« 笹塚アポ電強盗の情報提供者か(17日)NHK | トップページ | 母と姉を殺害、介護理由に減軽(17日)西日本 »

2019年7月17日 (水)

五反田地面師集団事件で初の判決(17日)NHK

都心の1等地の売買をめぐり、55億円をだまし取った罪などに問われている地面師グループのうち、地主になりすました被告など3人に対し、東京地方裁判所は懲役4年と4年6か月を言い渡しました。
この事件の判決は初めてです。

東京・品川区のJR五反田駅近くにある土地の売買をめぐっては、地面師グループのあわせて10人が積水ハウスからおよそ55億円の代金をだましとったとして、詐欺などの罪に問われています。
土地の所有者になりすました、生命保険会社の元営業職員羽毛田正美被告(64)、所有者の内縁の夫の役として交渉した常世田吉弘被告(68)、所有者役を勧誘した秋葉紘子被告(75)の3人は、いずれも起訴された内容を認めていました。
17日の判決で、東京地方裁判所の石田寿一裁判長は、「偽造旅券や公的証明書類を使うなど、犯行は極めて巧妙かつ計画的で非常に悪質だ。55億円あまりの甚大な被害は弁償されず、今後の被害回復も期待できない」と指摘して、常世田被告に懲役4年6か月、羽毛田被告と秋葉被告に懲役4年を言い渡しました。
この事件の判決は初めてです。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190717/1000032783.html

« 笹塚アポ電強盗の情報提供者か(17日)NHK | トップページ | 母と姉を殺害、介護理由に減軽(17日)西日本 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹塚アポ電強盗の情報提供者か(17日)NHK | トップページ | 母と姉を殺害、介護理由に減軽(17日)西日本 »