« 高齢者事故防止にVR 愛知県警、データ分析も活用 (20日)日経 | トップページ | 失踪男性は53歳元自衛官(20日)西日本 »

2019年5月20日 (月)

規正法違反などで告発の森裕子参院議員が不起訴 新潟地検(20日)産経

新潟地検が、政治資金規正法違反などで告発されていた国民民主党の森裕子参院議員(新潟選挙区)を不起訴処分にしたことが20日、分かった。昨年12月28日付。処分理由は明らかにしていない。 告発状によると、森氏は自身の資金管理団体への平成27年分の寄付金の一部について、自らが代表を務める政党支部への寄付金として収支報告書に記載し、寄付者に所得税の還付金を不正に受けさせた政治資金規正法違反と詐欺の疑いがあるとしていた。また、平成25、27年、政党支部に計約1200万円を自ら寄付し、不正に還付金を受けた所得税法違反の疑いがあるとしていた。
 告発状は昨年3月と同8月にいずれも東京都の男性が同地検に提出していた。
 森氏の事務所は取材に対し「政治資金の会計処理は法にのっとり適正に行っており、問題はないと考えている」とした。
https://www.sankei.com/affairs/news/190520/afr1905200036-n1.html

« 高齢者事故防止にVR 愛知県警、データ分析も活用 (20日)日経 | トップページ | 失踪男性は53歳元自衛官(20日)西日本 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者事故防止にVR 愛知県警、データ分析も活用 (20日)日経 | トップページ | 失踪男性は53歳元自衛官(20日)西日本 »