« 京アニ火災 制作現場で何が 「まるで火の海」響く悲鳴、懸命の救助(18日)産経 | トップページ | 捜査資料を廃棄疑いで書類送検(18日)西日本 »

2019年7月18日 (木)

京アニ火災 「数年前から『死ね』などのメール」京アニ・八田英明社長が明かす(18日)産経

京都市伏見区桃山町因幡の「京都アニメーション」で18日に起きた火事で、同社の八田(はった)英明社長が、京都府宇治市の同社本社前で取材に応じ、数年前から「死ね」と記されたメールなど苦情や脅迫が会社宛てに複数届いていたことを明らかにした。いずれも弁護士に相談するなど対応してきたという。
 八田社長は「今回の事件につながるようなことはないと思うが、常に苦情や文句は来るから、対応はしてきた」と話した。
 また、「こういうことになってしまうかも、という危惧はあったが、これだけのことをするとは思っていなかった」とした上で、「暴力に訴えるなんてとんでもない。怒りしかない。日本のアニメーションを背負っていく人たちが傷つき命を落とすなんてたまったもんじゃない」と怒りをあらわにした。
https://www.sankei.com/affairs/news/190718/afr1907180048-n1.html

« 京アニ火災 制作現場で何が 「まるで火の海」響く悲鳴、懸命の救助(18日)産経 | トップページ | 捜査資料を廃棄疑いで書類送検(18日)西日本 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京アニ火災 制作現場で何が 「まるで火の海」響く悲鳴、懸命の救助(18日)産経 | トップページ | 捜査資料を廃棄疑いで書類送検(18日)西日本 »