« 2019年6月15日 (土) | トップページ | 2019年6月17日 (月) »

2019年6月16日 (日)

2019年6月16日 (日)

拳銃強奪、都内の30代男が事情知っている可能性(16日)朝日

 16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番前で、「警察官が血を流して倒れている」と近くの阪急千里線千里山駅の駅員から110番通報があった。同署地域課の古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(26)が胸など数カ所を刺され重傷を負い、実弾5発入りの拳銃が奪われた。府警は男が古瀬巡査を包丁で刺し、拳銃を奪ったとして、強盗殺人未遂事件として吹田署に捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、現場に土地勘のある都内在住の30代の男が何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を追っている。
 捜査本部によると、古瀬巡査は男性巡査部長(44)と男性巡査長(33)の上司2人の計3人で当直勤務中だった。16日午前5時半ごろ、交番から南に約800メートル離れた阪急千里線関大前駅の売店前にある公衆電話から、男の声で「家に帰ると、室内が荒らされていた」と空き巣の被害を申告する110番通報があり、上司2人がバイクで現場に急行。古瀬巡査が鑑識作業の準備をして、現場へ向かおうと交番を出たところで男に襲われたという。
 駅員からの通報が入り、上司2人が交番に引き返すと、左胸に包丁が刺さった状態で古瀬巡査が倒れていた。古瀬巡査は防護衣を身につけていたが、他にも複数の刺し傷があり、病院へ搬送される際には、上司に「男に刃物で刺され、拳銃を奪われた」と話したという。その後、意識レベルが低下し、緊急手術を受けたという。
 府警が空き巣被害の通報があった集合住宅の一室を調べたところ、被害はなかった。通報者の名乗った名字と住人の名字は一致しており、捜査本部は、男が別人の名前を名乗って虚偽の通報をした後、手薄になった交番を襲撃した可能性があるとみている。
 捜査本部は、千里山交番に設置された防犯カメラに映っていた男の画像を公開。男は午前4時13分から同5時1分の間に計8回、カメラに映り込み、交番の前を行ったり来たりする姿が確認された。男は30代ぐらいで、身長170~180センチ。黒っぽい上着とズボン、白いTシャツ、白っぽいキャップ帽、メガネを身につけていた。
 捜査関係者によると、この男の特徴とよく似た人物が14日から1泊2日の日程で、吹田市内のホテルに宿泊していた可能性があることが判明。ホテルは交番から北へ約2キロにあり、事件の2日前から周辺に滞在していた可能性もあるとみている。
 石田高久・府警本部長は16日午前、吹田署で報道陣の取材に「全力で捜査にあたり、犯人の早期確保に努めている。不審人物を見かけた際は通報をお願いする」と呼びかけた。情報提供は吹田署捜査本部(06・6385・1234)へ。

| コメント (0)

「交番のあり方議論する必要も」警察本部長経験者が指摘(16日)産経

大阪府吹田市で16日早朝、警察官が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた事件について、福岡、秋田両県警で本部長を務めた京都産業大の田村正博教授は「拳銃を奪われないような研究、対策をより一層進める必要はあるが、それにも限界がある」として指摘。 「110番通報があれば結果として虚偽であっても、交番から警察官が現場に行くことになり、交番で警察官が1人になるタイミングを狙った犯行を防ぐのは非常に難しいと感じる。こうした事件が多発するのであれば、交番のあり方についても議論していく必要が出てくるかもしれない」と述べた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190616/afr1906160033-n1.html

| コメント (0)

防犯カメラと酷似の30代男が現場近くのホテルに宿泊 東京在住か 警官襲撃(16日)産経

大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝、同署の古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査(26)が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた強盗殺人未遂容疑事件で、交番の防犯カメラに写っていた不審な男に酷似した男が、同市内のホテルに最近まで宿泊していたことが捜査関係者への取材で分かった。男は30代で東京在住といい、府警はこの男が事件に関与した疑いがあるとみて行方を捜している。 府警によると、事件は同日午前5時40分ごろに発生。交番前で古瀬巡査が男に包丁で刺され、実弾5発が入った拳銃が奪われた。
 交番の防犯カメラには、同4時13分から5時1分までの間に8回、付近をうろつく不審な男の姿が写っていた。黒っぽい上着にキャップ帽、メガネ姿で府警は画像を公開し、情報提供を呼びかけている。
 捜査関係者によると、同日午後、大阪府内の警察署に、「防犯カメラの男に家族が似ている」と届け出があった。届け出があった男は30代で現在は東京に住んでいるといい、15日ごろまで、現場の交番から約2キロ離れた同市内のホテルに宿泊していたとみられる。
 事件の約10分前には、同交番管内で窃盗事件が起きたとの110番通報があり、後に虚偽の内容と判明。古瀬巡査はこの通報を受けて出動する際に被害に遭っており、捜査本部が関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190616/afr1906160037-n1.html

| コメント (0)

G20目前、凶行再び 交番襲撃後絶たず (16日)日経

地域の安全を守るはずの交番で警察官が襲われる事件は近年、全国で後を絶たない。警察当局は交番の警備体制を強化したり、強奪されにくい拳銃入れを採用したりするなど対策を進めるが、28、29日に大阪市で開く20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を目前にして再び凶行は起きた。
2018年6月、富山市の交番で男が警察官を襲って拳銃を奪い、付近の小学校のそばで発砲する事件が発生。男は交番の裏口から侵入して持…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46169670W9A610C1AC8000/

| コメント (0)

»鮭輸入ビジネス投資話で5000万円詐取の疑い、男逮捕(16日)TBS

 「鮭の輸入ビジネスに投資すれば20%の配当金を支払う」などとうそをつき、50代の男性から5000万円をだまし取ったとして、職業不詳の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、千葉県佐倉市の職業不詳・酒井一樹容疑者(51)です。酒井容疑者は2015年12月から2016年1月頃にかけて、「カナダから鮭を輸入するビジネスに投資すれば20%の配当金を支払う」と架空の投資話をもちかけ、都内に住む50代男性から現金5000万円をだまし取った疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、酒井容疑者は当時、食品加工会社の役員を務めていて、実際に配当金を支払い、被害者を信用させる一方で、元金を返さなかったということです。
 取り調べに対し、酒井容疑者は「私はお金を借りただけです」と容疑を否認していますが、警視庁には同様の被害の相談が数件寄せられていて、余罪についても調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3701126.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル)
勧善懲悪しかない!
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_90 F1014879  本当に残念だ。と思うと同時に16日は心が痛んだ朝だった。
 警察官が高齢者現金詐取で逮捕(15日)NHK
  京都府警の巡査長(38)が、特殊詐欺の対策で知り合った70代の男性から1200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されたのだ。
 あの平成11年から12年にかけの警察バッシング。「訴えを聞いてくれない」「隠蔽体質」などが指摘され、日本の治安の根幹が揺らいだ時だ。しかし、その後は見事に立ち直り、警察史上最悪だった平成14年の刑法犯認知件数285万件を見事に抑止。同30年には、100万件を割って3分の1にまで押さえ込み、見事に立ち直ったではないか。
 16日の報道でもうひとつ。
警察官刺され重傷 拳銃奪われる 大阪 吹田(16日)NHK

大阪・吹田市の交番の敷地で警察官が何者かに刺されて拳銃を奪われる事件があったが、日夜、身命を賭して職務に全うする警察官もいることを忘れてはならない。
 そして、さすがは日本警察ー発生翌日の早朝、この犯人を逮捕したのだ。しかも、山中での逮捕というから見事な捜査力。力はあるのです。自信と誇りをもってやりましょう。

 さらに16日には、こんなニュースも報道された。
 元警察官が落語で詐欺防止(16日)NHK
 独演会を開き高齢者に詐欺被害の防止への理解を深めてもらったという。職を終えても警察官だったという職業意識を失わない。これが本来の姿だ。
 そこで一言。警察は、川路大警視の教えを忘れてはならない。警部補は巡査の生活状態から精神状態までを把握する。警部は警部補以下を把握し、警視は警部以下を掌握する。朝、部下の顔を見たり会話を交わすこと、あるいは日頃の行動から把握・掌握すること-それが幹部という責務であることを。
 平成31年度の監察実施では、拳銃奪取・警察官襲撃事案防止を掲げているようだが一言。警察官の射撃訓練で何十㍍も離れた的に如何に正確に当てるかではなく、犯人が警察官に10㍍まで接近した場合や5㍍まで近づいた場合、さらに数㍍まで迫り身の危険を感じた場合に、どう拳銃を使うかの訓練をすることだ。遠くを撃つのではなく、迫る危機にどう対処するかだ。映像を使って警視庁は既に実施しているが、1日も早く全国の警察での徹底を…
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 朝日のネットニュースによると、「拳銃を奪われない対策をしているが、すべての交番勤務員には行き渡っていなかった」という。
 第三者が抜き取りにくいホルスターを既に一部で配布しているというが、今回のような事件で果たして効果があるものだろうか…第一線の警察官からこんな話しを聞いた。「警察官しか知らないある仕組みだが、1秒を争う緊急事態に自身がスムーズに取り出せるかが難しい…。改良が必要では…」と。
 物を改良するのはいいが、その前にやることがある。今回の事件で警察官は3分間で7箇所も刺されている。その時間でなんで銃を使用しないかだ。もっと撃てるようにするのが先だ。

Image271_21

 

 

阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

【警視庁から】警視庁メールによると2020年東京オリンピックのチケット抽選結果メールで注意。
 抽選は6月20日だが、その前に「当選結果は以下のURLをクリック」の偽メールが流れており、警戒を呼びかけている。

★元警察官が落語で詐欺防止 (16日)NHK

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20190615/3030003144.html

架空の投資話で5000万円詐取 容疑の男を逮捕  (16日)産経
https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20190615/3030003144.html

★宅配業者装うSMSに注意 スマホ乗っ取られ詐欺に悪用(15日)朝日
★立川駅前で特殊詐欺の被害防止イベント、対策グッツ配布(15日)TBS

キャンピングカーで移動し詐欺か(14日)NHK

★厚労省職員かたり結婚詐欺 派遣社員の男を逮捕 埼玉(12日)産経
★偽メールで個人情報取得=「ペイペイ」詐欺容疑で男再逮捕ー愛知県警(12日)時事
★「お金貸します」SNSにワナ 個人装い違法金利を要求(10日)日経
★特殊詐欺の新たな手口による被害、白い粉末送りつけ(8日)TBS
★とられたお金はほぼ全財産 家に来た「ちゃんとした人」(7日)朝日
★特殊詐欺事件指示役か 愛知県警、男ら4人逮捕
★全職員に録音機設置呼びかけ=「かけ子」音声公開もー特殊詐欺対策で・大阪府警(4日)時事
★空き部屋あてに宅配便 配達員が伏せてだ特殊被害(2日)日経
★特殊詐欺2400万円被害 山形・酒田の男性(1日)産経
★元オリックス選手を逮捕 警官かたり詐欺など疑い(31日)共同
★「詐欺ではないか」特殊詐欺防いだコンビニ店長とお客さんに感謝状(29日)産経

| コメント (0)

横浜で路上強盗 72歳女性が全治約2週間のけが(16日)産経

15日午後10時35分ごろ、横浜市南区白妙町の路上で、近くに住むパートの女性(72)が男に襲われ、現金2千円などが入ったバッグを奪われた。女性は頭に全治約2週間のけが負い、神奈川県警南署は強盗致傷事件として捜査している。 同署によると、女性は出勤途中で、歩いていたところを後ろから頭を殴られ、バッグを奪われたという。 男は身長約170センチで中肉、黒色のパーカーを着用していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190616/afr1906160027-n1.html

| コメント (0)

架空の投資話で5000万円詐取  容疑の男を逮捕(16日)産経

架空の投資話を持ち掛けて5千万円をだまし取ったとして、警視庁四谷署は16日、詐欺の疑いで、千葉県佐倉市西ユーカリが丘の元食品輸入会社役員、酒井一樹容疑者(51)を逮捕した。調べに対し、容疑を否認しているという。 逮捕容疑は平成27年12月ごろ、知人を通じて知り合った東京都目黒区の50代の男性会社役員に「北米からサケを買い付けて売れば利益率が高い。元金は3カ月で全額返済するし、毎月20%の配当も支払う」などと架空の投資話を持ち掛け、28年1月下旬ごろまでに3回にわたり計5千万円を詐取したとしている。
 同署によると、酒井容疑者は同月下旬まで配当金として計1千万円を支払っていたが、その後に配当が滞ったため、男性が警視庁に相談したことで発覚。同様の手口でだまし取られたという複数の相談があり、同署が被害の全容を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190616/afr1906160029-n1.html

| コメント (0)

「不安与え申し訳ない 身の回りの警戒を」大阪府警本部長(16日)NHK

大阪 吹田市の交番前で26歳の男性巡査が男に包丁で胸を刺されて拳銃を奪われた事件で、大阪府警察本部の石田高久本部長は「現在、犯人の確保に向け、大阪府警の全力を挙げて捜査中です。近隣の皆様には不安を与え申し訳ありませんが、身の回りの警戒をお願いするとともに、不審者を発見された際には110番通報をお願いします」というコメントを出しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190616/k10011954421000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

「何としても犯人検挙」

また石田高久本部長は午前11時半すぎから吹田警察署の前で取材に応じ…

| コメント (0)

»逮捕の男、身柄確保時に刃物数本所持(16日)TBS

埼玉県東松山市のアパートで38歳の女性を刺して殺害したとして、元同僚の41歳の男が逮捕された事件で、男が確保された際、刃物数本を所持していたことが分かりました。 この事件は今月13日、埼玉県東松山市のアパートで、介護施設職員の渡辺真澄さん(38)が胸や腹を刺され死亡しているのが見つかり、元同僚で住所不定・無職の佐々木靖幸容疑者(41)が殺人の疑いで逮捕されたものです。取り調べに対して、「恨みがあった」と容疑を認めているということです。
 佐々木容疑者は15日午後、東京都板橋区の商業施設で警察に確保されましたが、持っていたバッグから刃物数本が見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は、犯行に使用した凶器の可能性もあるとみて調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3701115.html

| コメント (0)

交番襲撃事件 不審な男の画像公開(16日)NHK

交番襲撃事件 不審な男の画像公開

16日朝早く、大阪 吹田市の交番前で26歳の男性巡査が男に包丁で胸を刺されて意識不明の重体となっています。男は巡査の拳銃を奪って逃走していて、警察は交番の防犯カメラに記録された不審な男の画像を公開し、情報の提供を求めるとともに不要不急の外出を控えるよう付近の住民に呼びかけています。
 16日午前5時半ごろ、大阪 吹田市の千里山交番前の路上で、古瀬鈴之佑巡査(26)が左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのを、近くの駅の駅員が見つけました。
 古瀬巡査は刃物を使った切りつけなどに備えるための「防刃ベスト」を身につけていましたが、体を複数箇所刺されていて意識不明の重体だということです。
 警察によりますと、巡査が所持していた5発の弾が入った拳銃が、強奪防止用の金具のフックが外され奪われたということで、警察は強盗殺人未遂事件として逃走した男の行方を捜査しています。
 これまでの調べによりますと、当時、交番は3人の勤務態勢でしたが、事件の直前に現場から南に1キロほど離れた阪急千里線の関大前駅構内の公衆電話から「空き巣の被害があった」という通報が入ったため2人が現場に向かい、そのあと巡査が交番を出ようとしたところ刺された可能性があるということです。
続く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190616/k10011954391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001



| コメント (0)

»高齢者運転の車が衝突 3人死傷、群馬・伊勢崎(16日)TBS

群馬県伊勢崎市で乗用車同士が衝突し、81歳の男性と同乗していた76歳の妻が死亡しました。 15日午後3時半すぎ、伊勢崎市国定町の交差点で「車同士の交通事故が起きた」と乗用車を運転していた女性(63)から110番通報がありました。警察によりますと、女性の乗用車が交差点に入った際、左方向から直進してきた乗用車と出会い頭に衝突したということです。
 運転していた小林和一さん(81)と同乗していた妻の和子さん(76)が病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。通報した女性も胸の骨を折る重傷です。
 女性が直進した道路には一時停止の標識があったということで、警察が事故の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3700977.html

| コメント (0)

元警察官が落語で詐欺防止(16日)NHK

江戸時代の長屋を舞台にした独自の演目で、高齢者に詐欺被害の防止への理解を深めてもらおうという、元警察官による落語の独演会が開かれました。

これはあとを絶たない詐欺被害への対応のしかたを知ってもらおうと焼津市のNPO法人が開き、会場には高齢者を中心におよそ50人が集まりました。
詐欺の捜査などに携わってこの春退官した元警察官の渡邉晃人さんが高座に上がり、江戸時代の長屋を舞台にした独自の演目を披露しました。
落語は長屋の大家が、息子を名乗った男からの電話で10両をだましとられたと住民から相談される場面から始まります。
大家は「本人かどうか確認するべきだった」諭しましたが、その後、大家にも孫を名乗る男から電話があり、危うくだまされそうになる、というオチで締めくくられ、集まった人からは笑い声や拍手が起こっていました。
渡邉さんは、詐欺被害は誰でも遭う可能性があるとして、親心につけ込む電話の内容は詐欺と疑い、家族に確認することや普段から家族と連絡を取りあうよう訴えていました。
二代目捜査亭にか奴・三助こと渡邉さんは「現役のとき、詐欺被害をなぜ防げないのかと苦しい思いを抱えていました。落語を通した被害防止の呼びかけをこれからも続けていきます」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20190615/3030003144.html

| コメント (0)

千葉県の男性遭難か 警察が捜索(16日)NHK

14日栃木県と群馬県の県境の皇海山に千葉県から登山に訪れた59歳の男性が予定を過ぎても下山せず警察は家族からの通報を受けて捜索しています。

15日午前2時ごろ千葉県松戸市の59歳の医師の妻から「登山に出かけた夫と連絡が取れない」と警察に通報がありました。
警察によりますと、この医師は1人で14日午前6時ごろから栃木県と群馬県の県境にある皇海山、標高およそ2100メートルに登ると妻に伝えていましたが、予定の午後6時までに下山せず、連絡も取れなくなっているということです。
警察によりますと、14日の皇海山付近の天気は曇りで夕方からは雨も降り視界が悪くなっていたということです。
警察は遭難したおそれがあるとして捜索していますがこれまでのところ見つからず16日朝から再開することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190615/1080006130.html

| コメント (0)

留置17日間「まるで介護」 76歳、車椅子の万引容疑者(16日)共同(西日本)

車椅子に乗った76歳のおじいちゃんを、体格のいい男が3人がかりで階段の上げ下げをする。脳梗塞を患い、足はほとんど動かすことができない。おむつを着け、トイレも入浴も男たちに“介助”をされていた。
 ここは介護施設ではなく、福岡市南区の福岡南署。おじいちゃんは5月5日、スーパーでの万引容疑で現行犯逮捕された。世話係は署留置管理課の警察官だ。
 当時、留置場にはほかに十数人の容疑者がいた。「臭いっ」。トイレへ移動させるのが間に合わず、何度も便を漏らし、苦情が出た。桜の香りのお香をたき、消臭剤と空気清浄器も置いた。
 刑法犯の5人に1人が65歳以上の時代。軽微な罪を繰り返す累犯も少なくない。逮捕した容疑者を一時置く留置場でも、10人に1人は高齢者。警察署はバリアフリーに程遠く、1974年開設の同署も例外ではない。介助が必要な高齢者や障害者を想定していなかった、という事情もある。
 刑務所出所後に自立支援のため福祉につないで再犯を防ぐ「出口支援」は進んだ。識者は施設の充実に加え、高齢者や障害者が軽微な罪を犯した場合、捜査段階で福祉と連携する「入り口支援」の必要性を訴える。
 昨年秋に刑務所を出所、さらに罪を重ね執行猶予中に万引をしたおじいちゃん。5月16日に起訴され、17日間留置場にいた。
 「まるで介護よ。やっと終わった」。署幹部はつぶやいた。

■要介護者の留置手探り 「福祉優先で再犯防止を」
 車椅子のおじいちゃん-。この男(76)はスーパーで電動車椅子に乗り、ちくわ2本とアイス1本を持ったまま店を出たとして現行犯逮捕された。2600円所持していたが、代金397円を支払わなかった。「金を使うのがもったいない」。こう供述したという。
 男は福岡市南区の木造アパートで長年1人暮らしをしていた。7年前に脳梗塞を患い、今年に入り車椅子生活になった。言語障害もあり、要介護1の認定を受けて生活保護も受給。アパートの取り壊しが決まり、次の住まいを探していた。近所の人は「お金がないわけではない。刑務所に戻りたかったのでは…」と推し量る。
 医師の「勾留に耐えられる」との判断もあり、裁判所は勾留を決定。福岡南署は介助が必要との理由で男を「特別に注意を要する者」に指定した。留置場の1人部屋で、プライバシーのための仕切り板を外し、目が届くようにした。
 規則上、留置場は警察官しか入ることができないため、17日間警察官だけで身の回りを世話した。「車椅子の容疑者は初めて。試行錯誤だった」(署幹部)
   ◇    ◇
 容疑者を起訴するかどうかの取り調べのために身柄を一時置く留置場は、拘置所や刑務所に比べて滞在期間は短い。刑務所では、バリアフリー棟などの設備も整いつつあるが、福岡県内の警察署にある留置場のトイレの洋式率は4割台。4月に開設した行橋署もバリアフリーではない。
 県警幹部は「身体障害がある容疑者の勾留はレアケース。そのために限られた予算を使うのは現実的ではない」。九州のほかの県警も同様で「個別の状況に応じた適正な処遇に努めている」と口をそろえる。
続く
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/519021/

| コメント (0)

大分の川に男性遺体 外傷なし(16日)産経

15日午後8時15分ごろ、大分市大分の大分川河川敷で、通り掛かった男性から「水路内に人が浮いているようだ」と110番があり、駆け付けた大分中央署員らが男性の遺体を発見した。 署によると、遺体は身長約165センチで、腐敗が進み、年齢は30歳以上とみられるという。着衣はなかった。目立った外傷はなく、同署が身元と死因を調べる。
https://www.sankei.com/affairs/news/190616/afr1906160001-n1.html

| コメント (0)

有本さん父に米大統領手紙 拉致被害家族(16日)共同

北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さん=失跡当時(23)=の父、明弘さん(90)宛てに米国のトランプ大統領から「あなたはきっと勝利するだろう」と拉致問題解決に取り組む自らの姿勢を記した手紙が届いたことが15日、明弘さんへの取材で分かった。
 手紙は15日昼すぎ、政府関係者から明弘さんに手渡された。トランプ大統領の直筆とみられる。明弘さんは取材に「トランプ大統領が私の訴えをきちんと受け止めてくれて感激している。拉致問題解決に向けて進んでいると実感できた」と話した。
 トランプ大統領は5月の来日時に拉致被害者の家族と東京で面会した。
https://this.kiji.is/512646853800592481?c=39546741839462401

| コメント (0)

尖閣諸島の警備強化へ 最大級の巡視船3隻 鹿児島港に配備へ(16日)NHK

中国当局の船による領海侵入が繰り返されている沖縄県の尖閣諸島周辺の警備を強化するため、海上保安庁は沖縄県に近い鹿児島港に、建造中の最大級の巡視船3隻を来年度末までに配備する方針を固めました。
尖閣諸島周辺の海域では、日本政府が島を国有化した平成24年9月以降、中国当局の船の領海侵入が相次いでいて、領海のすぐ外側にある接続水域には、ことしは今月14日時点で、国有化以降最長となる64日連続で航行が行われていました。
海上保安庁は警備の最前線となる石垣島に尖閣諸島の警備に専従する巡視船を12隻配備していますが、関係者によりますと、沖縄県に近い鹿児島港についても警備態勢をさらに強化するということです。
具体的には、現在建造が進められている、ヘリコプターを2機搭載できる6000トン級以上の巡視船3隻を来年度末までに追加で配備する方針です。
6000トン級以上の最大級の巡視船は前線本部の役割を果たすほか、悪天候にも強いため、海上保安庁がより安定した警備態勢を整えるねらいがあるものと見られます。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190616/k10011954151000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0)

警察官刺され重傷 拳銃奪われる 大阪 吹田(16日)NHK

16日朝早く、大阪・吹田市の交番の敷地で警察官が刺されて倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが重傷だということです。また、所持していた拳銃が奪われたということで、警察は刺した人物の行方を捜査するとともに付近に警戒を呼びかけています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190616/k10011954391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

16日午前5時半ごろ、大阪・吹田市の千里山交番の敷地で、警察官が刺されて倒れているのが見つかりました…

| コメント (0)

交番のお巡りさんが…衝撃「信頼を損ね、言語道断」(16日)産経

「府民の信頼を著しく損ねるもので、言語道断」。特殊詐欺に乗じ高齢者から現金をだまし取ったとして京都府警の現職警察官が逮捕された詐欺事件。府警は高橋龍嗣容疑者(38)の逮捕を受けて15日夜、事件概要の説明を行った。一方、警察官の不祥事を取り締まる監察部門は出席せず、「厳正に対処する」と文書でコメントしたのみ。記者説明でも、府民への謝罪の言葉はなかった。 15日午後7時半から府警本部で行われた事件の説明には、捜査2課の幹部らが出席。金融機関で多額の現金を下ろそうとした男性に「特殊詐欺グループが高齢者から現金をだまし取る事案もある。気をつけてください」と注意喚起しながら現金をだまし取るという、警察官の立場を悪用した犯行の可能性があることを説明した。
 特殊詐欺被害が疑われるとの金融機関からの通報を受け、駆けつけた現場で被害者と知り合った高橋容疑者。だが、2度目の犯行では男性に金を下ろすよう指示し、自ら金融機関に電話をして、通常は詐欺被害が疑われる多額の引き出しができるようにするなど、犯行の計画性も浮かぶ。
 だが、記者説明に監察部門の幹部は同席せず、姫野敦秀・首席監察官のコメントを配布したのみ。会見ではないという理由で、写真撮影も認めなかった。監察幹部が出席しない理由について府警幹部は、「今日は事件被疑者の逮捕のレクなので。今後の処分は監察が対応すると思う」と述べるにとどまった。
 逮捕を受け、現職の警察官からも憤りの声が聞かれた。ある捜査員は、「特殊詐欺捜査は『警察官は信用できる』という市民との間の信頼関係があってこそできる。その信頼を失墜させる事態だ」とし、「警察官の立場を悪用して市民をだましたのであれば、この上なく卑劣で許されざる行為。厳しく処分されてほしい」と強調した。https://www.sankei.com/west/news/190615/wst1906150030-n1.html

| コメント (0)

»元同僚の男を殺人容疑で逮捕、埼玉・東松山 女性殺害(16日)TBS

埼玉県東松山市のアパートで女性が殺害されているのが見つかった事件で、警察は、元同僚の男を逮捕しました。 この事件は今月13日、東松山市のアパートで介護施設職員の渡辺真澄さん(38)が胸や腹を刺され、死亡しているのが見つかったものです。十数か所に刺し傷があり、一部は内臓にまで達していたということです。
 警察は15日、渡辺さんの元同僚で住所不定・無職の佐々木靖幸容疑者(41)を殺人の疑いで逮捕しました。佐々木容疑者と渡辺さんが事件の前まで携帯電話で連絡を取り合っていたことなどから、警察が佐々木容疑者の行方を追っていましたが、15日午後、東京・板橋区の商業施設にいるところを捜査員が発見し、身柄を確保しました。
 佐々木容疑者は取り調べに対し、「恨みがあった」と話し、容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3700818.html

| コメント (0)

« 2019年6月15日 (土) | トップページ | 2019年6月17日 (月) »