« 紙箱から乳児遺体 愛知・豊川の住宅(18日)産経 | トップページ | »箱根山、噴火警戒レベル「2」に引き上げ(19日)TBS »

2019年5月18日 (土)

屋久島で記録的大雨 土砂崩れで観光客ら200人孤立か(18日)朝日

鹿児島県屋久島町や県警によると18日午後、大雨の影響で屋久島東部の県道沿いで土砂崩れが起き、観光名所の縄文杉へと向かう荒川登山口から観光客が下山できなくなっている。登山口やその周辺に少なくとも150~200人が取り残されている可能性があるという。
 屋久島署によると、18日午後2時15分ごろ、通行人から「(県道周辺で)土砂崩れがおきている」と110番通報があった。町総務課によると、ふもとから荒川登山口に向かう道路の数カ所で土砂崩れが発生。
 登山口からふもとまで観光客を運ぶバス4台が下りられなくなり、バスや小屋で約180人が救助を待っているという。
 一方、国の自然休養林「屋久杉ランド」に向かう県道沿いでも土砂崩れが発生。観光バス1台と車10台がふもとに下りられない状態で、携帯電話などでの連絡がつかないため何人が下山できないかは不明という。
 屋久島町役場によると、現場周辺では土砂崩れや道路陥没などのため救助に行けない状況が続いている。町は県と協議し、早ければ19日早朝にもヘリコプターで救助することを検討している。
 けが人は確認されていないが、低体温症の症状を訴えた人がいるといい、現在はバスの車内の暖房で対応しているという。
 鹿児島地方気象台は同日午後6時に「屋久島町では50年に一度の記録的な大雨となっているところがある」と発表し、注意を呼びかけている。(外尾誠)
https://www.asahi.com/articles/ASM5L6DKFM5LTLTB00N.html

« 紙箱から乳児遺体 愛知・豊川の住宅(18日)産経 | トップページ | »箱根山、噴火警戒レベル「2」に引き上げ(19日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙箱から乳児遺体 愛知・豊川の住宅(18日)産経 | トップページ | »箱根山、噴火警戒レベル「2」に引き上げ(19日)TBS »