カテゴリー

« 吉本「死亡しても一切責任負いません」 研修生に誓約書(31日)朝日 | トップページ | 尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻入れ代わる(31日)NHK »

2019年7月31日 (水)

»韓国軍、“飛翔体”は「短距離弾道ミサイル2発」と発表(31日)TBS

北朝鮮が31日明け方に発射した飛翔体について、韓国軍は2発の短距離弾道ミサイルだったと発表しました。 韓国軍の合同参謀本部によりますと、北朝鮮は31日午前5時6分ごろと27分ごろ、東部の元山(ウォンサン)一帯から北東に向けて、あわせて2発の短距離弾道ミサイルを発射しました。北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射は今月25日以来、6日ぶりです。合同参謀本部は、短距離弾道ミサイルの高度はおよそ30キロ、飛行距離はおよそ250キロとの見方を示していて、「ミサイル発射は朝鮮半島の緊張緩和に役立たない」としています。
 韓国軍の関係者は、北朝鮮がARF(ASEAN地域フォーラム)に李容浩(リ・ヨンホ)外相を派遣しない意向を示している中で、ミサイルの発射でアメリカに強い姿勢を見せる狙いがあるとみています。
 一方、アメリカのホワイトハウスはJNNの取材に対し、「北朝鮮からミサイルが発射されたという報道は承知しており、我々は状況の監視を続ける」とコメントしています。
 「現在のところ、我が国の領海および排他的経済水域に飛来をしたということは確認をされておりません」(岩屋毅防衛相)
 一方、岩屋防衛大臣は31日朝、こう述べたうえで、情報収集や警戒監視に万全を期す考えを示しました。また、北朝鮮が6日前にも国連安保理決議に違反する短距離弾道ミサイルを発射していることにも触れ、「大変遺憾だ。意図を分析したい」としています。
 政府は今回の発射を受け、「我が国の安全保障に、ただちに影響を与えるような事態は確認されていない」と説明しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3739190.html

« 吉本「死亡しても一切責任負いません」 研修生に誓約書(31日)朝日 | トップページ | 尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻入れ代わる(31日)NHK »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉本「死亡しても一切責任負いません」 研修生に誓約書(31日)朝日 | トップページ | 尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻入れ代わる(31日)NHK »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ