« »健診中に女性の胸触ったか、47歳の医師逮捕(19日)TBS | トップページ | 拉致家族「要求下げず交渉を」(19日)NHK »

2019年5月19日 (日)

»日本の安全を水際で守る「爆発物探知犬」(19日)TBS

今週(5月25日)はアメリカのトランプ大統領、来月にはG20大阪サミットと、世界各国の首脳の来日が相次いで予定されています。テロへの警戒が高まる中、日本の安全を水際で守る「爆発物探知犬」と呼ばれる犬たちの訓練の様子を取材しました。 大阪税関に所属するシェパード犬の「アイゼン」3歳。日本に持ち込まれる荷物に爆発物が含まれていないかを調べる「爆発物探知犬」です。
 「爆発物探知犬」は、2002年の日韓ワールドカップの際に初めて日本で導入されました。日本にはおよそ130頭の麻薬探知犬がいますが、その一部が、麻薬とともに爆発物の臭いを感知するようトレーニングされています。
 アイゼンは爆発物探知犬となって1年。まず檻から出して軽い運動をさせた後、体重を量るなどして体調をチェックします。
 「目ヤニがいつもよりたくさん出ていないかとか、歯ぐきの色と、元気なやつなので足とかけがしていないか見ます」(ハンドラー 北村元樹さん)
 そしてやってきたのは、国際郵便物が届く検査場です。差出人や品目、荷物の形状などから検査員が検査の必要性を感じたものについてアイゼンが調べます。
 アイゼンが床に座り込めば「反応あり」。そうでなければ「反応なし」です。多いときで1日500個の荷物を検査します。複数のセキュリティー対策の効果もあってか、これまでに爆発物が見つかったことはありません。
 午後は訓練の時間です。見分けるのは爆発物の臭いを付着させた特殊な素材です。まず、カゴを並べて手前から三つ目に素材を入れておきました。カゴの前に座り込むアイゼン。見事、正解です。続いてスーツケースでも・・・またしても正解。麻薬だけでなく記憶する臭いの種類が多い爆発物探知犬は、トレーニングの量がより多く必要です。
 夕方5時、犬舎に戻りブラッシングをして一日が終わります。
 「訓練を通してどんどん犬が成長していくのを見るのがやりがいです。(G20に向けて)期待してくださっていると思うので、それにしっかり応えていけるよう、しっかりと検査と訓練に精進していきます」(北村元樹さん)
 G20サミットまで40日。日本の安全を守るため、爆発物探知犬はきょうも訓練を重ねています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3677492.html

« »健診中に女性の胸触ったか、47歳の医師逮捕(19日)TBS | トップページ | 拉致家族「要求下げず交渉を」(19日)NHK »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« »健診中に女性の胸触ったか、47歳の医師逮捕(19日)TBS | トップページ | 拉致家族「要求下げず交渉を」(19日)NHK »