« 2019年6月22日 (土) | トップページ | 2019年6月24日 (月) »

2019年6月23日 (日)

2019年6月23日 (日)

用水路に身元不明遺体 茨城・筑西(23日)産経

 23日午前5時5分ごろ、茨城県筑西市小川の用水路に男性の遺体が浮いているのを近くの男性(69)が発見し、110番通報した。
 筑西署によると、男性は40~70代とみられ、身長約175センチで長袖のTシャツとトランクス姿だった。同署が身元などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190623/afr1906230029-n1.html

| コメント (0)

引きこもり悪質業者の実態把握へ 家族会、国に対応促す(23日)共同

KHJ全国ひきこもり家族会連合会(本部・東京)は23日、自立支援をうたって引きこもりの子どもを自宅から無理やり連れ出し、法外な料金を請求する悪質業者の実態把握に乗り出すことを決めた。こうした業者は「引き出し屋」と呼ばれ、各地で被害の訴えが相次いでいる。情報収集のためのプロジェクトチームを発足させ、当事者団体とも連携し、国に法規制を含めた対応を促す。
 川崎の児童ら殺傷事件、元農林水産事務次官が長男を刺殺したとされる事件が起きた後、同連合会には不安を抱えた親からさまざまな相談が寄せられている。https://this.kiji.is/515475864484938849?c=39546741839462401

| コメント (0)

公衆電話に指紋 潜伏先アパート突き止める 神奈川 逃走事件(23日)NHK

今月19日、神奈川県愛川町で実刑が確定し収容される際に逃走した男が、逃走から5日目となる23日朝、神奈川県横須賀市で公務執行妨害の疑いで逮捕されました。市内の公衆電話から男の指紋が検出され、近くの知り合いの家に潜伏していることを突きとめたということで、検察などは逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。
続きを読む

| コメント (0)

»逃走男を逮捕、横浜地検の対応に問題は?(23日)TBS

今回の事件では、横浜地検の発表が遅れるなど対応を問題視する声があがっていて、検事正が異例の謝罪会見を開きました。 「地域住民のみなさま、学校関係のみなさま、関係自治体のみなさまに多大な不安を与え、ご迷惑をおかけする次第となり、誠に申し訳ございませんでした」(横浜地検・中原亮一検事正)
 今回の事件を振り返ります。小林容疑者が逃走したのは、19日午後1時すぎでした。しかし、横浜地検がその事実を発表したのは午後4時半ごろ、さらに、警察が緊急配備を敷いたのは午後5時46分のことでした。
 さらに地検が小林容疑者の写真を公開したのは、逃走から6時間あまりがたった午後7時ごろ、その間にも小林容疑者はコンビニに立ち寄り、髪を切っていた可能性もあります。対応が後手にまわった感がぬぐえず、山下法務大臣も、逃走の事実公表が遅れたことについて「遅きに失したという批判は重く受け止めている」と謝罪しました。
 小林容疑者の保釈が認められた際に、横浜地検が決定を不服とする準抗告をしていなかったこともわかりました。収監のために自宅を訪れた際の態勢について不備を指摘する声もあがっていて、最高検は今回のケースを受けてチームを立ち上げ、検証していく方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3707493.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2


首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)
行方不明者が増えている
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20190623204001 F1014798  神奈川県愛川町で実刑が確定し収容される際に逃走していた43歳の男が、逃走4日目の23日朝、同県横須賀市内で逮捕された。警察庁が発表した平成30年の行方不明者の数字をみると、このように犯罪関係者が行方不明になる数は結構多い。
 30年における行方不明者総数は8万7962人で前年より3112人の増加。しかも過去10年間で最悪の数字だった。
 男の5万6379人に対して女は3万1583人。年齢層で見ると最も多いのは20歳代で1万8518人。これに10歳代の1万6418人と続くが、80歳代がなんと1万1326人もいた。平成26年には7126人だったが、その後、年々増加している。
 行方不明者のうち所在が確認されたのは8万4753人。確認までの所要時間で最も多いのは受理当日で3万4303人。1カ月から3カ月が2797人と続くが、2年以上も見つからなかった人も2170人あった。
 不明になる原因をみると最多は疾病関係で2万3347人で全体の26.5%にあたる。このうち認知症がなんと1万6927人もいて年々増加している。また家庭関係は1万4866人で16.9%だった。
 問題は犯罪関係の行方不明者数。数字的には少ないが548人もいた。但し産経新聞によると今回のように実刑判決後の収容前に行方不明になったのは26人だったという。
 いずれにせよ毎日、日本の何処かで犯罪者が不明になっている。病気や家庭関係の悩みなどから行方不明になるのとは違ってあくまでも犯罪者であり、しかも再犯率の高い犯罪者なら危険極まりない。
 今回の逃走事件でも犯人は覚醒剤使用者で、さらに包丁を持って逃げており、単なる行方不明者とは大違い。無事、確保できたからよいが身柄確保の際に逃げられるなんて、余りにも素人すぎる。
 それにしても、逃げられるだけでなく、不起訴が多いは、裁判での無罪は多いでは、いったいどうなっているのだ日本は
 首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_20190623204901

 

 

 

阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

通話し歩き回る20歳男、詐欺容疑で逮捕 コインロッカーから封筒出す……不審、警察官が職務質問/熊谷署 (23日)共同
https://this.kiji.is/515268509089956961?c=39546741839462401

★幅広い世代に詐欺防止訴え 杉良太郎さんら 警視庁★配達の米袋で詐欺注意呼びかけ(20日)NHK
★婚活アプリで500万円詐欺容疑 自称映画プロデューサーの男逮捕(20日)産経 
★交通事故偽装し5200万円詐取 犯行裏付け捜査終結 奈良県警(18日)産経
★鮭輸入ビジネス投資話で5000万円詐欺の疑い、男逮捕(16日)TBS
★架空請求で2450万円被害 静岡・伊東の84歳男性(17日)産経
★架空の投資話で5000万円詐取 容疑の男を逮捕(16日)産経
★宅配業者装うSMSに注意 スマホ乗っ取られ詐欺に悪用(15日)朝日
★立川駅前で特殊詐欺の被害防止イベント、対策グッツ配布(15日)TBS

キャンピングカーで移動し詐欺か(14日)NHK

★厚労省職員かたり結婚詐欺 派遣社員の男を逮捕 埼玉(12日)産経
★偽メールで個人情報取得=「ペイペイ」詐欺容疑で男再逮捕ー愛知県警(12日)時事
★「お金貸します」SNSにワナ 個人装い違法金利を要求(10日)日経
★特殊詐欺の新たな手口による被害、白い粉末送りつけ(8日)TBS
★とられたお金はほぼ全財産 家に来た「ちゃんとした人」(7日)朝日

| コメント (0)

保釈倍増で逃走リスク 収容前の不明は全国で26人(23日)産経

小林誠容疑者のように実刑確定後、収容前に行方不明になる者は「遁刑(とんけい)者」と呼ばれる。裁判所が保釈を広く認める傾向を強め、これまで許可してこなかった暴力団関係者や薬物常習者なども保釈するようになったため、出頭に応じなかったり、逃走したりするケースが増えている。収容現場の負担は増す一方、担当する検察事務官らの人手不足は深刻で、対応に苦慮しているのが現状だという。 検察関係者によると、近年、1審判決前に保釈された被告は、実刑判決を受けても控訴すれば2審で再び保釈が認められるケースが大半だという。
 2審で保釈された場合、判決時に出廷する必要はないため、実刑が確定し、出頭要請に応じないケースは自宅などに収容に出向く必要があり、「粗暴犯や薬物常習者などが対象の場合、抵抗されたり、逃走されたりするリスクが以前より高くなっている」という。
 小林容疑者は、1審段階で保釈され、実刑判決後に保釈が取り消されたものの、控訴した後に再保釈が認められており、まさにこのケースに当たる。
 全国の地裁、簡裁が保釈を許可する割合は平成20年の14・4%から29年には31・3%と10年間で倍増している。保釈後、実刑が確定した者の大半は服役するが、法務省によると、逃走するなどして収容されていない遁刑者は30年末で全国に26人いる。
 裁判所が、保釈を広く認める背景にあるのが、容疑者や被告が否認すると勾留が長期化する日本の刑事司法制度を揶揄(やゆ)した「人質司法」からの脱却だ。日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の事件でも海外から批判され、従来の基準を覆してまでも保釈を許可したことで、裁判所のスタンスが鮮明になった。
続く

https://www.sankei.com/affairs/news/190623/afr1906230021-n1.html

| コメント (0)

堺・美原区で「金を出せ」 バイクの高校生殴られる(23日)産経

23日午前2時40分ごろ、堺市美原区丹上(たんじょう)の大阪府道で、ミニバイクに乗った高校1年の男子生徒(16)が、2人乗りで近づいてきたミニバイクの男らに「金を出せ」と脅され、カバンを奪われそうになった。停車後に男に顔を殴られ引き倒されたが、男らは何も取らずに逃走した。 大阪府警黒山署が強盗致傷容疑で捜査。同署によると、男子生徒は腰などに軽いけが。男子生徒を殴った男は金髪で20歳くらいだったといい、同署が男らの行方を追っている。男子生徒は友人と帰宅途中だった。
https://www.sankei.com/affairs/news/190623/afr1906230022-n1.html

| コメント (0)

交番に6000羽の千羽鶴 巡査の回復願う 大阪 拳銃強奪事件(23日)NHK

大阪吹田市で交番の巡査が男に刺されて拳銃が奪われた事件から1週間となる23日、地域の人たちが巡査の回復を願って作った6000羽の千羽鶴を交番に届けました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190623/k10011965591000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

今月16日の早朝に吹田市の交番前で古瀬鈴之佑巡査(26)が男に包丁で胸などを刺されてから23日で1週間になります。警察によりますと、古瀬巡査は一時、…

| コメント (0)

逃走男を自宅アパートでかくまった疑い 知人男も逮捕 現場には女性数人も(23日)産経

窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした男が神奈川県愛川町の自宅から車で逃走した事件で、神奈川県警は23日、小林誠容疑者(43)=公務執行妨害容疑で逮捕=を同県横須賀市の自宅アパートにかくまったとして、犯人蔵匿容疑で、小林容疑者の知人で自称建築業、幸地(こうち)大輔容疑者(38)を逮捕した。 県警によると、アパート内には幸地容疑者のほか、女性が数人いたという。詳しい経緯を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190623/afr1906230014-n1.html

| コメント (0)

小林容疑者、大胆行動が「裏目」 目撃相次ぎ突き止められる(23日)産経

出頭に応じず、収容時に逃げた小林誠容疑者(43)は、約4日間に及ぶ逃走劇の末、身柄を確保された。髪形や服装を変えて知人宅を転々とし、「出頭する」と偽りの電話を県警にかけて捜査を攪乱(かくらん)した。だが、最後は大胆に公衆電話をかけていた目撃情報から足が付いた。 まだ日が昇りきらない23日早朝。神奈川県横須賀市森崎のアパートを数十人もの捜査員が取り囲んだ。1人の容疑者には、異例ともいえる厳戒態勢が敷かれたが、逃走に逃走を重ね住民を恐怖に陥れた容疑者の確保には慎重が期された。
 捜査員らは、アパート一室に姿を確認。「小林、出てこい」「もう逃げられないぞ」。捜査員が外に出てくるように促すと、小林容疑者は素直に応じた。午前6時38分、公務執行妨害容疑で逮捕。逃走から約4日が経過していた。
 小林容疑者に力はなく横浜市内の地検にワンボックス車移された際は、天を仰ぎ、目を閉じていた。「何をしていたのか」。車を囲んだ報道陣らの問いかけにも、一切反応を示すことはなかった。
 発端は19日午後1時すぎのことだった。実刑確定から約4カ月にわたり出頭に応じなかった小林容疑者を地検事務官ら7人が収容に訪問。その際、小林容疑者は不快感を示した。「おまえらだましたな」。自室に引き返して包丁を握りしめると、7人の前で振り回して威嚇しながら駐車場に止めてあった車で逃走した。
 その後、小林容疑者は転々とした。当初は東名高速道路に入り、名古屋方面の遠方に逃走を図るとみられた。だが、地の利のある自宅周辺へと舞い戻り、その様子は、コンビニエンスストア2店の防犯カメラに捉えられていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190623/afr1906230019-n1.html

| コメント (0)

密輸グループ追跡1年半 小型船から覚醒剤1トン押収 (23日)日経

静岡県南伊豆町で小型船から過去最大の押収量となる覚醒剤約1トン(末端価格約600億円)が見つかった。警察などが1年半にわたり密輸グループの動きを調べ、海上で薬物を受け渡す「瀬取り」を摘発した。全地球測位システム(GPS)の発達で船の航行が容易となり、航空便などより大量に密輸できるルートとして海上が使われている恐れがある。
「不審な船が出入りしている」。捜査のきっかけは2017年11月、静岡県南伊…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46389130R20C19A6CC0000/

| コメント (0)

実刑確定で逃走の男 横須賀市で逮捕 かくまった疑いで別の男も(23日)NHK

今月19日、神奈川県愛川町で実刑が確定し収容される際に逃走した男が、23日朝、神奈川県横須賀市で公務執行妨害の疑いで逮捕されました。また、一緒にいた別の男も犯人をかくまった疑いで逮捕されました。逃走から5日目で、検察などは逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190623/k10011965391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_001

逮捕されたのは傷害などの罪で実刑判決が確定し逃走していた…

| コメント (0)

通話し歩き回る20歳男、詐欺容疑で逮捕 コインロッカーから封筒出す……不審、警察官が職務質問/熊谷署(23日)共同

埼玉県の熊谷署は22日までに、詐欺の疑いで、茨城県常総市蔵持、職業不詳の男(20)を逮捕、送検した。
 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して18日午後6時ごろから数回、加須市の無職男性(79)方に、孫を名乗り「会社の金で株に投資して失敗した。会計監査があるので100万円必要だ。立て替えてくれないか」などと電話をかけ、19日午後1時55分ごろ、男性宅で現金100万円をだまし取った疑い。
 同署によると、熊谷駅コンコースで特殊詐欺事件を警戒していた警察官が、携帯電話で通話しながら歩き回る男を発見。コインロッカーから封筒を取り出す様子を不審に思って職務質問して逮捕した。
https://this.kiji.is/515268509089956961?c=39546741839462401

| コメント (0)

巡査の回復願って地域で千羽鶴(23日)NHK

大阪・吹田市で交番の巡査が男に刺されて拳銃が奪われた事件から23日で1週間になります。
地域の人たちの間では巡査の回復を願って千羽鶴をつくる動きが広がっています。

吹田市の千里山交番の古瀬鈴之佑巡査(26)は、今月16日の早朝、男に胸などを包丁で刺され、意識不明の重体となっていましたが、その後、意識が戻り、医師の呼びかけに反応できるようになっているということです。
こうした中、交番のある千二地区では、有志の呼びかけで、古瀬巡査の回復を願って千羽鶴をつくっています。
22日は、地域の交流施設に地域の人たちが折ったさまざまな色の鶴が集められ、自治会の役員たちがひとつひとつ糸を通して千羽鶴に仕上げていきました。
古瀬巡査は事件前日の夜も地域の小学校で行われたキャンプで子どもたちが安全に過ごせるようパトロールをして見守ってくれていたということです。
呼びかけた有志のひとりの64歳の女性は、「この地域から育った子どもが事件を起こしたと知ってみんなとてもつらく複雑な気持ちでいます。地域を見守っていてくれた古瀬巡査にはなんとしても回復してもらいまた元気な姿を見せてほしい」と話していました。
千羽鶴は事件から1週間となる23日、交番に届けられます。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190622/2000016878.html

| コメント (0)

逃走中に履歴書購入=動機解明、長期化も-交番襲撃1週間・大阪府警(23日)時事

 大阪府吹田市の交番を襲撃し、強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)=東京都品川区=が、逃走中に履歴書を購入していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。事件は23日で発生から1週間を迎えるが、飯森容疑者は取り調べに黙秘を続けている。履歴書購入の目的は分からず、事件の動機解明は長期化する可能性がある。
 府警吹田署捜査本部によると、飯森容疑者は16日朝、同市の千里山交番で古瀬鈴之佑巡査(26)を包丁で刺し、実弾入りの拳銃を強奪。約25時間後に交番から約8キロ離れた箕面市の山中で確保された。
 捜査関係者によると、飯森容疑者は逃走中、量販店で着替えを調達したほか、履いていた靴を捨てるなど証拠隠滅を図った疑いがある。一方で、16日午後8時ごろには住宅街のコンビニでカップラーメンを食べ、履歴書を購入して潜伏先の山中に向かうなど人目につく行動をしていたという。
 飯森容疑者は小学5年の時に川崎市から転校し、高校卒業まで現場付近で暮らしていた。小中学校は交番のすぐ近くで、量販店も高校のそばにあり、土地勘のある地域で逃走を続けていた。
 大学進学で上京し、卒業後は海上自衛隊や地方テレビ局など職を転々とした。5年前には警視庁品川署を訪れ、「昔住んでいた吹田市の先生や友達の声が心臓から聞こえる」と相談。事件の数日前には中学時代の野球部仲間らにSNSでメッセージを送り、「同窓会を開きたい」と同級生の住所などを求めた。
 事件直前には同級生の名で虚偽の110番をし、手薄になった交番を襲撃した。計画性がうかがわれる半面、不可解な行動も垣間見え、大阪地検は責任能力を調べるため鑑定留置を検討するとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062200350&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

千島列島で噴火 国際線がルート変更も(23日)産経

ロシア極東サハリン州からの報道によると、千島列島中部のライコケ島のライコケ山(標高551メートル)が、22日早朝に噴火した。火山灰は上空十数キロに達すると予測されている。 国土交通省によると、飛行中の旅客機が噴煙をエンジンに吸い込むと、最悪の場合にはエンジンが止まる危険がある。全日空や日航は、日本と北米を結ぶ路線で、噴煙を避けるルートに飛行計画を変更して対応している。大幅な遅れは生じていないという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190622/afr1906220018-n1.html

| コメント (0)

着替えに散髪、知人宅転々…地域不安に陥れた末の確保劇(23日)産経

実刑確定から約4カ月にわたり出頭に応じず、横浜地検の収容時に逃げた小林誠容疑者(43)=公務執行妨害容疑で指名手配=が22日、横須賀市内で身柄を確保された。髪形や服装を変え、刃物を持ったまま知人宅を転々としたとみられる小林容疑者。神奈川県警は逃走の全容解明も急いでいる。
 小林容疑者が逃走したのは19日午後1時すぎのことだった。「おまえらだましたな」。刑務所へ身柄を収容するため、神奈川県愛川町の自宅アパートに横浜地検事務官と県警厚木署員が7人が訪問した際、包丁を振り回して威嚇し、駐車場にあった乗用車で逃走した。地検は公務執行妨害容疑で逮捕状を取り、県警が全国に指名手配した。
 その後、相模原市の国道16号や東名高速道路などを走行し、厚木市内の2軒のコンビニに立ち寄ったことが確認された。同日午後11時半ごろには、自宅から約7キロ離れた同市内の知人女性が住むアパート敷地内で車が発見された。車内に刃物はなかった。
 小林容疑者はコンビニの公衆電話で通話する姿が目撃され、知人宅を転々としていたもようだ。別の知人女性は「20日早朝、厚木市内から大和市内まで車で送った」と証言。自宅を訪れたという大和市内の知人男性は「短時間いたが、すぐに立ち去った」と説明しているという。
 また、理髪店に立ち寄るなど追跡を逃れるために外見を変えていたとみられる。逃走開始から約7時間後にコンビニの防犯カメラに写った画像では髪を短く切り、黒の長袖に黄色のTシャツを重ね着した姿。当初は白のTシャツ姿で、別のコンビニでは黒っぽい上下だったため、少なくとも2度は着替えていた。
  21日には、小林容疑者は「明日の昼に出頭する」と県警に連絡していたが、実際には出頭しなかった。
 地検によると、小林容疑者は窃盗や傷害、覚せい剤取締法違反などの罪に問われ、昨年9月に横浜地裁小田原支部で懲役3年8月の実刑判決を受け、控訴。東京高裁は今年1月、控訴を棄却し、2月8日に判決が確定した。1審判決後に再保釈が認められていたため、検察側は書面で出頭を要請したが応じず、自宅を複数回訪れたものの接触できていなかった。
 関係者によると、この間、指定された制限住居に姿がなかったり、出頭する意思を示したりするなどしており、地検が事前通知なしで収容に踏み切るまでに約4カ月を要したという。
 逃走後、小林容疑者の自宅からは注射器が発見された。覚醒剤を使うために用いたとみられ、使用の発覚を免れるために逃亡を続けた可能性があった。地検と県警は逃走した動機や逃走中の経緯などを詳しく調べることにしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190623/afr1906230005-n1.html

| コメント (0)

拳銃強奪、見えぬ動機 計画的でも場当たり的行動 (23日)日経

大阪府吹田市の交番前で警察官が刺され拳銃が強奪された事件は23日で発生から1週間となる。強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)の足取りは明らかになってきたが、強い殺意や計画性をうかがわせる犯行態様と、事件後の人目に付く行動との乖離(かいり)は大きい。凶行へと駆り立てたのは何だったのか。黙秘を続ける中、今後の捜査は動機の解明が焦点となる。
府警は21日、飯森容疑者が事件直前まで住んで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46463480S9A620C1AC8000/

| コメント (0)

県警本部長宅、侵入者はタヌキ 佐賀市の公舎(23日)西日本

佐賀県警の三田豪士本部長(50)が暮らす佐賀市中心部の公舎にタヌキの親子がすみ着いた。県の治安を守る県警トップ宅に「不法侵入」したタヌキたちは植木鉢をひっくり返したり、サンダルを持ち去ったりとやんちゃ盛り。それでも器物損壊や窃盗罪に問われることもなく、本部長夫妻に温かく見守られている。 公舎の周囲は、県警本部や佐賀地裁など官庁や住宅が並ぶ一角で、森や林はない。すみ着いたタヌキの親子は夫婦と子ども6匹の計8匹。親は昨年6月ごろから庭に現れ、今年5月、子どもが生まれたのを妻が見つけた。敷地内の枯れ草の山を巣にしているようで、しばらくすると庭を走り回るようになったという。「『ここは安全だ』と分かるのか、だんだん大胆になった」と三田本部長は笑う。
 県生産者支援課には街中でのタヌキの目撃情報もしばしば寄せられており「山からやって来て市街地にすみ着いたタヌキが、移動しながら代々子育てをしているのでは」という。お乳を飲んだり、じゃれ合ったりする愛らしい姿に妻は「日々成長を見られてわが子のようにかわいい」。タヌキ親子も、最高の子育て環境にご満悦?
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/520701/

| コメント (0)

逃走男「出頭する」と県警に連絡 捜査かく乱で時間稼ぎか(23日)共同

窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした小林誠容疑者(43)が逃走した事件で、同容疑者が21日に「明日の昼に出頭する」と神奈川県警に連絡していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。実際は出頭せず、地検と県警は捜査の動きをかく乱させ、逃走の時間を稼ぐ狙いがあったとみている。
 捜査関係者によると、電話で連絡があり、声などから本人と判断した。面識のある暴力団関係者と接触しているとの情報もあり、交友関係を中心に捜査し、公務執行妨害容疑で行方を捜している。
 駅の防犯カメラに小林容疑者の姿が写っていないことも判明した。
https://this.kiji.is/515180672737264737?c=39546741839462401

| コメント (0)

沖縄戦74年「慰霊の日」平和への願い 戦争の記憶どう受け継ぐ(23日)NHK

20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から74年がたち、23日、沖縄は、令和になって初めての「慰霊の日」を迎えました。最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園には朝早くから遺族などが訪れ、戦没者を悼み、平和への祈りをささげています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190623/k10011965351000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

太平洋戦争末期、昭和20年の沖縄戦では、住民を巻き込んだ激しい地上戦で20万人を超える人が犠牲になり、沖縄県民の4人に1人が命を落とし…

| コメント (0)

収容時逃走の男を横須賀で逮捕(23日)NHK

今月19日、神奈川県愛川町で実刑が確定し収容される際に逃走した男が、23日朝、神奈川県横須賀市内で公務執行妨害の疑いで逮捕されたということです。
捜査関係者への取材で分かりました。
検察などは逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。

逮捕されたのは傷害などの罪で実刑判決が確定し逃走していた小林誠容疑者(43)です。
小林容疑者は今月19日の午後1時ごろ、身柄を収容するために神奈川県愛川町の自宅を訪れた検察庁の職員らに包丁を振り回して抵抗し、車で逃走しました。
車はおよそ7キロ離れた神奈川県厚木市内のアパートの敷地に乗り捨てられているのが見つかり、自宅からは覚醒剤を使用した痕跡のある注射器が押収されました。
警察は防犯カメラの映像などから理髪店で髪の毛を短く切ったり、服を何度も着替えたりして逃走を続けているとみて、公務執行妨害の疑いで全国に指名手配して行方を捜査してきました。
その結果、23日朝、捜査員が発見し小林容疑者は公務執行妨害の疑いで逮捕されたということです。
けが人はいないということです。
検察や警察は逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190623/1050006608.html

| コメント (0)

« 2019年6月22日 (土) | トップページ | 2019年6月24日 (月) »