コメント (0)

組事務所銃撃 逃走バイクのナンバー隠蔽か(22日)産経

 神戸市中央区の指定暴力団山口組直系「弘道会」の神戸事務所前で21日、山口組系組員の男性がバイクの男に銃撃された事件で、逃走したバイクのナンバーが現場付近の防犯カメラ映像で確認できなかったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警は追跡を逃れるため、ナンバーを隠す細工を施していた疑いもあるとみて調べる。
 県警によると、銃撃された男性は弘道会傘下組織の加賀谷保組員(51)と判明。病院で実弾の摘出手術を受けたが意識不明の重体という。
 捜査関係者によると、現場付近の防犯カメラにバイクが写っていたが、ナンバーは確認できなかった。プレートを外したか、折り曲げてナンバーがカメラに写らないように細工した可能性があるという。
 今年4月に現場から約1キロ離れた商店街で、対立組織の神戸山口組系組長が山口組系組員に刺される事件が発生。関係者によると、今月22日は神戸側の井上邦雄組長の誕生日で、神戸側内部に「(誕生日に合わせて)仕返しをすべきだ」との声があった。県警は両組織間の抗争の可能性が高いとみて捜査している。
https://www.sankei.com/affairs/news/190822/afr1908220036-n1.html

| コメント (0)

愛媛県警互助会が見舞金50万円 誤認逮捕、女子大学生側へ(22日)共同

タクシーから現金などを盗んだとして愛媛県警が窃盗の疑いで女子大学生を誤認逮捕した問題で、県警職員でつくる互助会が「見舞金」を女子大学生側に支払ったことが22日までに、捜査関係者などへの取材で分かった。代理人弁護士によると、金額は50万円で、支払い時期は8月上旬。
 捜査関係者などによると、支払った金銭は法務省の定める被疑者補償規程などによるものではなく、互助会の「見舞金」との名目だった。女子大学生に弁護士費用などの負担が発生しており、時間のかかる手続きを省略できる互助会からの支払いという形にした。
https://this.kiji.is/537202108501787745?c=39546741839462401

| コメント (0)

あおり運転のうえ暴行の疑い 住職を書類送検 大阪(22日)NHK

ことし1月、大阪・堺市の道路で乗用車を運転していた寺の住職が、後続の車に対して急ブレーキを繰り返す「あおり運転」を行ったうえ、車から降りてきて、運転手の胸倉をつかんだとして、警察は暴行の疑いで書類送検しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190822/k10012044741000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

書類送検されたのは、大阪・松原市の寺の61歳の住職です…

| コメント (0)

»あおり運転、静岡などでも捜査(22日)TBS

茨城県の高速道路であおり運転の末に男性を殴ったとして逮捕された男。全国各地であおり運転を繰り返していたとみられ、静岡などでも、本格的な捜査が始まりました。 「力を込めて殴ってしまった。やりすぎたと反省している。喜本さんにご飯を買ってきてもらい助けてもらった」(宮崎容疑者)
 「ネットの動画ニュースを見て指名手配されているのを知った。外に出ると捕まるので私がコンビニ弁当を買ってかくまった。宮崎が殴っていたのは見ている」(喜本容疑者)
 そう新たに供述している宮崎文夫容疑者と喜本奈津子容疑者。21日、警察は喜本容疑者が契約していた東京・品川区のアパートに家宅捜索に入りました。宮崎容疑者によるとみられるあおり運転は全国各地で目撃が相次いでいます。
 「10トントラックに追突された」(宮崎容疑者)
 今年6月、自身のSNSにそう投稿していたとみられる宮崎文夫容疑者(43)。場所は、静岡県の新東名高速道路。事故に遭ったトラックの運転手の男性が取材に応じ、宮崎容疑者の危険なあおり運転を証言しました。
 「私の横を加速したり減速したりの繰り返しで、横で威嚇するような感じで並走しているんですよね」(事故に遭った運転手)
 宮崎容疑者が運転する黒い高級外車が車線変更を繰り返した末、トラックの前で急停車。止まりきれずに事故が起きたと言います。男性が撮影した写真には携帯電話を手にする喜本容疑者とみられる姿も映っています。
 当時、トラック運転手の男性は書類送検されましたが、警察は宮崎容疑者のあおり運転があったとみて、男性から再度話を聞く方針です。
 また、警察は先月23日、静岡県の国道で起きたあおり運転についても宮崎容疑者によるものとみて、実況見分を行うなど裏付けを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3756995.html

 

 

 

| コメント (0)

»常磐道“あおり”暴行事件、逮捕までの9日間 足取り判明(22日)TBS

暴行から逮捕までの9日間。宮崎容疑者と交際相手の女はどこにいたのでしょうか?22日、その足取りが明らかになりました。 あおり運転の末に暴行。そして逃亡から逮捕まで。2人は常に行動をともにしていました。宮崎文夫容疑者と交際相手の喜本奈津子容疑者が茨城県の常磐自動車道であおり運転の末、男性を殴ったのは今月10日。22日、その後の足取りが明らかになりました。
 警察によりますと、犯行後、2人が向かったのは東京都内のレンタカー店。そこで別のアメリカ製の高級車を借りたといいます。わざわざ車を乗り換え向かった先は、静岡。犯行に使った白い高級外車を長期間返却せず、横浜市内のディーラーとトラブルになっていた宮崎容疑者は、静岡にいる知人を訪ね、返却を依頼。
 「自分はペーパードライバーなので運転しません」(喜本容疑者の供述)
 事件翌日の11日、静岡の知人が運転し、喜本容疑者とともに車を返却したとみられています。東京に戻った2人は、喜本容疑者名義で借りた東京・品川区にあるアパートに潜伏。13日には宮崎容疑者のものとみられるSNSに、東京で駅を背景にカレーを食べる様子が投稿されていました。警察は、この日に2人が新幹線で東京駅から潜伏先のマンションがある大阪に移動したとみています。
 「力を込めて殴ってしまった。やりすぎたと反省している」(宮崎容疑者)
 2人は現在、容疑を認めていて、取り調べにも応じているということです。捜査関係者によりますと、喜本容疑者の携帯電話には暴行の際の写真が残されていたということで、警察は、宮崎容疑者によるあおり運転の全容解明を進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3757973.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル)
 少年犯罪-油断は禁物だ                                          
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20190822202001 F1014999  恐ろしい時代になったもんだ。なんと14歳の中3少年が警察官になりすまして詐欺を働いたという。
 警察官に成り済まして70代の女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕されたのは、北海道苫小牧市の中学3年の少年(14)。「警察です」と私服姿で自宅を訪ねてきた少年を不審に思った女性が通報して発覚した。
 14歳と言えば思春期真っ只中。まだまだ成長期でありながら、社会的役割分担も意識されるようになる年齢。理想の自分と現実の自分の乖離に本格的に悩む年齢でもある。
 警察庁によると少年による殺人などの凶悪犯が増加しているという。
 令和元年7月現在の刑法犯少年の検挙人員は1万0953人で前年同期より2254人の減少。問題の凶悪犯の検挙人員は236人で同2人の増。これをみると微増だがなんと殺人は23人で10人も増えている。さらに強盗は5人増えて124人だった。
 これだけでも凶悪化は目立つがさらに、粗暴犯の傷害は20人も増えて1154人もいる。検挙人員の最も多い窃盗犯は6071人だが、1441人も減少している。大きな要因は非侵入盗が999人も減らしていることだ。
 さて、問題の詐欺など知能犯-今回の警察官に成りすますなど大胆化しているが詐欺の検挙者は437人で、前年より173人も減っている。
 このように全体的には減少傾向にあるが、凶悪化に加えて他の罪種でも依然として数字的には高い水準にあり、少年犯罪対策はまだまだ油断は禁物だ。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_20190822202701

 

 

 

阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno


警察官装う詐欺1170万円被害 (21日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190821/1000034594.html

★内乱空き部屋でSIM受け取りか(21日)NHK
★他人のカード使い商品だまし取る 詐欺容疑で男逮捕 神奈川県警(18日)産経
★祖父の特殊サギを防いだ高校生の孫に感謝状、警視庁(16日)TBS
★詐欺防止に犬の手も借りたい 17頭、散歩ついでに警戒(15日)朝日
★特殊詐欺防止「サギストッパー」配り、注意呼びかけ(16日)TBS
★埼玉・川口高齢女性が1200万円詐取被害 犯行後に「お金を受け取ったよ。ありがとう」の談話(13日)産経
★特殊詐欺の被害防止に「犬の手」(12日)共同
★詐欺被害を防ぐスマホ術 危険な電話、着信時に警告(12日)日経
★中国の「検察官」装い次未遂、台湾出身の男逮捕(11日)TBS
★「4億円相続できる」と300万円詐取、ナイジェリア国籍の男逮捕(9日)TBS
★千円振り込めば26億円くれる…「詐欺ですよ」説得し表彰(9日)朝日
★千円振り込めば2億円くれる…「詐欺ですよ」説得し表彰(9日)朝日
★特殊詐欺グループの現金の引き出し役リーダー格を逮捕 (9日)TBS
★特殊詐欺グループ摘発 男4人を逮捕、3000人の名簿を押収(8日)TBS
★山形・酒田市の2400万円詐欺被害、出し子を逮捕(8日)産経
★7pay詐欺疑いで逮捕 中国籍の男、岐阜県警(8日)産経
★息子装い現金200万円詐取、詐欺グループの「受け子」逮捕(2日)TBS
★特殊詐欺、76歳女の受け子を逮捕(2日)TBS
★アポ電、3カ月だ3万5千件 上半期の特殊詐欺被害146億円(1日)共同

| コメント (0)

小学校低学年の女子児童の頬を鼻でこすり、なめる 81歳男逮捕(22日)産経

小学校低学年の女子児童を抱きかかえ、頬を鼻でこすったり、舐めまわしたとして、宮城県警亘理署は22日、暴行の疑いで岩沼市の無職、森正志容疑者(81)を逮捕した。調べ対し「抱きかかえはしたが、頬をこすったり、なめたりはしていない」と容疑を一部否認している。 逮捕容疑は4日午前9時50分ごろ、亘理町内のスーパーマーケット内で、友人同士で買い物に来ていた小学校低学年の女子児童2人に対し、声をかけた上で抱きかかえ、頬を鼻でこすったり、頬を舐めまわす暴行を加えたとしている。
 直後に2人がそれぞれの母親に相談し、母親が同署に通報。防犯カメラの映像などから森容疑者を特定した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190822/afr1908220013-n1.html

| コメント (0)

「バイクNG区間」解除進む 暴走族減少が影響 騒音再発、住民懸念も (22日)日経

交通の安全確保や騒音抑制を目的にバイクの走行を禁じる「二輪車通行規制区間」の解除が進んでいる。暴走族の人数がピークの2割未満に減り、騒音対策の必要性が薄れたことが背景にある。ライダーの利便性は高まるが、騒音再発を心配する住民も少なくない。専門家は「安心感を与えるよう説明を尽くすことが必要だ」と指摘する。(小安司馬)
大阪城公園の北側にあるビジネス拠点「大阪ビジネスパーク」(OBP、大阪市中央区)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48844330S9A820C1AC1000/

| コメント (0)

»77歳運転の車にはねられ、84歳女性死亡(22日)TBS

岐阜県関市で、自転車に乗っていた84歳の女性が、77歳の女が運転する車にはねられ、死亡しました。 21日午前10時20分ごろ、岐阜県関市緑ヶ丘の国道で、自転車で道路を横切ろうとした関市下有知の無職、辻まさ子さん(84)が、向かって右側から来た軽ワゴン車にはねられました。辻さんは、およそ2時間半後、病院で死亡しました。
 現場は、ショッピングセンターの南側を走る片側1車線の道路で、岐阜県警は、軽ワゴン車を運転していた多治見市大藪町の無職、坂上捷子容疑者(77)を、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。警察は、容疑を過失運転致死に切り替え、詳しい状況を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3757373.html

| コメント (0)

停車させ「殺すぞ」と殴る=傷害容疑で男逮捕-岐阜県警(22日)時事

 車を停車させ運転していた男性を殴り、引き降ろしてけがをさせたとして、岐阜県警大垣署は21日、傷害容疑で同県大垣市八島町の解体作業員、林陽一容疑者(42)を逮捕した。「覚えてない」と否認しているという。2人に面識はなく、同署は交通トラブルがあったとみて捜査する。
 逮捕容疑は3日午後10時半ごろ、岐阜県内の町道で男性(52)が乗る乗用車の前に自分の車を止め停車させ、運転席ドアを開けて「なめとるんか」「殺すぞ」などと男性に因縁を付け、顔を複数回殴り、胸ぐらや髪をつかみ車から引き降ろすなどして、頸部(けいぶ)挫傷の軽傷を負わせた疑い。
 同署によると、現場は1車線道路。男性は思い当たるトラブルはないと話している。男性の妻から「夫が誰かに殴られた」と110番があり、防犯カメラ映像などから林容疑者を特定。21日に大垣市内を車で走行しているのを発見し、逮捕した。

| コメント (0)

関係悪化で韓国訪日客7・6%減 災害の昨年からさらに悪化(22日)産経

観光庁が21日発表した7月の訪日客数の推計調査によると、韓国人客は前年同月比7・6%減の56万1700人と昨年9月以来の低水準となった。昨年7月の韓国人客は西日本豪雨などの災害で落ち込んでいたが、今年は輸出管理強化など日韓関係の悪化の影響からさらに落ち込んだ。一方、中国人客が3カ月連続で大幅に増加したことから、訪日客全体は5・6%増の299万1200人と単月として過去最高だった。 同日、記者会見した田端浩観光庁長官は、韓国人客について、団体旅行のキャンセルが相次いでおり、今後も旅行予約の鈍化が見込まれるとの見通しを示した上で、「日韓関係にはさまざまな課題があり、その影響が出ている」と指摘した。一方で「人的交流は両国関係の基盤」と強調。日本政府観光局と韓国で訪日プロモーション活動を強化する方針を明らかにした。

 一方、中国人客は、1月に査証(ビザ)の要件が緩和されたことによる個人旅行者の増加傾向が続いており、単月として初めて100万人を突破。国・地域別で2位の韓国の約1・9倍となる105万500人(19・5%増)で6カ月連続で国・地域別で首位となった。
https://www.sankei.com/economy/news/190821/ecn1908210026-n1.html

| コメント (0)

事故防止装置に補助・免許返納に特典 高齢運転者対策 (22日)日経

高齢ドライバーが引き起こす交通事故の割合が高くなり、首都圏でも自治体や民間が事故防止の取り組みを強化している。ブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ装置への補助金や、運転免許を自主返納した高齢者向けの特典の拡充などに力を入れる。高齢者が運転しやすい環境をどうつくるかを模索する動きも始まっている。
東京都豊島区は70歳以上の高齢ドライバーの区民を対象に、車の急発進の防止装置(3万~10万円程度)をほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48810760R20C19A8L83000/

| コメント (0)

「稼げる『援デリ』しないか」 16歳高2に売春あっせん(22日)共同

少女に売春をあっせんし、みだらな行為をさせたとして、県警少年捜査課と大和署は21日、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、ともに秦野市渋沢3丁目、無職の女(26)、自称塗装工の男(21)両容疑者を逮捕した。県警は、2人が出会い系サイトで男性客を募り、ホテルで少女に援助交際をさせて代金を吸い上げていたとみて、全容解明を進める。
 逮捕容疑は、共謀して昨年12月17日、秦野市の小田急線渋沢駅前で、横浜市緑区に住む高校2年の女子生徒(16)に売春相手として、県内在住のアルバイト男性(29)を引き合わせ、同日深夜から翌18日未明にかけて秦野市内のホテルで、女子生徒にみだらな行為をさせた、としている。調べに対し、両容疑者は「知らない」などと供述、容疑を否認している。
 県警によると、昨夏ごろ女の容疑者が会員制交流サイト(SNS)を通じて女子生徒と知り合い、「稼げる『援デリ』の仕事をしないか」などと誘い、学生証を確認した上で面接。客に年齢を聞かれたら19歳と答えるよう指示していた。男の容疑者も出会い系サイトで男性客を募るなどしていた。両容疑者は交際関係にあったという。
 県警が昨年12月下旬に女子生徒を補導して発覚。女子生徒は家出中で、当時は両容疑者宅で暮らしていた。県警の聴取に、女子生徒は「遊ぶ金が欲しかった。(昨年8~12月に)50人くらいの相手をした」と話した。1回当たり8千円~3万円程度で援助交際し、おおむね代金の6割以上は両容疑者に渡っていたとみられる。https://www.kanaloco.jp/article/entry-189908.html

| コメント (0)

110番で駆け付けた民家の車から現金盗む 巡査長を逮捕(22日)共同

110番があって駆け付けた民家の車から現金を盗んだとして、兵庫県警は21日、窃盗容疑で宝塚署地域3課の巡査長の男(27)=伊丹市=を逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は今年5月29日午後11時半~30日午前2時ごろ、「トラブルが起きた」との通報を受けて駆け付けた宝塚市内の民家の駐車場で、住民男性(42)の軽自動車のダッシュボードに置いてあった封筒から、現金6万円を盗んだ疑い。
 県警によると、複数の警察官が関係者から事情を聴いていた間、男が被害者の男性から車の鍵を預けられ、1人になった際に車内から盗んだという。男性から相談を受けた県警が捜査していた。
 県警は処分を検討しており、北山正紀監察官室長は「警察官が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を調査の上、厳正に対処する」とコメントを出した。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201908/0012628163.shtml

| コメント (0)

山口組系組員撃たれ重傷 神戸の事務所、犯人逃走(22日)共同

 21日午後6時すぎ、神戸市中央区にある指定暴力団山口組系組事務所の近くで「組員が拳銃のようなもので撃たれた」と消防を通じて兵庫県警に通報があった。組員とみられる50歳ぐらいの男性が腹や腕など3カ所を撃たれて重傷。犯人は逃走しており、県警が殺人未遂の疑いで捜査している。
 県警によると、銃撃したのはフルフェースのヘルメット姿の男とみられ、スクーターで乗り付けて路上から敷地内の車に向けて数発撃った。撃たれた男性は車で事務所に戻った直後だった。
 捜査関係者によると、事務所は山口組の中核組織である弘道会の拠点。県警は山口組分裂による抗争の可能性が高いとみて調べる。
https://this.kiji.is/536867695043085409?c=39546741839462401

| コメント (0)

消火剤噴出し一帯白く騒然 札幌(22日)NHK

21日夜、札幌市豊平区の立体駐車場から消火剤が大量に吹き出し、辺り一帯が白い粉で覆われ騒然となりました。
消火設備の配線を誤って切断し、誤作動したということです。

21日午後10時20分ごろ、札幌市豊平区月寒中央通7丁目のJA月寒中央ビルで、「煙が見える」と通りかかった人から警察に通報がありました。
警察と消防が駆けつけたところ、火事ではなく、ビルの立体駐車場の消火設備から大量の粉末の消火剤が吹き出したということです。
この影響で辺り一帯が白い粉で覆われ、駆けつけた消防車や近くの地下鉄の駅を利用する人たちで騒然となりました。
警察によりますと駐車場で行われていた工事で消火設備の配線を誤って切断し、誤作動したということです。
消防によりますと消火剤はリン酸塩類という成分で、大量に吸い込むと呼吸器に影響が出るおそれもあるということです。
大気汚染物質PM2.5の数値は環境省が1時間ごとの平均値で1立方メートルあたり80から85マイクログラムを注意喚起の指針とするのに対し、この地域では一時、181マイクログラムを観測し大幅に上回りました。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190822/7000012954.html

| コメント (0)

»“デマ”を信じて出頭拒否、男逮捕(22日)TBS

 スピード違反を機械で自動的に検知されても、警察に「上申書」を提出すれば取り締まられずに済むなどのデマを信じ込んで、警察からの出頭要請を拒み続けていた会社員の男が逮捕されました。

 道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県上尾市の会社員、小松弘幸容疑者(34)です。警察によりますと、小松容疑者は今年4月、蓮田市内を運転中、可動式の「自動速度違反取締装置」で、時速38キロの速度超過が検知されました。小松容疑者はその後、警察から複数回、出頭を要請されたにもかかわらず、応じない旨を記した「上申書」を警察に提出して拒み続けたということです。インターネット上では、「上申書を警察に提出すれば違反から逃れられる」との嘘の情報が流れていて、小松容疑者は、こうした情報を信じ込んだとみられ、警察は「デマなので、真似をしないように」と注意を呼びかけています。小松容疑者は調べに対し、スピード違反をした理由について「トイレに行きたかった」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3757377.html

| コメント (0)

»消防署長、わいせつ未遂で逮捕(22日)TBS

 広島県東広島市の消防署長が、知り合いの女性にわいせつな行為をしようとしたとして逮捕されました。
 強制わいせつ未遂の疑いで逮捕されたのは、東広島消防署の署長・檜山伸一容疑者(60)です。
 警察によりますと、檜山容疑者は先月17日、東広島市の道路脇に駐車した軽乗用車の中で、30代の知り合いの女性の腕をつかむなどして、わいせつな行為をしようとした疑いが持たれています。 抵抗して軽乗用車から出た女性はその後、警察に相談し、先月末に被害届を出していました。
 取り調べに対して檜山容疑者は、容疑を認めているということです。 東広島市消防局によりますと、檜山容疑者は事件当日、夏休み中だったということです。
 「勤務態度に問題はなく、日頃から熱心に指導している職員。事実関係を確認のうえ、厳正に対処したい」(東広島市消防局 石丸泰三局長)
 事件を受けて、東広島市の高垣広徳市長は、「消防署長という立場でありながら、東広島市及び消防管内の名誉を傷つけるような行為で、皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3757372.html

| コメント (0)

»群馬大学、研究施設で放射性物質を紛失(22日)TBS

群馬大学の放射線研究施設で、放射線の検出に使われる放射性物質が無くなっていたことがわかりました。群馬大学は、「人体・環境への影響はない」としています。 群馬大学によりますと、放射線研究施設で、放射線を検出する機器がきちんと作動しているか確かめるために用いられる放射性物質が無くなっていることが、今月14日にわかったということです。先月31日、施設内で別の機器が放置されているのが見つかったことをきっかけにすべての所在を確認したところ紛失が判明し、21日、原子力規制庁と群馬県警に報告したということです。
 群馬大学は、紛失した放射性物質による人体・環境への影響はないとしていますが、今後は学会が定めるガイドラインに従って管理体制を見直すとしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3757378.html

| コメント (0)

« 2019年8月21日 (水) | トップページ | 2019年8月23日 (金) »