« 釧路署の警官が断りなく立ち入り 「不適切」指摘受け、道警謝罪(14日)西日本 | トップページ | »加重収賄で登米市職員の男逮捕(15日)TBS »

2019年5月14日 (火)

サウジ実業家から20億円受領=ゴーン被告、特別背任事件-東京地検(14日)時事

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がサウジアラビアの知人実業家側へ不正送金したなどとして会社法違反(特別背任)罪で起訴された事件で、ゴーン被告が実業家側から2000万ドル(当時のレートで約20億円)を受け取っていたとみられることが、14日までの東京地検特捜部の調べで分かった。
 特捜部は同日、東京地裁に起訴内容の変更を請求。変更後の起訴状に2000万ドル受領を盛り込んだ。知人側への不正送金の背景を明確にする狙いがあるとみられる。
 特捜部の変更請求によると、2000万ドルは2008年10月、旧知の実業家ハリド・ジュファリ氏の関連会社から、ゴーン被告の資産管理会社名義の証券口座に提供された。特捜部は、同被告が日産に付け替えたとされる私的損失を資産管理会社に戻す際、ジュファリ氏側から受けた協力内容についても追加請求した。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051401331&g=soc

« 釧路署の警官が断りなく立ち入り 「不適切」指摘受け、道警謝罪(14日)西日本 | トップページ | »加重収賄で登米市職員の男逮捕(15日)TBS »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釧路署の警官が断りなく立ち入り 「不適切」指摘受け、道警謝罪(14日)西日本 | トップページ | »加重収賄で登米市職員の男逮捕(15日)TBS »