« 2019年6月11日 (火) | トップページ | 2019年6月13日 (木) »

2019年6月12日 (水)

2019年6月12日 (水)

偽メールで個人情報取得=「ペイペイ」詐欺容疑で男再逮捕-愛知県警(12日)時事

スマートフォン決済サービスの「ペイペイ」を不正に使用し商品を詐取したとされる事件で、愛知県警は12日、詐欺容疑で栃木県那須塩原市の無職平山貴則容疑者(21)を再逮捕した。同事件で悪用されたペイペイのアカウントは、大手宅配会社を装った偽メールで盗み取られた個人情報を基につくられていたことが新たに分かった。平山容疑者は「頼まれて商品を買っただけ」と容疑の一部を否認しているという。
 県警によると、スマホに佐川急便をかたるショートメールが届き、本文のURLをクリックすると個人情報を抜き取られる仕組みだった。ペイペイを利用していない人でも勝手にアカウントをつくられていた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061201162&g=soc

| コメント (0)

偽造はがき換金疑い(12日)西日本

日本郵便が発行するはがきの偽造品を金券ショップで換金したとして、大阪府警が郵便法違反と詐欺の疑いで男を逮捕していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者によると、逮捕容疑は日本郵便が1枚62円で販売しているはがきの偽造品を金券ショップで換金した疑い。
 偽造されたはがきが大阪府や兵庫県で相次いで発見されており、府警と兵庫県警が関連を調べる。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/517929/

| コメント (0)

厚労省職員かたり結婚詐欺 派遣社員の男を逮捕 埼玉(12日)産経

厚生労働省職員を装って結婚する意思がないのに交際し、現金をだまし取ったとして、埼玉県警所沢署は12日、詐欺の疑いで、横浜市神奈川区の派遣社員、田中裕文容疑者(56)を逮捕した。「(金は)返すつもりだった」と否認している。 逮捕容疑は平成29年10月~11月、結婚する意思がないのに厚労省職員とかたり40代の女性と交際を続け、好意に乗じて計7回にわたり現金120万円をだまし取ったとしている。署によると、同年9月に婚活パーティで知り合い、結婚を前提にした交際を始めたという。田中容疑者は交際中、「空き巣に入られて生活費がない」「韓国で入院した」などと嘘を言って現金を繰り返し要求していた。
 女性が昨年6月、不審に思って所沢署に相談。「結婚を前提に交際する相手にお金を貸したが、返してくれない」「偽名を使われ、“死んだふり”をされている」などと被害を訴えていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190612/afr1906120032-n1.html

| コメント (0)

集団いじめで女児骨折、大阪 小学校、組織的対応せず(12日)共同

大阪府吹田市内の小学校に通う小学5年の女児が1~2年生だった2015~17年にかけ、同級生の複数の男児から暴行されるなどのいじめを受け、骨折や心因性の視力障害を負っていたことが12日、分かった。市が設置した第三者委員会が明らかにした。第三者委の調査報告書は、学校側が女児のいじめ被害の訴えに組織的な対応を取らなかったと批判している。
 報告書によると、女児は15年秋~17年3月、男児からボールを投げつけられたり、ランドセルを引っ張られたりする暴行のほか、きょうだいの悪口や「ガリガリ君」とあだ名を付けられるなどのいじめを継続的に受けていた。
https://this.kiji.is/511486499522118753?c=39546741839462401

| コメント (0)

シートの女性遺体 市職員の部屋の大型冷蔵庫で保管か 京都(12日)NHK

11日、京都府向日市のアパートの駐車場で全身をシートとテープで巻かれた女性の遺体が見つかった事件で、遺体は逮捕された市の職員が借りていたとみられるアパート2階の大型冷蔵庫に入れられていた疑いがあることが警察への取材でわかりました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/k10011950021000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

11日午前11時ごろ、京都府向日市上植野町の2階建てのアパートの駐車場で、全身をシートと粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかり、警察は1階…

| コメント (0)

»落とし物の現金100万円盗む、警視庁府中署係長を逮捕(12日)TBS

警察署に届けられた落とし物の現金を盗んだとして、警視庁の職員が逮捕されました。 窃盗の疑いで逮捕されたのは警視庁府中署会計課の係長・小針誠一容疑者(49)で、今年2月から4月までの間、警察署に拾得物として保管されていた現金100万円あまりを盗んだ疑いが持たれています。拾得物として登録されていた現金の金額と、実際に金庫に保管されていた金額が異なっていたということで、拾得物の担当者だった小針容疑者が「現金を抜き取った」と認めたということです。
 警視庁によりますと、小針容疑者は「盗んだ現金の保管期限が来る前に、別の拾得物の現金で穴埋めしていた」と話していて、去年からあわせて200万円ほどを盗んだ可能性があるということです。取り調べに対し、「競馬で使うために盗んだ」と供述しているということで、警視庁は余罪の裏付けを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697932.html

| コメント (0)

»81歳運転の車、60代男性はねる 意識不明の重体(12日)TBS

12日午後2時50分ごろ、愛知県豊明市の信号のある交差点で、81歳の女性が運転する軽乗用車が、横断歩道近くにいた男性をはねました。 男性は60代くらいで、意識不明の重体です。
 警察は車を運転していた愛知県刈谷市の無職・久野みさ子容疑者(81)を現行犯逮捕し、前方不注意が事故の原因とみて状況を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697994.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
死んで花実が咲くものか
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_86 F1014797  6日午後7時ごろ、三重県津市で9階建てのマンションから近くに住む中学3年の男子生徒(14)が飛び降りて死亡した。遺書は見つかっていないが警察は自殺みている。
 さらに、先月末には、福岡市博多区の市営住宅と近くの路上で、家族と見られる男女3人が血を流して倒れていた事件があり、警察は息子が家族を襲ったあと自殺したものとみているという。なんでこうも、尊い命を粗末にするのか…
 自分は中学生まで宮城県の阿武隈川沿いに住んでおり、川を人間が流れされていく光景を何度も目にしたことがあった。聞くと入水自殺者だった。その時、お婆ちゃんから、いつも聞かされた言葉がある。
 「死んで花実が咲くものか」
 小学生となり、父親の無い自分はいじめに遭った。トラブルも絶えなかった時、村の駐在から言われた言葉は
 「正義は必ず勝つ」
 この二つの言葉を忘れずに生きてきた。
 自殺者-令和に入り1カ月間で全国で1791人が自殺している。1日当たりに換算すると60人近くの人が尊い命を捨てているのだ。
 この結果、2019年5月現在の全国の自殺者数は8624人になった。男6070人、女2554人だ。
 ランキングは東京が圧倒的に多く932人。これに埼玉の493人、大阪の480人、愛知の469人、神奈川の454人と続いている。
 年間推移をみると平成21年の自殺者は3万2845人だったが、その後、10年間連続で減少し続けている。
 可愛い我が子の虐待殺人が多いこのごろ。そして惜しげもなく命を絶つ自殺……「命の大切さ」を忘れた人間が多くなっているように思えてならない。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_17

 

 

 

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

厚労省職員かたり結婚詐欺 派遣社員の男を逮捕 埼玉 (12日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/190612/afr1906120032-n1.html

 厚生労働省職員を装って結婚する意思がないのに交際し、現金をだまし取ったとして、埼玉県警所沢署は12日、詐欺の疑いで、横浜市神奈川区の派遣社員の男(56)を逮捕した。
偽メールで個人情報取得=「ペイペイ」詐欺容疑で男再逮捕-愛知県警 (12日)時事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061201162&g=soc

スマートフォン決済サービスの「ペイペイ」を不正に使用し商品を詐取したとされる事件で、愛知県警は12日、詐欺容疑で栃木県那須塩原市の無職平山貴則容疑者(21)を再逮捕した。

★「お金貸します」SNSにワナ 個人装い違法金利を要求(10日)日経
★特殊詐欺の新たな手口による被害、白い粉末送りつけ(8日)TBS
★とられたお金はほぼ全財産 家に来た「ちゃんとした人」(7日)朝日
★特殊詐欺事件指示役か 愛知県警、男ら4人逮捕
★全職員に録音機設置呼びかけ=「かけ子」音声公開もー特殊詐欺対策で・大阪府警(4日)時事
★空き部屋あてに宅配便 配達員が伏せてだ特殊被害(2日)日経
★特殊詐欺2400万円被害 山形・酒田の男性(1日)産経
★元オリックス選手を逮捕 警官かたり詐欺など疑い(31日)共同
★「詐欺ではないか」特殊詐欺防いだコンビニ店長とお客さんに感謝状(29日)産経
★三越の職員名乗る不審電話相次ぐ(27日)NHK
★特殊詐欺防止へ水際対策呼びかけ、和歌山県警が協議会(28日)産経
★15人中7人が黙秘、2人が容疑認める タイの邦人振り込め詐欺団 (25日)産経
★タイ特殊詐欺事件、グループ15人全員逮捕(24日)TBS

| コメント (0)

成田空港でテロ対策訓練 東京五輪などに備え(12日)産経

成田空港で12日、爆発物などの複合的なテロ災害を想定した訓練が行われた。今年9月のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会や2020年東京五輪・パラリンピックなどの国際イベントに備え、成田国際空港会社(NAA)が県警、成田市消防本部などと実施。負傷者の救助や避難誘導など、テロ災害発生時の対応を確認した。 訓練は化学、生物、放射性物質、核、爆発物を兵器として用いるテロ「CBRNE(シーバーン)」に対処する能力向上と、各機関の連携強化を目的に定期的に実施している。
 今回は第2ターミナル到着ロビーで爆発があり、多数の負傷者が出た上、現場周辺から放射線が検出されたと想定。関係7機関から233人が参加した。
 大きな爆発音と閃光(せんこう)があり煙が立ち込める中、警察官や消防隊員が利用客を屋外へ誘導。防護服を着用した隊員らが倒れて動けない負傷者を救出したり、状況に応じた除染活動を実施したり、本番さながらの訓練が展開された。
https://www.sankei.com/affairs/news/190612/afr1906120014-n1.html

| コメント (0)

児相と警察、全件の情報共有を NPO、厚労省に要望(12日)共同

札幌市の池田詩梨ちゃん(2)が衰弱死し、母親らが逮捕された事件を受け、子どもの虐待防止に取り組むNPO法人「シンクキッズ」(東京)が12日、児童相談所と警察、自治体で全ての児童虐待事案を情報共有するよう求める要望書を厚生労働省に提出した。
 要望書は「児相と警察が虐待のリスクを軽く考え、危険な兆候を把握する取り組みを怠ったことが原因」と指摘。「児相は母親の面会拒否の時点で警察に連絡して家庭訪問していれば救うことができたのではないか」とした。
 提出後に記者会見した代表理事の後藤啓二弁護士は「警察などと連携しない児相の閉鎖的体質が問題」と訴えた。
https://this.kiji.is/511432369597580385?c=39546741839462401

| コメント (0)

中国人が東京駅などでドローン 禁止場所「知らなかった」(12日)NHK

原則、飛行が禁止されている東京駅付近でドローンを飛ばしたとして、北京市交通局の中国人の研究員が航空法違反の疑いで警視庁から事情聴取を受けていたことがわかりました。この研究員は首脳会談などが行われる迎賓館でもドローンを飛ばし、「個人的な趣味で撮影していた」と説明していて、警視庁が注意を呼びかけています。

事情聴取を受けたのは北京市交通局に勤める中国人の50代の研究員で、今月7日、東京駅から皇居に向かう通りでドローンを飛ばしたところ、警戒にあたっていた機動隊員から止められました。
皇居周辺や都市部の人口密集地の上空では原則、ドローンの飛行が禁止されています。
警視庁が航空法違反の疑いで事情を聴くとともに、ドローンを調べたところ、ほかにも首脳会談などが行われる港区赤坂の迎賓館を撮影した映像が残されていて、滞在先のホテルの庭からドローンを飛ばしたことを認めたということです。
研究員はすでに帰国していますが、当時は地下鉄の視察に訪れていて、調べに対し「上空から写真を撮るのが趣味で中国から持ってきたドローンで撮影していた。撮影が禁止されているとは知らなかった」と説明しているということです。
警視庁が注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/k10011949741000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0)

1歳女児が死亡 21歳父親を逮捕 虐待の疑い 静岡(12日)NHK

去年12月、静岡県富士市で当時1歳8か月の娘に暴行を加え、その後、死亡させたとして、21歳の父親が傷害致死の疑いで逮捕されました。捜査関係者によりますと、容疑を否認しているということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/k10011949861000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

逮捕されたのは富士市水戸島本町の藤原哲太容疑者(21)です…

| コメント (0)

»山形女性医師殺害事件、被害者との接点 確認されず(12日)TBS

先月、山形県東根市のマンションで女性医師が殺害された事件で、警察は山形大学に通う23歳の男を殺人などの疑いで逮捕しました。被害者と容疑者のそれまでの接点は確認されていません。 殺人と住居侵入の疑いで逮捕されたのは、山形市に住む山形大学人文学部4年の加藤紘貴容疑者(23)です。警察の調べによりますと、加藤容疑者は、先月19日の早朝、眼科医の矢口智恵美さん(50)が住む東根市のマンションの部屋で、矢口さんの頭を鈍器のようなもので数回殴り殺害した疑いです。
 今回の事件は加藤容疑者の単独の犯行とみられていますが、警察では加藤容疑者の認否を明らかにしていません。また、加藤容疑者と殺害された矢口さんの接点は、これまで確認されていないということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697603.html

| コメント (0)

»上皇さま 一連の“退位の儀式”全て終了(12日)TBS

京都を訪問中の上皇ご夫妻は、上皇さまの退位に伴う儀式に臨み、今年3月に始まった一連の儀式を全て終えられました。 上皇ご夫妻は、午前10時半ごろ、明治天皇の父である孝明天皇の陵へと続くおよそ120メートルある坂道を進み、陵の前で退位したことを報告されました。
 その後、待ち受けた多くの人から歓声が上がる中、午後1時前に明治天皇陵に到着。ご夫妻はそれぞれ陵の前へ進み出ると、玉串を捧げて深く拝礼をされました。
 これで、今年3月から続いてきた上皇さまの退位に伴う一連の儀式を全て終えたことになり、ご夫妻は13日、帰京されます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697595.html

| コメント (0)

1歳女児に暴行し死なす=容疑で父親逮捕-静岡県警(12日)時事

1歳8カ月の長女に暴行を加え死亡させたとして、静岡県警富士署は12日、傷害致死容疑で父親の無職藤原哲太容疑者(21)=富士市水戸島本町=を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は2018年12月25日、自宅の共同住宅で長女の瑛茉ちゃんに何らかの暴行を加え、今年1月3日に頭部外傷により死亡させた疑い。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061200655&g=soc

| コメント (0)

チケット不正転売禁止法14日施行 音楽団体の悲願かなう(12日)産経

音楽のライブやスポーツイベントなどのチケットを高値で転売することを禁止する新法「入場券不正転売禁止法」が14日、施行される。人気チケットは転売目的での買い占めが横行しており、同法は有償譲渡の禁止を明記するといった要件を満たしたチケット「特定興行入場券」について、転売を厳しく規制。罰則も定められており、利益目的でのダフ屋行為の抑制が期待される。(鈴木俊輔)
 《転売はやめましょうね》。4月、ロックミュージシャン、YOSHIKIさんのツイッターへの投稿が話題を呼んだ。添付されていたのは、8月からスタートする自身のディナーショーのチケットを高額転売しているサイトの画像。1枚18万円と倍以上の値を付けているものもあるなど、明らかな高額転売だった。
 チケットの高額での不正転売は、音楽業界にとっての死活問題とされてきた。路上などでのダフ屋行為は各都道府県の条例で禁じられている一方、インターネット上での転売は規制の対象外。音楽業界では、コンピューターの自動プログラムで販売サイトへのアクセスを繰り返してチケットを買い占め、不当な高値で転売する「ネットダフ屋」が続出し、購入希望者が定価よりも高い金額を払わないとチケットを入手できないケースが相次いでいた。
 こうした状況に、ライブに足を運ぶ機会が減少するなど、業界の衰退につながることを危惧したコンサートプロモーターズ協会(ACPC)など4団体は平成28年8月、転売反対を表明する共同声明を発表。ホームページを開設して転売禁止を訴える傍らで、法整備に向けた働きかけも行い、同法の成立にも大きな役割を果たした。同法成立後、不正転売の数は減っており、ACPCの担当者は「ようやく法整備が追いつき、抑止効果も出始めている」と期待感を示す。
ただ、法施行後も、転売は完全に根絶されるわけではない。同法で規制の対象とするのは、特定興業入場券を正規の販売価格より高い値段で「業として」転売する行為。個人がチケットの二次流通サイトやネットオークションで転売する行為は、法規制の対象にはならない。

続きを読む

| コメント (0)

妻殺害、夫と母に実刑判決 実家敷地に遺棄、千葉地裁 (12日)日経

千葉県柏市で昨年3月、同居の妻を殺害し茨城県取手市の実家敷地に埋めたとして、殺人と死体遺棄罪に問われた元銀行員、弥谷鷹仁被告(37)と、殺人ほう助と死体遺棄罪に問われた母親の恵美被告(64)の裁判員裁判で、千葉地裁は12日、鷹仁被告に懲役15年(求刑懲役17年)、恵美被告に懲役7年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
岡部豪裁判長は判決理由で、妻の麻衣子さん(当時30)から暴行を受けていた鷹仁被告が、妻を殺害して長女を手元に残そうとした動機を「身勝手だ」と批判。恵美被告について、求刑を上回る量刑とした理由を「親として鷹仁被告を正す立場にあったが、積極的に手助けした」と説明した。
鷹仁被告の弁護側は、麻衣子さんから長女と共に暴力を受け、精神的に追い詰められていたなどと訴えたが、判決は「殺害以外の選択肢があった」と退けた。恵美被告の弁護側は「本当に殺すとの認識はなかった」と、殺人ほう助罪について無罪を主張したが、判決は「計画は具体的で殺害を予見できた」とした。両被告の弁護側は執行猶予付き判決を求めていた。
判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日、自宅で麻衣子さんに睡眠導入剤入りのカレーライスを食べさせ、乗用車内で首を絞めて殺害。恵美被告は遺体を実家に埋めることを提案し、一緒に穴を掘るなどして殺害行為を手助けし、共謀して遺体を埋めた。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45987040S9A610C1CC0000/

| コメント (0)

改正動物愛護法が成立 犬猫にチップ装着義務化(12日)共同

 犬や猫へのマイクロチップ装着を義務化する改正動物愛護法が12日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。ブリーダーなど繁殖業者に装着を義務付ける一方、一般の飼い主は努力義務とする。飼い主の責任を明確にし、捨て犬や捨て猫を防ぐ狙い。公布から3年以内に施行される。
 インターネットに犬や猫の虐待動画を投稿するなど、悪質なケースが後を絶たないため、改正法は動物虐待罪を厳罰化。ペットの殺傷に対する罰則を現行の「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げる。
 生後56日以下の犬、猫の販売を禁止する。
https://this.kiji.is/511354084084417633?c=39546741839462401

| コメント (0)

女性医師殺害容疑 大学生逮捕(12日)NHK

山形県東根市のマンションで女性の医師が殺害された事件で、警察は、山形大学の学生の男を殺人などの疑いで逮捕しました。

先月19日、山形県東根市のマンションの部屋で、隣の村山市にある眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)が殺害されているのが見つかりました。
頭を何度も激しく殴られ、骨は陥没していて、警察は犯人に強い殺意があったとみて、付近の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査してきました。
その結果、山形大学の学生で、山形市東原町に住む加藤紘貴容疑者(23)が事件に関わった疑いがあるとしてこの男を取り調べ、さきほど殺人と住居侵入の疑いで逮捕しました。https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20190612/6020003877.html

| コメント (0)

出身の学生2人に感謝状 岐阜の駅で保護、家へ送る(12日)共同

 岐阜県内で行方不明となっていた高齢女性を保護したとして、岐阜県警北方署(葛飾孝彦署長)はこのほど、朝日大学に通う3年で経営学部の與那嶺俊太さん(21)=沖縄県那覇市出身=と保健医療学部の嘉陽伊緒さん(20)=沖縄県今帰仁村出身=に感謝状を贈った。女性の家族から行方不明届けが出された直後だった。2人は「当たり前のことをしただけ。無事でよかった」と話している。
 與那嶺さんと嘉陽さんは軟式野球部に所属する友人同士。嘉陽さんが瑞穂市内の與那嶺さんのアパートに遊びに来ていた5月23日午後11時半ごろ、外の駐車場から異様なエンジン音が聞こえ、様子を見に行くと「車が動かない」と戸惑い困り果てた女性がいた。
 人通りの少ない場所で、女性は帰省していた50代の息子を瑞穂駅へ迎えに行く途中だったが、道に迷っていた。2人が声を掛けると、かなり焦った様子で、1時間近く話しても会話はかみ合わなかったという。
 「とりあえず駅まで送ろう」と與那嶺さんの車に乗せたが、駅に息子の姿はなく、女性は自宅の場所も説明できない状態。免許証の住所を頼りに20分ほど掛けて隣町の自宅へ送り届けると、警察に行方不明届けを出したばかりの息子が心配そうに待っていたという。
 5月31日に感謝状を受けた與那嶺さんは「困っているから助けた。やることをやっただけ」と振り返り「また同じように困っている人がいれば助けたい」。嘉陽さんは「最近は高齢者の事故も多いし、夜中で危ないと思ったので無事に送ることができてよかった」と話した。
 同署は「田舎でそのまま放置されていたら大変なことになっていた。素晴らしい」とたたえた。
https://this.kiji.is/511304510236509281?c=39546741839462401

| コメント (0)

「抜け穴」使って留学生急増→所在不明 国、性善説転換(12日)朝日

文部科学省などが、大学に対して留学生の在籍管理の徹底を求め、指導しても改善がみられない場合はその大学の留学生に在留資格を与えない方針を打ち出した。これまでは大学の自治などを踏まえて「性善説」を取ってきたが、東京福祉大が制度の「抜け穴」を使って人数を急増させ、その多数が所在不明になっている事態を受け、方針転換を余儀なくされた。
 「大学ではテキストを読むだけで、日本語が上手にならない。将来は日本で稼いで、日本人女性と結婚したい」
 東京福祉大から出てきたベトナム人男性(24)は11日、こう話した。2年前に来日し、現在は同大の学部研究生として滞在する。普段はコンビニや飲食店のバイトをしているが、この1カ月は留学ビザの更新時期に重なったため、バイトを休んでいるという。同じく学部研究生の中国人男性(26)は「バイトばかりして大学に来なくなる人がたくさんいる」と明かした。
 大学は定員が決められており、それを超えて正規課程の留学生を急に増やすことは難しい。だが、同大は定員に含まれない研究生などの「非正規枠」を使うことで、規制を受けなかった。2015年度の学部研究生は39人だったが、翌16年度は1201人、18年度は2656人に急増。文科省への届け出のみで開設ができる「留学生別科」の学生も13年度の186人から、18年度は1495人に達した。
 行方不明となるのも、こうした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

| コメント (0)

留学生の在籍管理厳格化 東京福祉大は入学停止 所在不明問題(12日)西日本

東京福祉大で多数の留学生が所在不明となっている問題で、文部科学省と出入国在留管理庁は11日、留学生の受け入れ基準を厳格化し、所在不明者や除籍者を多く出すなど在籍管理が不適切な大学には新規の留学生受け入れを停止する新たな制度を導入する方針を発表した。文科省は東京福祉大に対し、不法残留者を増大させた責任は重大だとして、学部入学の準備過程とされる「学部研究生」の新規受け入れを当面見合わせるよう指導した。 新制度では、文科省の指導を受けても改善されない大学は「在籍管理非適正大学」に認定し、入管庁が在留資格を与えない措置を取る。不法残留者が多い「慎重審査対象校」の判断基準を厳しくし、3年連続で対象校になった場合も在留資格を与えない。いずれも大学名を公表する方針。法務省令を改正して早期の導入を目指す。

 また、学部研究生がいる大学だけでなく専門学校も、日本語能力が十分でない留学生を受け入れている実態が懸念されており、入学時の日本語能力の確認を厳格化する。主に日本語を学ぶ大学「留学生別科」にも教育設備や教員の質に関する基準を設ける。
 両省庁の調査によると、東京福祉大の2018年度の留学生数は5133人で、学部研究生と留学生別科の受け入れ拡大により、13年度の348人から10倍以上に急増した。一方、ここ3年間で所在不明者は1610人に上り、約7割を学部研究生が占めた。
 18年度の所在不明者は823人(留学生の16・0%)。退学者は380人(同7・4%)で、このうち半数強は「在留資格更新不許可」が理由だった。法務省は「週28時間が上限のアルバイトなど『資格外活動』で違反があったケースが多いとみられる」としている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/517779/

| コメント (0)

高校に不審電話「大変なこと起きる」滋賀県警が警戒(12日)産経

11日午後6時40分ごろ、滋賀県彦根市川瀬馬場町の県立河瀬高校に「明日の9時から11時の間に河瀬高校で大変なことが起きる」との不審電話が相次いだ。 滋賀県警彦根署によると、電話は立て続けに2回かかり、いずれも女性の声だったという。同校職員からの通報を受け、同署員約40人が彦根市内で警戒にあたっており、12日午前9時前から同校付近への交通を制限し、約100人で警戒に当たる。
 不審物などは見つかっておらず、同署は威力業務妨害容疑で捜査している。
https://www.sankei.com/affairs/news/190611/afr1906110032-n1.html

| コメント (0)

ペット店経営の男らも逮捕 サル密輸未遂疑い、千葉(12日)共同

成田空港で新種の可能性がある小型のサル2匹が押収された密輸未遂事件で、千葉県警が関税法違反(無許可輸入未遂)容疑で、水戸市のペットショップ経営松原滋容疑者ら数人を新たに逮捕していたことが11日、捜査関係者らへの取材で分かった。
 県警や東京税関は、同容疑で5月に逮捕した東京都中野区の塗装建設業、高西健也容疑者(40)が運び役だったとみて、松原容疑者らとの関係を詳しく調べる。高西容疑者は、ショウガラゴ属とみられる小型のサル2匹などを「タイ・バンコクの市場で関係者と一緒に買った。報酬10万円で持ち帰ろうとした」と供述している。https://this.kiji.is/511117556849853537?c=39546741839462401

| コメント (0)

図書館の本投棄、誰が? 京都南部で千冊、窃盗か(12日)共同

京都府南部の3市町で5月、公立図書館のバーコードや蔵書印がある書籍が大量に投棄されているのが相次いで見つかった。総数は約千冊で、捨てた人物や動機は謎のまま。盗まれた疑いのある書籍も含まれており、各図書館は窃盗事件として被害届を出す方針だ。
 5月5日に木津川市の道路沿いの竹林で338冊が捨てられているのが発覚して以降、宇治市など十数キロの範囲で次々と見つかった。計5カ所のうち3カ所では、十数冊ごとに赤いビニールひもでまとめられ、ある図書館職員は「きちきちに縛られていた」と話す。
 図書館は京都府南部を中心に滋賀県や大阪府を含め、少なくとも11自治体に上る。
https://this.kiji.is/511296430009762913?c=39546741839462401

| コメント (0)

札幌女児虐待 児童相談所が48時間ルール守らないケースが4件(12日)NHK

札幌市で2歳の娘を虐待したとして、母親と交際相手の男が逮捕された事件では、「児童相談所は、虐待の通告から原則48時間以内に子どもの安全を直接確認し、それができなかった場合は、立ち入り調査をする」というルールを守っていませんでした。
事件を受けて、札幌市児童相談所が調べたところ、ルールが守られていないケースがほかにも4件あり、このうち2件は保護者側と連絡がつかず、状況が確認できていないということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190611/k10011949061000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

札幌市中央区の飲食店従業員、池田莉菜容疑者(21)と、交際相手で飲食店経営の藤原一弥容疑者(24)は、自宅マンションの部屋で池田容疑者の長女の…

| コメント (0)

»ネットバンキング無断開設、80代女性 2600万円詐欺被害(12日)TBS

東京・新宿区の80代の女性が、うその電話でキャッシュカードなどをだまし取られ、無断で開設されたインターネットバンキングを利用しておよそ2600万円を引き出されたことが分かりました。 警視庁によりますと、今年4月、新宿区に住む80代の女性に災害支援団体を装った男から「復興でエアコンを入れるのに3850万円かかる」「その関係で不正送金しましたね。これは犯罪です」などと、うその電話がありました。
 男は電話で口座の暗証番号などを聞き出して、無断でインターネットバンキングの登録を行い、この口座に入っていた2600万円をネット上から女性の別の口座に不正送金しました。その後、女性は男に指示され、送金先の口座のキャッシュカードと通帳を指定された場所に郵送し、2600万円が引き出されたということです。警視庁は詐欺事件として調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697284.html

| コメント (0)

»高齢者運転の車、小学校に突っ込む(12日)TBS

70代の男性が運転する車が名古屋市内の小学校の敷地内に突っ込みました。巻き込まれた人はおらず、男性は軽いけがをして病院に運ばれました。 防護柵とフェンスを突き破り、校庭の花壇に乗り上げて止まった車。これは事故直後に撮影された映像です。事故が起きたのは名古屋市昭和区にある市立伊勝小学校の前で、11日午後7時ごろ、ドーンという大きな音とともに、乗用車が小学校の敷地内に突っ込みました。
 乗用車を運転していたのは、近所に住む70代の男性で、救護隊に助け出され、病院に運ばれました。男性は顔から出血する軽傷です。ほかに巻き込まれた人はいませんでした。
 男性の車は「一時停止の標識がある交差点から、ものすごいスピードで直進していった」との目撃情報があり、警察は、男性がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性も含め、詳しい原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697351.html

| コメント (0)

»テープで巻かれた女性遺体、市職員ら逮捕(12日)TBS

京都府向日市にある集合住宅の駐車場で、ビニールテープで全身を巻かれた女性の遺体が見つかりました。警察は、死体遺棄の疑いで市職員の男ら2人を逮捕しました。 11日午前11時すぎ、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパートで「2階の部屋から異臭がする」と近隣住民から警察に通報があり、警察官が駆けつけたところ、アパートの駐車場で、全身を白いビニールテープで巻かれた女性の遺体を発見しました。
 警察は、この遺体を遺棄したとして、同じアパートの1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)と向日市役所地域福祉課の余根田渉容疑者(29)の2人を逮捕しました。警察によりますと、橋本容疑者は生活保護を受給していて、余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカーだということです。
 警察の取り調べに対し、2人は容疑を認めていて、遺体を2人で手で運んだという趣旨の話をしているということです。女性の遺体は成人とみられ、腐敗が進んでおり、警察は身元の確認を急ぐとともに、事件の詳しい状況について調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3697350.html

| コメント (0)

« 2019年6月11日 (火) | トップページ | 2019年6月13日 (木) »