« 国内企業の流出個人情報「ダークウェブ」に出品 低くなるサイバー犯罪のハードル(2日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2019年5月 2日 (木)

分離帯越え正面衝突、大学生死亡 6人重軽傷 常磐道(2日)朝日

 2日午前4時55分ごろ、福島県広野町上北迫の常磐道上り線で、横浜市緑区長津田3丁目の大学生山本大智さん(20)の乗用車と同県南相馬市鹿島区江垂の会社員木幡徳敏さん(51)の乗用車が正面衝突した。8人が病院に搬送され、山本さんが頭を強く打って死亡し、子どもを含む6人が重軽傷を負った。
 県警によると、現場は片側1車線の対面通行区間。下り線を走っていた山本さんの車が中央分離帯のポールを乗り越え、上り線にはみ出し、前から来た木幡さんの車と衝突したという。
 この事故の影響で、常磐道はいわき四倉インターチェンジ(IC)―広野IC間が、午前5時10分から約4時間半にわたって通行止めになった。
https://www.asahi.com/articles/ASM523J88M52UGTB002.html

« 国内企業の流出個人情報「ダークウェブ」に出品 低くなるサイバー犯罪のハードル(2日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国内企業の流出個人情報「ダークウェブ」に出品 低くなるサイバー犯罪のハードル(2日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »