« シャツ万引疑いで教諭逮捕 沖縄県警(19日)産経 | トップページ | 校内売店で偽札使った疑い、福岡 男子中学生を書類送検(19日)共同 »

2019年7月19日 (金)

「小説盗んだから放火」=確保の男、入念に計画か-京アニ火災で現場検証・府警(19日)時事

京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで33人が死亡した火災で、現場で確保された男(41)が「小説を盗んだから放火した」という趣旨の話をしていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。作品盗用を思い込み、入念に計画した上で襲撃した疑いがあり、京都府警捜査1課は殺人と現住建造物等放火などの疑いで現場検証。遺体の身元確認を急ぐとともに、やけどで搬送された男の回復を待って事情を聴き、全容解明を進める。

<関連ニュース>京都のアニメスタジオ爆発

 火災は18日午前10時半ごろ発生。男が「死ね」と叫んだ直後に爆発が起こり、鉄骨コンクリート3階建ての延べ約690平方メートルが全焼した。33人が死亡し、負傷した35人が病院に搬送された。
総務省消防庁によると、スタジオには消火器と非常警報設備があり、2018年10月の立ち入り検査で法令上の不備はなかった。同年11月には消火や避難訓練をしていたという。
 捜査関係者によると、男は1階出入り口付近でガソリンをまいたとみられ、現場からバケツのようなものや携行缶、台車が見つかった。スタジオ前の路上にはかばんが落ちており、複数の包丁が入っていた。
 現場から約100メートル離れた路上で確保された際、男は「小説を盗んだので、液体をまいて火を付けた」という趣旨の話をした。同社での勤務歴はなかったという。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071900172&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« シャツ万引疑いで教諭逮捕 沖縄県警(19日)産経 | トップページ | 校内売店で偽札使った疑い、福岡 男子中学生を書類送検(19日)共同 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャツ万引疑いで教諭逮捕 沖縄県警(19日)産経 | トップページ | 校内売店で偽札使った疑い、福岡 男子中学生を書類送検(19日)共同 »