« »トラックにはねられ女性死亡、運転手「自宅でビール飲んだ」(26日)TBS | トップページ | 巡査167キロ運転か 書類送検(26日)NHK »

2019年6月26日 (水)

女児虐待 母親猶予付き有罪判決(26日)NHK

千葉県野田市で小学4年生の女の子が虐待を受けた末に死亡し、両親が起訴された事件で、このうち虐待を止めなかったなどとして傷害ほう助の罪に問われた母親に対し、千葉地方裁判所は懲役2年6か月、保護観察の付いた執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

ことし1月、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の勇一郎被告(41)が冷水のシャワーを顔に浴びせ続けるなどの暴行を加えて死亡させたなどとして傷害致死などの罪で起訴されたほか、母親のなぎさ被告(32)も暴行を止めなかったなどとして傷害ほう助の罪で起訴されました。
このうち、なぎさ被告の裁判が先月開かれ、検察が懲役2年を求刑したのに対し、弁護側は「DVを受けていたので、夫に逆らって行動することが極めて困難だった」などとして、執行猶予の付いた判決を求めていました。
26日の判決で千葉地方裁判所の小池健治裁判長は、懲役2年6か月、保護観察の付いた執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。
一方、傷害致死などの罪で起訴されている父親の勇一郎被告の裁判の日程はまだ決まっていませんが、裁判を前に争点を整理する手続きが今月から始まっています。https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190626/1080006251.html

« »トラックにはねられ女性死亡、運転手「自宅でビール飲んだ」(26日)TBS | トップページ | 巡査167キロ運転か 書類送検(26日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« »トラックにはねられ女性死亡、運転手「自宅でビール飲んだ」(26日)TBS | トップページ | 巡査167キロ運転か 書類送検(26日)NHK »