« 非常口灯壊す動画、少年4人聴取 蹴ったボールで、兵庫県警(26日)共同 | トップページ | 明石の漁港で5万円のヒラメ盗み食べる 容疑で親子逮捕(26日)産経 »

2019年6月26日 (水)

40年前の殺人、再審認めず 大崎事件で最高裁決定 (26日)日経

鹿児島県大崎町で1979年に男性の遺体が見つかった「大崎事件」の第3次再審請求の特別抗告審で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は26日までに、殺人などの罪で懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(92)の請求を棄却する決定をした。再審開始を認めた鹿児島地裁と福岡高裁宮崎支部の決定を取り消した。25日付。
原口さんと同様に再審請求を申し立てていた元夫(故人)についても再審開始決定を取り消し、請求を棄却した。地裁と高裁が再審開始を認めたのに、最高裁が取り消すのは初とみられる。
事件は79年10月、農業の男性(当時42)が自宅横の牛小屋から遺体で見つかり、義姉の原口さんと親族3人が殺人や死体遺棄の罪に問われた。原口さんは一貫して無実を主張。鹿児島地裁は80年に懲役10年を言い渡し、81年に確定、服役した。
確定判決は男性の生活態度を快く思っていなかった原口さんが元夫らと共謀し、タオルで首を絞めて殺害したとした。
再審請求での争点は「転落事故などによる出血性ショック死の可能性がある」とする新たな法医学鑑定や、原口さんの関与を認めた親族の供述の信用性を否定する心理鑑定の評価だった。

続く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46600550W9A620C1AC8000/

« 非常口灯壊す動画、少年4人聴取 蹴ったボールで、兵庫県警(26日)共同 | トップページ | 明石の漁港で5万円のヒラメ盗み食べる 容疑で親子逮捕(26日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非常口灯壊す動画、少年4人聴取 蹴ったボールで、兵庫県警(26日)共同 | トップページ | 明石の漁港で5万円のヒラメ盗み食べる 容疑で親子逮捕(26日)産経 »