« 2019年8月 6日 (火) | トップページ | 2019年8月 8日 (木) »

2019年8月 7日 (水)

2019年8月 7日 (水)

浅間山で噴火が発生 気象庁(7日)NHK

気象庁は、長野県と群馬県の県境にある浅間山に「噴火速報」を発表しました。

気象庁によりますと、午後10時8分ごろ、長野県と群馬県の県境にある浅間山で、「噴火が発生した」ということです。
火山に立ち入っている人などは身の安全を確保してください。
今後の情報に注意してください。
「噴火速報」は、一定の期間、噴火が発生していない火山で噴火が発生したり、すでに噴火が発生している火山で、より規模の大きな噴火が発生したりした場合に発表される情報です。
今後の火山活動に注意が必要です。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190807/1000033910.html

| コメント (0)

「ガソリンだ」 警官に液体かけた疑い トリエンナーレ(7日)朝日

企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の会場で、警察官に液体をかけたとして、愛知県警は7日、住所、職業不詳の男を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕し、発表した。男は20~40歳ぐらいで、容疑を否認しているという。

 東署によると、男は7日午後4時10分ごろ、東署地域課の男性警部補(45)らとともに、名古屋市東区の愛知芸術文化センター10階からエレベーターに乗った際、「ガソリンだ」などと言い、持っていたバケツ内の液体を警部補の足にかけた疑いがある。
 警部補にけがはなく、液体は無色透明でガソリンの臭いはしなかったという。
 午後3時半ごろ、芸文センターの関係者から「ヘルメットをかぶった男3人が(10階の)床に何かを塗っている」と110番通報があった。警部補は同僚とともに現場に駆けつけ、建物の外で話を聴くため、男3人とともに10階からエレベーターに乗ったところ、そのうちの1人が液体をかけたという。
 1日に芸文センター8階で始まった企画展は、テロ予告や脅迫も含め、抗議の電話やファクスが相次いだため、芸術祭の実行委員会が3日に中止を発表した。県は、ファクスで脅迫文が届いたとして、東署に威力業務妨害の疑いで被害届を出し、受理された。
https://www.asahi.com/articles/ASM87669PM87OIPE021.html

| コメント (0)

電線250キロ盗む…容疑の無職男逮捕 宮城(7日)産経

宮城県名取市の工事現場から電線「キャブタイヤケーブル」を盗んだとして宮城県警捜査三課と塩釜署の共同捜査班は7日、建造物侵入と窃盗の疑いで住居不定、無職の佐藤隆太容疑者(35)を逮捕した。調べに対し、容疑を否認している。 逮捕容疑は昨年4月11日午後5時半ごろから12日午前7時40分ごろの間に、名取市内の簡易宿泊所の解体工事現場からキャブタイヤケーブル約250キロ(時価12万円相当)を盗んだとしている。佐藤容疑者は今月17日にも塩釜市内の大型貸店舗から電線約500キロを盗んだとして逮捕されていた。
 共同捜査班は佐藤容疑者が転売目的で窃盗を繰り返していた可能性があるとみて余罪を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070016-n1.html

| コメント (0)

ストーカー、放火…神奈川県警が男性巡査部長を懲戒免職(7日)産経

元交際相手のアパート敷地内に放火するなどしたとして、神奈川県警は7日、県警南署の巡査部長、井上大輔容疑者(40)=建造物等以外放火容疑などで逮捕=を懲戒免職処分にした。横浜地検は同日、建造物等以外放火罪などで起訴した。 県警監察官室によると、井上被告は平成26年ごろ、既婚者であるにもかかわらず、独身と偽って女性と交際を開始。偽名を使い職業も警備員と説明していた。女性は30年末ごろ、別れ話を切り出し、31年3月上旬に関係清算のため横浜市内のアパートから転居した。
 井上被告は女性の転居を知ると、県警内の情報システムを使い、女性の運転免許のデータから現住所を不正に入手。3月下旬から4月上旬にかけ、女性宅のドアノブに接着剤を注入し、物を送りつけるなどのストーカー行為をしていた。
 女性は県警に相談。4月中旬、県公安委員会は井上被告に対し、ストーカー規制法に基づき禁止命令を出していた。県警はその後の捜査で3月上旬、女性が当時住んでいたアパート敷地内のごみ置き場に放火していた事実を突き止めた。
 寺沢陽公同室長は「職員に対する指導を徹底する」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070017-n1.html

| コメント (0)

民家に2遺体、熱中症の可能性 東京・西東京(7日)産経

7日午前11時15分ごろ、東京都西東京市芝久保町の民家で住民とみられる女性2人が死亡しているのが見つかった。警視庁田無署は2人は母親(95)と娘(62)とみて身元の確認を急ぐとともに、司法解剖して死因を調べる。現場の状況から、母親とみられる女性は熱中症の可能性もあるという。
 同署によると、2人に外傷はなく、死後約10日が経過。母親とみられる女性は1階の寝室のベッドで布団をかぶっていた。衣服を身に着けておらず、室内のエアコンは止まっていた。娘とみられる女性はエアコンが作動したままの2階の寝室でベッド脇に倒れていた。
 新聞配達員が7日早朝、7月27日以降の新聞が郵便ポストにたまっていることに気付いて市役所に連絡。市職員が交番に相談に訪れ、同署員が遺体を発見した。室内に荒らされた形跡はなく、玄関は施錠されていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070018-n1.html

| コメント (0)

人権侵害の調査結果公表を、愛媛 誤認逮捕で中村知事(7日)共同

愛媛県の中村時広知事は7日の記者会見で、タクシーから現金などを盗んだとして愛媛県警が窃盗の疑いで女子大学生を誤認逮捕した問題について「尊厳を傷つける重大な人権侵害だ。捜査の在り方を含め徹底的に調査することは当然だ」と述べ、調査結果を公表すべきだとの考えを明らかにした。
 中村知事は「女子大学生の立場に立って考えると、人生すら狂わせかねない大変なことだ」と指摘。「県警本部は誠意ある対応を取り、こうしたことが二度と起きないようしっかりと真相を解明すべきだ」と述べた。
https://this.kiji.is/531802943916999777?c=39546741839462401

| コメント (0)

高齢者が最新の安全技術を体験する講習会(7日)NHK

相次ぐ高齢ドライバーの事故防止につなげようと高齢者に自動ブレーキなど最新の安全技術を体験してもらう講習会が開かれました。
講習会は、東京 江戸川区の自動車販売会社と地元の信用金庫が開き、高齢者およそ20人が参加しました。
参加者は最新の安全技術を搭載した車に乗り、車が前方の障害物を検知して自動ブレーキで停止する機能を体験しました。
また、ブレーキとアクセルを踏み間違えて急発進するのを防ぐ機能を、実際にアクセルを踏み込んで体験していました。
参加した70歳の女性は「新しい安全機能を知って驚きました。自分も昔と比べると感覚が鈍ってきているのでこうした機能があるとありがたいです」と話していました。
自動車メーカー各社は安全機能を搭載した新車の開発を進めるとともに、販売済みの車にあとから取り付けて踏み間違いによる急発進を防ぐ安全装置の開発・販売などにも力を入れています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012026491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0)

»神奈川県警・海老名署で警察官体験「子ども刑事」開催(7日)TBS

 警察官を目指す小学生を対象にしたインターンシップ、「子ども刑事」が神奈川県警・海老名警察署で行われました。
 海老名警察署で行われたインターンシップ、「子ども刑事」には、警察官を目指す小学生の男女20人が参加しました。インターンシップでは、指紋の採取などの鑑識業務を体験したり、警察官の装備品を身に着けたりしました。
 神奈川県警では、昨年度の受験者数はおよそ4200人だったということで、警察は「警察の仕事に対し、興味をもってもらいたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745733.html

| コメント (0)

»町田駅近くのコンビニで強盗未遂、男は何も奪わずに逃走(7日)TBS

7日未明、東京・町田市のコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り、現金を要求しましたが、何も奪わずに逃げました。男は黄色いポロシャツを着て、黄色いタオルで顔を隠していたということです。 警視庁によりますと、7日午前3時20分ごろ、小田急線・町田駅近くのコンビニエンスストアに男が押し入り、男性店長(58)に刃渡りおよそ20センチの包丁のようなものを突きつけて「強盗だ、金を出せ」と脅しました。
 男性店長が店の外に出て助けを求めたため、男は何も奪わずに逃走したということです。店に客はおらず、店長にけがはありませんでした。
 男は50歳から60歳くらい、身長は160センチほどで、黄色いポロシャツを着て、黄色いタオルを巻いて顔を隠していたということで、警視庁は強盗未遂事件として行方を追っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745730.html

| コメント (0)

»富士山で教諭が死亡、高校の登山イベント中に(7日)TBS

 6日午後4時半ごろ、富士山8合目付近の登山道で登山者の男性の意識がなくなったと、ツアーガイドから通報がありました。
 男性は愛知県の高校教諭・石川邦利さん(60)で、富士河口湖町内の病院に運ばれましたが、7日未明、死亡が確認されました。病死とみられています。
 警察によりますと、石川さんは勤務する愛知県内の高校の登山行事で、生徒らおよそ60人と6日の午前中から登山を始め、8合目付近の登山道脇で休憩していた時に、いきなり意識を失ったということです。
 先月1日の山開き以降、山梨県側の富士山で登山者が亡くなったのは、今回が初めてです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745892.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日 単位・レベル)
連休中の泥棒に注意を                                            
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20190807203901 F1014962  最大で9連休と言われている今年のお盆休み-家を空けることが多くなるが、その時期を稼ぎ時としているのが泥棒。泥棒と言っても侵入盗や自動車泥棒、自転車泥棒、自動販売機荒らしなどいっぱいある。これらの中で最も多いのが侵入盗。その中でも住宅対象の専門ドロもいる。その住宅対象泥棒が減少傾向にあるが、一部の地域で増加しているところもある。前回書いた侵入盗の認知件数は2万7857件で前年同期より3330件も減っていた。今回はその中の住宅対象の泥棒について…
 警察庁によると令和元年6月現在の住宅対象窃盗犯の認知件数は1万3864件で、侵入盗全体の約半数。前年同期より1492件も減少した。
 ランキングは東京の1111件、千葉の1082件、埼玉の1039件、愛知の976件、神奈川の946件と続く。
 全体的に減少しているのに群馬は370件と認知件数こそ少ないが148件の増加。これに栃木の81件と続く。
 特徴的なのは日本列島本州の最も西側で増加傾向にあることだ。鳥取と島根が各+16件、岡山が+19件、広島が+75件、山口が+17件となぜかこの地域に集中している。
 検挙率は56.8%で前年同期より1.2ポイントの減少。ランキングは和歌山の303.4%、鹿児島の108.5%、熊本の105.2%、鳥取の100%、北海道の99%など。低かったのは岐阜の19.1%、長野の22.7%、徳島の25%、栃木の26.1%、千葉の26.6%と続き、認知件数最多の東京は70.7%だった。
 それにしても住宅への侵入盗-平成15年には19万0473件もあった。ピッキング盗に加えて「サムターン回し」なる手口の泥棒が急増した時代である。それが年々減り続けて今では約6分の1までに減少した。防犯対策の強化に加えて居住者の意識の高さもある。
 その泥棒対策は
①何日か続けて家を空ける場合は、郵便受けや新聞配達へのお願いなど、明らかに無人と分かるようなサインは出さないこと。
②昼・夜に限らず、玄関や勝手口、窓の錠は忘れないこと。
③洗濯物は見えないように干すこと。
④合い鍵を郵便受けなどに隠さないこと。
⑤ネットなどで不在を告知しないこと
 ―こんな事に注意を払って下さい。楽しい連休を!
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_20190807204601

 

 

阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno

7pay詐欺疑いで逮捕 中国籍の男、岐阜県警 (8日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070008-n1.html

★息子装い現金200万円詐取、詐欺グループの「受け子」逮捕(2日)TBS
★特殊詐欺、76歳女の受け子を逮捕(2日)TBS
★アポ電、3カ月だ3万5千件 上半期の特殊詐欺被害146億円(1日)共同
★「特殊詐欺犯募集」に待った!(1日)西日本
★「ホームレス中学生」元俳優を再逮捕 窃盗詐欺疑い(31日)産経
★東大病院職員かたりギフト券を…(25日)TBS
★東大病院職員かたりギフト券を…(25日)TBS
★結婚詐欺容疑で自称映画プロデューサー再逮捕 愛知県警(25日)産経
★横手市の二重振り込み、1億8111万返金 残り169万円(24日)共同
★4億6000万円詐欺被害か 先物取引名目、5人逮捕(24日)産経
★1410万円詐取被害 水戸の60代女性、訴訟名(23日)産経
★84歳女性、7100万円詐取被害 福岡(22日)日経
★特殊詐欺グループ指示薬の暴力団組員ら逮捕(19日)TBS
★警官などを装う電話相次ぎ初警報(18日)NHK
★「原野商法」被害者狙った詐欺Gの主犯格逮捕 5億円詐取か(18日)TBS

| コメント (0)

拉致可能性の男性発見、宮崎県警(7日)西日本

宮崎県警は7日、北朝鮮による拉致の可能性が排除できないとしていた行方不明者882人に含まれる70代の男性1人が、国内で見つかったと発表した。県警はプライバシーの保護を理由に、詳細を公表していない。 県警によると、男性は1974年に失踪し、捜査していた。昨年11月に発見されたが、身元確認などに時間がかかったため、この時期の公表になった。
 男性の発見により、拉致の可能性を排除できない行方不明者は881人になったとしている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/533500/

| コメント (0)

千葉・いすみの民家火災、殺人未遂容疑に切り替え送検(7日)産経

50代の男が同居する母親を棒で殴り、傷害容疑で逮捕された事件で、千葉県警いすみ署は7日、容疑を殺人未遂に切り替え、同県いすみ市山田の自称無職、渡辺幸男容疑者(55)を千葉地検に送検したと発表した。調べに対し、殺意についても認めているという。 送検容疑は6日午前8時5分ごろ、自宅で同居する母親(80)の頭部を鉄製の棒で殴り、殺害しようとしたとしている。母親は頭部から出血する軽傷を負った。渡辺容疑者は調べに対し、「母親が朝食を準備してくれず、腹が立った」と話しているという。
 渡辺容疑者が「母親を殴った」と自ら通報した後に自宅が全焼。同署によると、渡辺容疑者は「自宅に火を付けた」と話しているといい、出火原因について慎重に調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070012-n1.html

| コメント (0)

ながらスマホ事故で実刑、新潟 運転中に漫画、女性死亡(7日)共同

新潟県南魚沼市の関越自動車道で昨年9月、スマートフォンで漫画を読みながらワゴン車を運転し、バイクの女性をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた下山公堂被告(51)に、新潟地裁長岡支部は7日、懲役3年(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。
 判決理由で岩田康平裁判官は「直前までバイクに気づかなかったのは、相当前からスマホを見ていたからだと考えられる」と指摘。単なる衝突事故とは一線を画して特に危険で悪質だと強調し、「漫画を読む行為を自ら選択したことは非難に値する」と述べた。
https://this.kiji.is/531727825469097057?c=39546741839462401

| コメント (0)

「がん細胞が自滅する」宣伝・販売か 健康食品販売 社長ら逮捕(7日)NHK

「がん細胞が自滅する」などと医薬品のような効能を宣伝し、大阪に住むがん患者などに健康食品を販売したとして、警察が販売会社の社長ら4人を逮捕したことがわかりました。警察は3年間で少なくとも28億円を売り上げていたとみて、詳しく調べています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012025671000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

逮捕されたのは東京 中央区に本社があり大阪に支社がある健康食品販売会社「シンゲンメディカル」の社長や専務など4人…

| コメント (0)

»交際相手の母を車から振り落とし(7日)TBS

 別れ話のもつれから交際していた女性の車に無理やり乗り込んで急発進させ、助けようとドアにしがみついた女性の母親を振り落としたとして、37歳の男が警視庁に逮捕されました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは元会社員の清野佳弘容疑者(37)で、先月16日、東京・足立区の路上で、交際していた女性(37)の母親(69)を車でおよそ13メートル引きずって振り落とし、殺害しようとした疑いが持たれています。母親は軽傷を負いました。
 警視庁によりますと、清野容疑者は別れ話のもつれから女性の車に無理やり乗り込んで急発進させ、助けようとドアにしがみついた母親を振り落としたということですが、取り調べに対し、「殺そうとしていません」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745579.html

| コメント (0)

ロッテがチョコ2種を自主回収 乳アレルギーの被害報告(7日)朝日

ロッテは7日、製造・販売しているチョコレート2種類を自主回収すると発表した。アレルギー物質の「乳成分」が自社基準を超えて検出されたため。2018年11月以降、「食べたら乳アレルギーの症状がでた」といった健康被害が計7件報告されていたという。
 回収対象は「ポリフェノールショコラ〈カカオ70%〉」と「乳酸菌ショコラ カカオ70」で、計約40万個にのぼる。広報担当者によると、今年4月の定期検査で乳成分が自社基準を超えていたことが判明した。その数カ月前から健康被害の報告が届いていたが、「社内の連絡に不備があって確認が遅れた」という。
 回収対象のチョコレートの原材料に乳成分は含まれないが、乳成分を含む商品と同じ製造ラインでつくっており、「洗浄が不十分だったため、乳成分の残留があった」という。問い合わせはロッテ商品回収係(0120・808・262)で、平日午前9時~午後5時に受け付ける。(土居新平)
https://www.asahi.com/articles/ASM873RW1M87ULFA004.html

| コメント (0)

児童館で体触られ女児転校、神戸(7日)西日本

神戸市兵庫区の児童館で5月、学童保育中に複数の小学生男児が同じ学校の小2女児(8)の体を触るいじめがあり、職員がすぐに把握したのに翌日まで保護者に報告しなかったことが7日、市への取材で分かった。市は対応が不適切だったとして児童館を指導。女児は転校した。 市によると5月22日、小1~3年の男児が児童館の廊下で女児を「殺すぞ」と脅して服を脱ぐよう強要。女児に服をめくらせ体を触った。直後に別の児童から伝えられた職員が男児を注意したが「遊びの一環だと思った」と判断して保護者には連絡しなかった。
 市こども青少年課は「連絡の遅れについて指導を徹底したい」としている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/533411/

| コメント (0)

7pay詐欺疑いで逮捕 中国籍の男、岐阜県警(7日)産経

スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正利用事件で、岐阜県警は7日までに、東京都中野区の店舗で電子たばこカートリッジをだまし取ったとして、詐欺の疑いで、中国籍の自称アルバイト、烏雲斯琴容疑者(25)=同区=を逮捕した。逮捕は6日。 逮捕容疑は7月3日午後3時20分ごろ、中野区のセブン-イレブンで、岐阜県中津川市に住む男性会社員(45)のIDとパスワードを使い、電子たばこカートリッジ10カートン(計5万円分)をセブンペイで電子決済し、だまし取った疑い。https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070008-n1.html

| コメント (0)

命綱着け忘れか 那須遊園地転落死事故 栃木県警、安全管理体制を捜査(7日)共同

那須町高久乙の遊園地「那須ハイランドパーク」で5日、男性が高さ約5メートルの遊具から転落して死亡した事故で、アルバイト従業員が「(男性に命綱を)着け忘れた」と県警に説明していることが6日、捜査関係者への取材で分かった。県警は施設側の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死の疑いも含め調べている。
 捜査関係者によると、事故当時は昼食の時間帯だったため、同遊具の担当者はアルバイト従業員1人だったという。
 那須塩原署などによると、事故があった遊具は高さ約5メートルの足場からサンドバッグに飛び付くアトラクションで、相模原市、自営業男性(51)が転落し死亡した。
 同園によると、同遊具を利用する際、従業員がヘルメットやハーネスと呼ばれる安全ベルトを客に装着させ、ワイヤを着けるという。転落時、男性のハーネスに命綱のワイヤは着いていなかったという。下野新聞社の取材に、同園側も「従業員による命綱の着け忘れが事故原因の可能性が高いと考えている」としている。
 事故を受け同園は6日、開園時間を1時間遅らせ、全従業員を対象に施設の運営マニュアルや緊急時の対応手順を確認した。
 同園側は「このような重大な事故を発生させたことに対し、深く反省し、二度とこのような事故が起こらないように事故原因の究明を行っていく」とコメントしている。https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/204599

| コメント (0)

幸手市長 広島で暴行容疑で逮捕(7日)NHK

埼玉県幸手市の市長が7日未明、広島市内で飲食店の女性従業員を殴ったとして、暴行の疑いで逮捕されました。
調べに対し「身に覚えがない」と供述し、容疑を否認しているということです。
市長は7日の広島原爆の日に行われた平和記念式典に参加するために、広島市を訪れていたということです。

逮捕されたのは埼玉県幸手市の市長、渡辺邦夫容疑者(62)です。
渡辺市長は7日午前2時半ごろ、広島市中区新天地の雑居ビルで20歳の女性従業員の顔を数回殴ったとして、暴行の疑いが持たれています。
警察によりますと、渡辺市長はビルの飲食店で酒を飲み、店を出たあとに廊下やエレベーターの中で女性を殴ったということです。
調べに対し、「まったく身に覚えがないことで、なぜこのようなことになったのか理解できません」と供述し、容疑を否認しているということです。
幸手市によりますと、渡辺市長は5日から2泊3日の予定で広島市を訪れ、6日の広島原爆の日に行われた平和記念式典に幸手市の派遣事業の団長として参加していたということです。

渡辺邦夫市長は62歳。
幸手市の市議会議員を経て平成23年の市長選挙で初当選し、現在、2期目です。
幸手市によりますと、渡辺市長は、市の事業の一環で平和記念式典に出席するため地元の中学生5人などとともに、今月5日から2泊3日の日程で広島市を訪れていました。https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20190807/1100006165.html

| コメント (0)

»東京23区 6日間で39人が熱中症で死亡(7日)TBS

厳しい暑さが続く中、東京23区では今月に入ってから6日間で39人が熱中症で死亡したことがわかりました。 東京都監察医務院によりますと、今月1日から6日までの6日間で熱中症で死亡した人は、40代から90代の男女あわせて39人にのぼりました。37人が屋内で死亡しましたが、そのうち35人のケースで、エアコンが部屋になかったか、エアコンがあったにもかかわらず、使用していなかったということです。
 警視庁によりますと、今月4日に82歳の男性が文京区の自宅で死亡したケースでもエアコンや扇風機が設置されておらず、台所の窓がわずかに開いていただけだったということです。
 「(エアコンが)ないんだっての。冷房なんて使わないだろうなって思う。昔の人だもん。つらくても何しても隣近所の人になんて言わない人」(近所に住む人)
 東京消防庁によりますと、都内では6日一日で212人が熱中症の疑いで搬送されましたが、7日もすでに16人が搬送されたということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745567.html

| コメント (0)

»各地で35度超える 猛暑日に、熱中症への警戒を(7日)TBS

日本列島は7日もほぼ全国的に厳しい暑さとなり、各地で気温が35度を超える猛暑日となる見込みです。引き続き、熱中症への警戒が必要です。 気象庁によりますと、7日も九州から北海道にかけての広い範囲で厳しい暑さが続く見込みです。各地の最高気温は埼玉県のさいたま市や熊谷市で37度、大阪市や京都市、福島市などで36度、東京都心や名古屋市などで35度と猛暑日となることが予想されています。
 気象庁は各地に高温注意情報を発表し、こまめな水分補給や冷房の適切な利用など、熱中症への警戒を呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745566.html

| コメント (0)

脅迫ファクスで被害届=「少女像」企画展中止-愛知県(7日)時事

名古屋市などで開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、従軍慰安婦を象徴する少女像を展示した企画展が中止となった問題で、愛知県は6日、何者かが送り付けた少女像の撤去を求めるファクスについて、威力業務妨害容疑で県警東署に被害届を出したと発表した。

【まとめ】慰安婦少女像の企画展中止

 県によると、開催2日目の2日午前9時すぎ、会場の県美術館に「少女像を大至急撤去しろや、さもなくばガソリン携行缶持って館にお邪魔するので」という内容のファクスが届いた。少女像を含む企画展「表現の不自由展・その後」は、3日を最後に中止された。 【社会記事一覧へ】 【時事ドットコムトップへ】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080601270&g=soc

| コメント (0)

記者の「捜査」結実 車上荒らし未遂容疑で逮捕(7日)産経

 北海道留萌(るもい)市で6日早朝、車上荒らしをしようとしたとして窃盗未遂の疑いで男が現行犯逮捕された。被害者の男性が以前、同様に車を荒らされたと感じていたことから、わざと無施錠にして付近で警戒。執念の“捜査”が逮捕につながった。
 北海道警留萌署によると、男は同市五十嵐町、警備員、石黒芳幸容疑者(66)。逮捕容疑は6日午前5時10分ごろ、近くの駐車場で北海道通信社記者の田尻靖一朗さん(31)の乗用車を物色したとしている。
 田尻さんは今年春ごろに車を物色された形跡があったことから、自宅近くの駐車場に止めた車のドアを施錠せずに警戒していた。自宅にいた6日、駐車場の玉砂利を踏む音がし、部屋から助手席を物色する男を確認。駆け付けて問い掛けると「金を盗もうとした」と認めたため取り押さえ、留萌署員に引き渡した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190806/afr1908060035-n1.html

| コメント (0)

【都民の警察官横顔(3)】地道さ積み重ね命守る 警視庁警護課 能登勉警部補(52)(7日)産経

15年ほど前、都内のホテルで開催されたある大臣のパーティー。セカンドバッグを手にした男が、熱弁を振るう大臣に向かっておもむろに歩み寄り始めた。 「近づいてくるぞっ」。無線で部下に指示を飛ばし、男の一挙手一投足に目を配る。男がバッグの中に手を入れた瞬間、体を密着させ、男の腕を押さえて静かに確保した。バッグから出てきたのは、大臣への激励文。胸をなで下ろした。
 首相や閣僚など、政府要人の警護経験は通算で10年以上。「幸いなことに、警護対象者の身に危害を加えられたことはありません」とほほえむ。
 数百人規模の会場から迅速に不審者を見つけ出すコツは、「全体を流して見ること」だ。人波に逆らって近づく人物や、談笑するふりをしながら要人に視線を送る人物は特に要警戒。長年の経験から、不審者特有の「空気の違い」を感じ取れるようになった。後輩たちには「一人一人をチェックしていては、いくら時間があっても足りない」と口を酸っぱくする。
 だが、百戦錬磨のセキュリティーポリス(SP)にも肝を冷やす場面はある。平成28年の防衛相の南スーダン視察では、現地の軍隊が大臣車両の前後を警護。警護車両のトラックの荷台には、小銃の引き金に指をかけた臨戦態勢の軍人たちがひしめいていた。悪路に揺られるうち、意図せず小銃の銃口が大臣車両の方に向くことが何度もあり、「もし発砲されてしまったら、と気が気ではなかった」と振り返る。
 警護の基本は事前に行き先の安全を確保しておく「先着警護」。不審物のチェックや脱出経路の確認に加え、近年ではSNS(会員制交流サイト)上の投稿チェックなども不可欠になった。「基本的なことを、基本通りにやるのがSP。華やかな部分もあるが、それを支えるのは地道さだ」。時代が変わっても、その姿勢に変わりはない。(村嶋和樹)
https://www.sankei.com/affairs/news/190807/afr1908070003-n1.html

| コメント (0)

【都民の警察官横顔(2)】更生信じ、真摯に向き合う 警視庁生活安全総務課 矢部晃警部補(56)(7日)産経

約10年前、日野署での勤務中、友人の付き添いで来署した女性に「覚えてますか」と声をかけられた。駆け出しの葛西署時代に傷害容疑で逮捕した元少女だった。近くで働いていると聞き、「立派に立ち直ってくれたんだな」と、うれしくなった。
 警察官人生のうち20年以上、少年や若者が起こした事件に関わるなかで、「更生のきっかけ」づくりが重要だと感じている。正直に罪を認め、反省ができればいい。だが、仲間をかばったり罪を軽くしようとしたりして、真実を隠そうとすることもある。
 少年事件課に在籍していた平成19年、振り込め詐欺グループの幹部だった20代の男の取り調べを担当した。
 「指示役とは面識がない」。男の説明が嘘なのは、関係者の証言や証拠から明らかだった。怒りよりも、どうしたら正直に話してくれるかを考え続けた。「取り調べはごまかせる」と思わせたままでは、また詐欺に手を出すかもしれない。
 事件に関係がなくても、男が話す内容には辛抱強く耳を傾けた。しかし、男が話をごまかすと「嘘はお前のためにもならない」と伝え、諭した。数日後、男は「ここまで話を聞いてくれたのは矢部さんだけだ。嘘をついて悪かった」とぽつりとこぼし、事件やグループの全容を話し始めた。
 取り調べ最終日、男から「なぜ(最終的に)自分が話したことを信じてくれたのか」と尋ねられた。「嘘はもうつかないと言ってくれたから、その後の言葉を信じた」。そう答えると男は涙を流した。「きっと犯罪から抜け出してくれる」と確信した。
 現在担当するDV・ストーカー対応部署でも、当時の経験が生きている。事件を起こした当事者自身に変わるきっかけを与える役目は同じだ。「殺人事件捜査のような花形ではないかもしれない。だが、人の生活に直結した事件や事案を扱う重要な仕事にやりがいを感じる」と胸を張る。(上田直輝、写真も)
https://www.sankei.com/affairs/news/190806/afr1908060026-n1.html

| コメント (0)

【都民の警察官横顔(1)】白バイ25年 磨いた技伝承 警視庁新宿署地域課 村上浩一警部補(50)(7日)産経

「興奮して舞い上がり、逃すまいと視野が狭くなる」。違反車両は時に逃走を図ろうとすることもある。白バイによる追跡は危険と隣り合わせだ。常に冷静さを心がけてきた。入庁から間もなく交通部門に配属され、白バイに25年以上またがり、若手職員に運転技術を伝承し続けた異色の経歴を持つ。
 交通執行課時代には、後輩たちの目標に、全国の精鋭警察官が運転技術を競い合う「全国白バイ安全運転競技大会」での優勝を掲げた。大会に向けて努力すれば精緻な操作能力の習得につながる。身に付けた能力や技術は現場でも通用するという理念があるからだ。
 競技大会では警視庁チームのコーチと監督を務め、団体優勝5回を達成。平成29年には白バイ訓練の同庁技能指導官に指定された。自身も競技大会での優勝経験を持つが、3年に第2方面交通機動隊で白バイ乗りとなった当初は、「同期と比べても下手で、飲み込みも遅かった」という。「上達までの特効薬はない」。自分自身にこう言い聞かせ、ひたすら練習を繰り返し、技を磨いた。
 若手時代にもがいた経験は、その後の指導者人生にも影響を与えた。若手の前で、ただ乗って見せるだけではない。うまく運転できない若手に対しては、その様子を録画し、どこに問題があるのかを丁寧に説明した。

 白球を追いかける野球少年だったが、肘を壊して入院した高校3年の夏、たまたま同じ病室にいた熊本県警の職員に、声をかけられた。「警察、いいぞ」。偶然の出会いに加え、大流行した映画「トップガン」に登場するバイクにほれ込み、自然と白バイにまたがる夢を抱いた。
 白バイを降りた現在は、日本最大の繁華街、歌舞伎町も管轄する新宿署の地域課で事件処理などを担当している。どんなに多忙でも家族を忘れることはない。「そろそろ、家族サービスにも精を出します」と、妻に伝えるつもりだ。(吉原実)
https://www.sankei.com/affairs/news/190804/afr1908040015-n1.html

| コメント (0)

ブロック塀、9千校が対策未完了 幼稚園や小中高の18%、文科省(7日)共同

文部科学省は7日付で、国公私立の幼稚園や小中高校などの敷地内にあるブロック塀の安全に関する調査結果を発表した。4月1日時点で点検や撤去・改修といった安全対策が終わっていないか、安全性が確認できない学校は全国5万1082校の18%に当たる9434校に上り、同省は早急な対応を求め通知する。残りの4万1648校は塀がないか撤去済みなどで、安全性に問題はないとしている。
 調査は、昨年6月の大阪府北部地震で小学校の塀が倒壊、女児が死亡した事故を受け、各校の対策状況を確認するのが目的。昨年の緊急点検時にブロック塀があった約2万校の現状を調べた。
https://this.kiji.is/531562741576893537?c=39546741839462401

| コメント (0)

北朝鮮 「6日 新型の戦術誘導ミサイルを発射」と発表(7日)NHK

北朝鮮は7日朝、国営メディアを通じてキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、6日に新型の戦術誘導ミサイルの発射を行ったと発表しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012025451000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

国営メディアは、2発のミサイルが目標の島に精密に着弾し、実戦で使用する能力に疑いがないことが検証されたと…

| コメント (0)

»総武本線電車とトラック衝突、過失往来危険の疑いで運転手逮捕(7日)TBS

千葉県山武市で、6日、JR総武本線の電車がトラックと衝突した事故で、警察は、トラックを運転していた男を過失往来危険の疑いで逮捕しました。 逮捕されたのは、千葉県市原市のトラック運転手、小林太輔容疑者(46)です。
 小林容疑者は、6日午前11時50分すぎ、大型自動車通行禁止の踏切に進入して身動きが取れなくなり、電車と衝突し運行を妨げた疑いが持たれています。
 小林容疑者は「道路が狭くて、曲がりきれなかった」などと供述し、容疑を認めているということです。
 この事故の影響で、JR総武本線は、およそ4時間にわたり、一部区間で上下線の運行を見合わせ、およそ4100人に影響が出ました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3744966.html

| コメント (0)

»自民・石崎徹議員、“暴行”で任意聴取(7日)TBS

 自民党の石崎徹衆議院議員が秘書に暴行したとされる問題について、警察が石崎議員を任意で事情聴取していたことが分かりました。
 石崎徹衆議院議員をめぐっては、30代の元秘書の男性に対し暴行を加えたとして、警察に被害届が出されていました。この問題について、警察が石崎議員を任意で事情聴取していたことが、捜査関係者への取材で分かりました。
 石崎議員は、今月1日に召集された臨時国会にも姿を見せませんでしたが、これまで報じられた一部の暴行について文書でコメントし、「当然のことながら運転に支障がでるような暴行を働くはずがありません」と否定しています。警察は、石崎議員の関係者にも事情を聴くなど調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745280.html

| コメント (0)

»入国審査中に逃走したベトナム人女、出頭し逮捕(7日)TBS

 今年2月、成田空港で入国審査中に逃走し、日本に不法入国、滞在していたとしてベトナム人の女が逮捕されました。
 入管法違反の疑いで逮捕されたのは、ベトナム国籍で住所・職業ともに不詳のグエン・ティ・ガー容疑者(22)です。ガー容疑者は今年2月、成田空港での入国審査を終えずに日本に入国したまま、先月末まで不法に滞在した疑いが持たれています。
 入国管理局によりますと、ガー容疑者は入国審査中の職員がドアの暗証番号を入力している隙に逃走し、そのまま行方が分からなくなっていましたが、先月31日、都内の入国管理局に出頭してきたということです。ガー容疑者は容疑を認めたうえで「ベトナムに帰りたくなったので出頭した」と供述しているということです。
 警察は逃走した理由や国内での詳しい足取りなど、ガー容疑者を追及する方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3745288.html

| コメント (0)

« 2019年8月 6日 (火) | トップページ | 2019年8月 8日 (木) »