« アニメ会社社長“断腸の思い”(18日)NHK | トップページ | 京アニ火災 「数年前から『死ね』などのメール」京アニ・八田英明社長が明かす(18日)産経 »

2019年7月18日 (木)

京アニ火災 制作現場で何が 「まるで火の海」響く悲鳴、懸命の救助(18日)産経

爆発音とともに、建物は一瞬にして炎に包まれた。18日午前、アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)の京都市伏見区のスタジオから出火し、50人以上が死傷した事件。京都府警に身柄を確保された男(41)は「ガソリンのような液体をまき、火を付けた」と話したという。スタジオは数時間にわたって燃え続け、現場には血まみれの従業員たちの悲鳴が響いた。子供だけでなく大人にも愛されるアニメの制作現場で何が起きたのか。
煙が倍以上に
 「接客中に『パーン』という何かが破裂するような音がして、外に出てみると京アニが火の海になっていた」。近くで美容院を営む男性(34)は戸惑った様子で話した。
 京都府警や京都市消防局によると、爆発があったのは午前10時半ごろ。男がスタジオに入り、ガソリンのような液体をまき火を付けたという。3階建てのスタジオは一瞬にして燃え上がり、近所の保育園の女性園長(53)は「爆発音が何度も聞こえ消火器を持っていったが、もう使える状況ではなかった。煙が建物の倍以上あがっていた」と明かす。近くの住宅展示場で仕事をしていた設計家の男性(39)も「爆発音が聞こえ、外を確認したら建物の1階、2階近くが燃えていた。火はあっという間に燃え広がり、悲鳴も上がっていた」と話した。
はしごをかけて救助
 建物内からはやけどで皮膚がめくれたり、血まみれで黒ずんだ顔をしたりした従業員が次々と逃げ出した。衣服に火が付いた状態で逃げ出し、近隣住民に消し止めてもらう人や、建物の外で横たわる人も。いずれも口数は少なく、ショックを受けた様子で救急車を待っていたという。近くの公園では、消防隊員が容体から搬送の優先順位を判断するトリアージを行った。
続きを読む

https://www.sankei.com/west/news/190718/wst1907180045-n1.html

« アニメ会社社長“断腸の思い”(18日)NHK | トップページ | 京アニ火災 「数年前から『死ね』などのメール」京アニ・八田英明社長が明かす(18日)産経 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニメ会社社長“断腸の思い”(18日)NHK | トップページ | 京アニ火災 「数年前から『死ね』などのメール」京アニ・八田英明社長が明かす(18日)産経 »