« 2019年5月20日 (月) | トップページ | 2019年5月22日 (水) »

2019年5月21日 (火)

2019年5月21日 (火)

地裁の書類に不備、容疑者ら釈放 数人は別容疑で再逮捕(21日)朝日

さいたま地裁が今月、窃盗などの容疑者約10人の勾留延長を許可する際、規則で定められた裁判所の書記官名を必要書類に記載していなかったことが、同地裁などへの取材でわかった。勾留延長後にさいたま地検が不備に気づき容疑者らを釈放。埼玉県警は、うち数人を急きょ別の容疑で再逮捕した。専門家は「慎重を期すべき強制力を伴う手続きでの誤りは問題だ」と指摘している。
 地裁や捜査関係者らによると、書類は2日に地裁が勾留延長を決定した際、地検に交付した勾留状。刑事訴訟規則は「裁判所書記官が、交付の年月日を記載して記名押印しなければならない」と定めているが、記名押印がなかった。
 勾留状を受けた地検は、県内の複数の警察署に勾留されていた容疑者らの勾留延長手続きを経て勾留した後、記載漏れに気づき釈放。県警は半数を別の容疑で再逮捕し、ほかは任意捜査に切り替えた。
 地検が7日、勾留状の有効性を地裁に尋ねた際には「影響がないと考える」との回答を得たという。地裁はこの見解について朝日新聞の取材に「担当裁判官の判断」などと答えたが、詳細は明らかにしていない。地検が容疑者を釈放したのは、より適正な手続きに基づく捜査を行うためとみられる。
 刑事訴訟法に詳しい渡辺修甲南大法科大学院教授は「初歩的なミス」としたうえで「勾留状の作成権限は裁判官にあり、書記官の記名押印がないだけで直ちに無効とはならないと考えられるが、ミスが続けば令状審査のあり方に不信感を抱かせる。再発防止を徹底すべきだ」としている。(山口啓太)
https://www.asahi.com/articles/ASM5P4HCRM5PUTNB00H.html

| コメント (0)

邦人死亡テロ、中心人物拘束=元立命館大准教授の男-バングラ(21日)時事

【ニューデリー時事】バングラデシュのメディアは20日、首都ダッカで日本人7人を含む人質20人が殺害された2016年のテロの中心人物とされる日本国籍の元立命館大准教授、モハマド・サイフラ・オザキ容疑者が、イラクで拘束されていると報じた。ダッカでのテロには、過激派組織「イスラム国」(IS)の関与が疑われている。

〔写真特集〕ダッカで飲食店襲撃

 オザキ容疑者は今年3月にシリア東部でクルド人部隊に投降し、イラク北部スレイマニヤに身柄を移された。また、一緒に行動していた日本人の妻と子供2人は空爆で死亡したという。
 同容疑者は16年のテロの際、バングラデシュ国内の過激派とISとの連絡役を務めたほか、資金調達や、バングラデシュの若者をISに送り込む際の勧誘役も担った疑いがある。警察が指名手配し、行方を追っていた。
 バングラデシュ出身のオザキ容疑者は02年に日本に留学。立命館大で経営学を教えていた16年1月に無断欠勤が発覚し、解雇された。この前後にシリアに渡航したとみられている。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052101136&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

現金盗んでわいせつ行為 容疑の45歳男を逮捕 神奈川県警(21日)産経

無断でマンションに侵入して現金を盗んだうえ、住人の女性にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警藤沢北署は21日、窃盗と強制わいせつなどの疑いで、自称会社員の前嶋純容疑者(45)=同県横須賀市太田和=を逮捕した。「全く何もやっていません」と容疑を否認している。 逮捕容疑は3月25日午前1時ごろ、地方公務員の女性(22)=同県藤沢市=の自宅マンションに無断で侵入し、現金約2万円を盗んだうえ、女性の上半身を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。
 同署によると、前嶋容疑者と女性に面識はなく、女性が就寝中に気配を感じて目を覚ますと、足元に前嶋容疑者が立っていたという。大声を出すと、前嶋容疑者は「騒ぐな」と言って胸などを触って逃走した。逃走後、女性は現金を盗まれていることに気がついた。付近の防犯カメラの映像などから前嶋容疑者が浮上した。https://www.sankei.com/affairs/news/190521/afr1905210026-n1.html

| コメント (0)

女子高生2人を買春 容疑の42歳会社員男逮捕 神奈川県警(21日)産経

いずれも当時17歳で高校2年だった女子生徒2人に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、神奈川県警都筑署は21日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、東京都墨田区押上の会社員、出野裕之容疑者(42)を逮捕した。容疑を認めている。 逮捕容疑は昨年11月28日午後7時20分ごろから約10分の間に、横浜市港北区の駐車場に止めた車の中で、同区と緑区に住む女子高校生2人に現金を渡し、わいせつな行為をしたとしている。
 同署によると、出野容疑者と女子高校生の一方が会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合ったという。同署が余罪の有無などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190521/afr1905210022-n1.html

| コメント (0)

強制起訴制度、開始から10年 検察権限に風穴、9件で有罪2件(21日)共同

検察審査会の議決に一定の法的拘束力を持たせた強制起訴制度の開始から21日で10年となった。この間、検察の不起訴処分について遺族らから審査を申し立てられたのは延べ約2万人に及び、13人(9事件)が強制起訴に至った。起訴判断を一手に握る検察の権限に風穴をあけたとの評価がある一方、有罪は2事件2人にとどまり、制度を疑問視する声もある。
 強制起訴制度を盛り込んだ改正検察審査会法は、裁判員法とともに2004年5月に成立し、09年5月に施行された。検察が起訴を見送った事件でも検察審査会が2度「起訴相当」と判断すれば、対象者は強制的に起訴される仕組みになった。
https://this.kiji.is/503494290410079329?c=39546741839462401

| コメント (0)

7歳男児が交番に相談 父親を逮捕 首絞めなど けがさせた疑い(21日)NHK

仙台市泉区で、7歳の息子の首を絞めて投げつけるなどしてけがをさせたとして、29歳の父親が警察に逮捕されました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190521/k10011923681000.html

逮捕されたのは仙台市泉区の建設作業員、本郷広直容疑者(29)…

| コメント (0)

隣人殺害容疑 男性を不起訴に(21日)NHK

ことし1月、埼玉県川口市で隣の家に住む男性を刃物で刺して殺害したとして送検された50歳の男性について、さいたま地方検察庁は不起訴にしました。
ことし1月31日の夜、埼玉県川口市で、50歳の男性が隣の家に住む石井丈士さん(64)の胸や腹を刃物で刺して殺害したとして殺人の疑いで送検されました。
当時、警察の調べに対し「殺すつもりで刺した」などと供述していたということです。
その後、さいたま地方検察庁は責任能力を調べる精神鑑定を行いましたが、21日、不起訴としました。
不起訴の理由については明らかにしていません。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20190521/1100005422.html

| コメント (0)

»女性尾行し侵入100万円強奪か、“刃物”突きつけ「殺しに来た」(21日)TBS

女性の後をつけてマンションのオートロックの入り口を通り抜け、女性の部屋に押し入って現金100万円を奪ったとして、36歳の男が警視庁に逮捕されました。 逮捕されたのは東京・北区の星野祐治容疑者(36)で、今年1月、新宿区のマンションで37歳の女性の部屋に押し入り、刃物のようなものを突きつけて「お前を殺しに来た」「現金でいくら出せるんだ」と脅し、100万円を奪った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、星野容疑者は帰宅途中の女性の後をつけてオートロックの入り口を通り抜け、部屋に押し入ったということです。取り調べに対し、「借金があり、100万円をとったことは間違いないが、刃物は使っていない」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3678759.html

| コメント (0)

»少年9人が“オヤジ狩り”、奪った金でファミレスで食事(21日)TBS

遊ぶ金欲しさに東京・町田市の路上で会社員の男性を集団で襲い、現金を奪ったとして、少年9人が警視庁に逮捕されました。 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、町田市に住む鉄筋工の16歳の少年ら9人です。9人は今年1月20日未明、町田市南成瀬の路上で帰宅途中の会社員の男性(40)に「なにシカトしてんだよ。金を置いていけよ」などと脅して取り囲み、殴ったり蹴ったりして軽傷を負わせたうえ、現金およそ1万3000円などを奪った疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、鉄筋工の少年が他の8人にLINEで呼びかけ、手分けをして襲う相手を探していたということです。奪った金はファミリーレストランでの食事代に使ったということで、取り調べに対し9人はいずれも「遊ぶ金が欲しくてやった」などと容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3678780.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

Photo 首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル)
減ってはいるのだが…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_65 F1014771  治安情勢を観察する場合の指標となるのが重要犯罪。殺人や強盗、放火、強制性交、略取誘拐・人身売買、強制わいせつの6罪名ある。いずれも体感治安に影響を与える犯罪だ。
 警察庁によると重要犯罪の平成31年4月までの認知件数が2937件で前年同期に比べて177件の減少。検挙率は84.0%で同1.7ポイントのダウン。
 6罪名の中で最も認知件数が少ないのは略取誘拐・人身売買で90件。この事件は児童たちが登下校時にさらわれるなど重大事犯だが、その検挙率が前年同期より14.5ポイントもダウンして74.4%だった。
 最も認知件数が多いのは強制わいせつの1320件だが、前年より153件減っている。ところが同じ性犯罪の強制性交が74件も増えて419件になってしまった。しかし、検挙率が89.7%と高いのが救いだ。
 殺人事件も認知件数が42件も増加して336件になってしまったが、検挙率が前年より2.9ポイントアップして96.1%と重要犯罪のなかでは最も高い。
 認知件数のランキングは東京の412件、大阪の368件、埼玉の242件、兵庫の186件、愛知の182件と続いている。中でも兵庫は前年より25件も増えている。
 検挙率のランキングは熊本の133.3%をトップに宮崎、神奈川など10県が100%台だった。
 低かったのは秋田と鳥取の各50.0%、岐阜の55.0%、広島の57.1%、高知の58.0%など。
 刑法犯の認知件数全体が大幅に減らしているのに重要犯罪は減ってはいるもののたったの177件。さあ、次の時代に期待だ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
1041

 

 

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

»タイで拘束の日本人15人に逮捕状、振り込め詐欺グループ (21日)TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3678250.html


★デパート従業員装い電話カード詐取か、詐欺G受け取り役逮捕(19日)TBS
★米企業社員装い6000万円詐取、容疑の男逮捕(17日)産経
★古い消化器を磨き〝新品〟と偽ったか、買い替え持ちかけた逮捕(16日)TBS
★競馬予想名目で現金詐取容疑の男逮捕 警視庁(15日)産経
★詐欺未遂で国士舘大生逮捕、詐欺グループのリクルーター役も (12日)TBS
★「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出 (11日)朝日
★弁護士かたる男らに、72歳女性が2600万円だまし取られる (8日)産経
★去年の特殊詐欺“過去最悪”、警視庁が民間に協力呼びかけ (7日)TBS
★東京で特殊詐欺防止イベント、被害女性が注意呼びかけ (6日)TBS
★キャッシュカード窃取多発=すり替え手口、被害19億円-警察庁が注意呼び掛け (5日)時事
★「NHKのアンドウ」わずか1分半で、不審電話の手口は(2日)朝日
★犬の名前、答えられず…電話の相手は息子ではない 茨城のグループ、詐欺未遂の疑いで男ら4回目逮捕(30)共同
★還付金詐欺、さいたまで相次ぐ 60代の女性2人が被害 215万円だまし取られる 浦和署(29日)共同
★タイ拠点の特殊詐欺、日本人15人 警視庁捜査へ(26日)TBS

| コメント (0)

静岡新聞カメラマン再逮捕=あおり運転の疑い-静岡県警(21日)時事

前を走る車にあおり運転をしたとして、静岡県警は21日、暴行容疑で静岡新聞社東部総局編集部カメラマン水島重慶容疑者(27)=同県沼津市市場町=を再逮捕した。「あおったりはしていない」と容疑を否認しているという。

堺あおり運転死亡、男に懲役16年=「あえて衝突」殺人罪認める-大阪地裁支部

 再逮捕容疑は3月3日午後3時ごろ、沼津市内で普通乗用車を運転中、約700メートルにわたり、男性(54)が運転する軽乗用車に対し、車間距離を著しく詰めるなどした疑い。
 水島容疑者は、運転中に交差点を曲がり切れず、別の車に衝突して運転手にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で今月8日に逮捕され、9日釈放されていた。県警は、事故の直前に水島容疑者があおり運転をしていたとみて捜査していた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052100607&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

ミスド門司駅前店で不適切動画(21日)西日本

 ダスキンが展開する「ミスタードーナツ」の門司駅前店(北九州市)で、元アルバイトの男性が調理場に立ち入り、ドーナツを作る器具や食材に触れる様子を動画に撮影していたことが21日、分かった。投稿サイトに一時掲載され、顧客からの指摘で判明したという。
 ダスキンによると、男性は約30年前に同店でアルバイトをしており、現在の店長は当時の同僚。17日午後に店を訪れた男性を事務所に迎え、店長が接客のため離れた間に撮影したという。
 動画では、男性が「懐かしい」などと話しながら器具に触れる様子や、ドーナツにかけるチョコレートを指でなめたような場面が収録されていた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/511745/

| コメント (0)

G20、鉄道・ホテル連携でテロ訓練(21日)産経

 6月28、29日に大阪市で開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に備え、京阪電鉄とリーガロイヤルホテルは21日、大阪市北区の京阪中之島駅などで、大阪府警天満署や消防と合同で約100人態勢のテロ対策訓練を行い、連携を深めた。
 訓練は、渡辺橋-中之島駅間を走行中の車内で薬物が散布されるテロが発生し、犯人が避難した利用者に紛れて中之島駅直結の通路からリーガロイヤルホテル内に逃げた-と想定。防毒マスクをつけた警察官や防護服の消防隊員が電車内の負傷者を運び出した上、ホテルのロビーで従業員らが犯人役を取り囲み、取り押さえる流れを確認した。
 京阪電鉄とリーガロイヤルホテルが合同でテロ対策訓練を行うのは初めて。京阪電鉄安全推進部の近藤恵一課長は「サミットに向けて連携の強化が必要。訓練で浮かんだ反省点を改善していきたい」と話した。
https://www.sankei.com/life/news/190521/lif1905210025-n1.html

| コメント (0)

大阪の中1男女殺害で死刑確定 被告が控訴取り下げ(21日)共同

2015年8月に大阪府寝屋川市の中学1年の男女を殺害したとして殺人罪に問われた山田浩二被告(49)が控訴を取り下げ、求刑通り死刑を言い渡した大阪地裁判決が確定したことが21日、分かった。大阪高裁によると、取り下げは18日付。
 昨年12月19日の大阪地裁の裁判員裁判判決によると、被告は15年8月13日ごろ、大阪府またはその周辺で、平田奈津美さん=当時(13)=の首を手などで圧迫し窒息死させた。星野凌斗さん=当時(12)=の首も何らかの方法で圧迫し窒息死させた。
https://this.kiji.is/503432427512677473?c=39546741839462401

| コメント (0)

»7歳長男に暴行 傷害で父親逮捕、首を絞め投げつける(21日)TBS

 仙台市内の自宅で7歳の長男に対し、首を絞めて投げつけるなどの暴行を加え、けがをさせたとして、父親が傷害の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、仙台市泉区の建設作業員・本郷広直容疑者(29)です。警察によりますと、本郷容疑者は今月12日の夜、自宅で小学2年の7歳の長男に対し、首を絞めて床に投げつけたり、腹を蹴ったりといった暴行を加え、全身打撲など全治2週間のけがをさせた疑いがもたれています。
 長男は当日、自ら交番に駆け込み、その後、児童相談所に保護されました。長男の全身には、複数のあざがあったということです。
 取り調べに対し、本郷容疑者は容疑を認めているということです。警察が、日常的に虐待がなかったか詳しく調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3678758.html

| コメント (0)

»弁当配送車内で女性に性的暴行か、アルバイトの男逮捕(21日)TBS

 弁当店のアルバイトの男が、配送中に車の中で40代の女性に性的暴行を加えようとし、顔にけがをさせたとして警視庁に逮捕されました。
 強制性交傷害の疑いで逮捕されたのは、東京・杉並区に住む弁当店アルバイト・手呂内遼容疑者(22)です。今年3月、弁当の配送中、江戸川区の路上に止めた車の中で、出会い系アプリを通じて知り合った40代の女性の口をふさいで「騒いだら殺すぞ」などと脅し、性的暴行を加えようとして顔や背中に全治1週間のけがをさせた疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、手呂内容疑者は荷物を取るふりをして後部座席に移動した直後に襲っていて、取り調べに対し容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3678760.html

| コメント (0)

トラックが歩行者はねる4人けが(21日)NHK

21日午前、東京・港区の交差点でトラックが歩行者をはねたあと、乗用車や小学生などを乗せた観光バスに衝突する事故があり、歩行者ら4人がけがをしました。
警視庁が詳しい状況を調べています。

21日午前9時半すぎ、東京・港区新橋の交差点で、トラックが歩行者3人をはねました。
トラックはその後、右側から来た乗用車に衝突し、その反動で反対車線に停車していた観光バスに正面衝突しました。
警視庁によりますと、この事故で、交差点付近を歩いていた歩行者3人と、トラックの運転手のあわせて4人がけがをして病院に搬送されました。
命に別状はないということです。
トラックが衝突した観光バスには小学生など45人が乗っていましたが、いずれもけがはなかったということです。
現場は、JR新橋駅から南に300メートルほどの信号のある交差点で、警視庁は、目撃情報などからトラックが赤信号を無視して交差点に進入したとみて、詳しい状況を調べています。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190521/0029958.html

| コメント (0)

神奈川県など約3200戸が停電(21日)NHK

東京電力によりますと、関東地方では20日夜から断続的に停電が発生し、正午現在、千葉県、神奈川県、茨城県であわせておよそ3200戸が停電しているということです。
東京電力が復旧を急ぐとともに、荒れた天候の影響かどうかなど原因を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190521/1050006090.html

| コメント (0)

藤沢市で建物の足場が倒れる(21日)NHK

神奈川県藤沢市では、21日午前10時前、修繕中のアパートの足場が倒れ、警察は強風の影響とみてくわしい状況を調べています。
警察によりますと、21日午前9時50分ごろ、藤沢市羽鳥で、外壁を修繕中の3階建てのアパートに設置されていた足場が倒れたということです。
この倒壊によってけがをした人はいないということで、現場では、隣接する道路の片側を規制して業者が対応を進めています。
現場の近くにいた男性は、「風がだいぶ強く足場が揺れていたので危ないと思った」と話しています。
警察では、強風の影響とみられるとして、くわしい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190521/1050006087.html

| コメント (0)

2億5千万円詐取疑いで男2人逮捕 「限定フェラーリ購入可能」と偽り 警視庁 (21日)日経

高級スポーツカー「フェラーリ」の限定車を購入できると偽って2億5千万円をだまし取ったとして、警視庁麻布署は10日までに、ともに職業不詳の吉田栄一容疑者(57)=東京都台東区=と、萩孝人容疑者(51)=同新宿区=の2人を詐欺容疑で逮捕した。
同署によると、吉田容疑者は容疑を認めているが、萩容疑者は「被害者と吉田容疑者を仲介しただけで私もだまされた」と否認している。
逮捕容疑は2015年12月~16年1月に「フェラーリの限定車を特別なルートで手に入れることができる」などと偽って、モナコ公国籍の50代男性らから2億5千万円を詐取した疑い。吉田容疑者は昨年11月、限定生産のポルシェを購入できると偽って、現金を詐取した疑いで逮捕され、その後、起訴されている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44616310Q9A510C1CC0000/

| コメント (0)

利根川で氾濫危険水位超える 群馬 みなかみ町(21日)NHK

群馬県によりますと、利根川は21日午前11時20分、みなかみ町の月夜野橋観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位を超えました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190521/k10011923481000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

県によりますと、これまでの雨に加えて上流のダムで放流が行われているため…

| コメント (0)

銀行支店に車が衝突 同乗の高校生が軽傷 愛知・東海(21日)朝日

21日午前6時5分ごろ、愛知県東海市富木島町伏見2丁目の十六銀行東海支店に、同市のパート女性(51)が運転する乗用車が衝突し、入り口のシャッターやガラスを壊した。この事故で、乗用車に同乗していた高校生の息子(16)が軽いけがをした。
 県警東海署によると、乗用車は支店前の交差点で同県東浦町の会社員男性(31)運転の軽乗用車と衝突し、その弾みで支店にぶつかったという。事故当時、支店内に従業員はいなかった。
https://www.asahi.com/articles/ASM5P3F22M5POIPE002.html

| コメント (0)

国家機密窃取で懲役15年 中国、50代日本人男性に(21日)日経

【北京=共同】中国海南省の中級人民法院(地裁)は20日、2017年に同省で温泉開発の地質調査中に拘束された50代の日本人男性に対し、国家機密を不法に入手、分析し、海外に提供した罪で懲役15年と10万元(約160万円)没収の実刑判決を言い渡した。日中関係筋が明らかにした。
中国では15年以降、スパイ行為に関わったなどとして少なくとも日本人9人が起訴され、判決が出たのは今回で7人目。全員が実刑判決を言い渡されており、今回が最も重い量刑となった。
男性は中国遼寧省大連市の温泉開発コンサルタント会社「大連和源温泉開発」の責任者。中国メディアは男性の拘束が判明した際、ノートパソコンなどから地図を含む大量の機密関連資料が見つかったと報じていた。判決で具体的にどのような行動が問題視されたかは明らかになっていない。
温泉開発を巡っては日本人男性6人が山東省と海南省で拘束された。うち4人は帰国したが、17日に山東省の裁判所で懲役5年6月の実刑判決を受けた70代男性と、今回判決を受けた男性が起訴されていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45051780R20C19A5CR0000/

| コメント (0)

遺体は医師と確認 殺人で捜査(21日)NHK

19日、東根市のマンションの1室で死亡しているのが見つかった女性は、この部屋に住む50歳の医師と確認されました。
頭には強く殴られたような痕が見つかり警察は殺人事件と断定し、捜査本部を設置しました。
19日午後6時前、東根市さくらんぼ駅前にあるマンションの1室で女性が死亡しているのが見つかりこの部屋で1人暮らしをしていた医師の矢口智恵美さん(50)と確認されました。
警察によりますと、矢口さんの遺体を詳しく調べた結果、死因は「頭蓋内損傷」で頭には強く殴られたような痕があったということです。
警察は、殺人事件と断定し、20日夜、捜査本部を設置しておよそ120人態勢で本格的に捜査しています。
矢口さんは、隣の村山市にあるクリニックの院長をしていましたが、警察やクリニックによりますと、5月18日の午後11時前にスタッフと電話で話したのを最後に連絡が取れなくなり19日部屋を訪ねてきた弟が、頭から血を流して倒れている矢口さんを見つけたということです。
警察は、矢口さんが5月18日の夜以降に殺害されたとみて、付近の防犯カメラの映像を分析するなどして不審な人物の出入りがなかったか調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20190521/6020003686.html

| コメント (0)

「高齢者の安全運転施策や園児の安全確保を」首相(21日)NHK

東京 池袋で高齢者が運転する車が歩行者などを次々にはね、3歳の女の子が犠牲となるなど、相次ぐ重大な事故を受けて、安倍総理大臣は関係閣僚会議で、高齢者の安全運転を支える施策の充実や、園児などの移動経路の安全確保など、対策を強化するよう指示しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190521/k10011923351000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

先月19日、東京 池袋で高齢者が運転する車が歩行者などを次々にはねて3歳の女の子など12人が死傷したほか、今月8日には大津市の…

| コメント (0)

»静岡・浜松市で避難勧告(21日)TBS

 大雨の影響で静岡県浜松市は市内に住む2931人に対して、避難勧告を出しました。
 現在、大雨が降っているところはこの後も各自治体からの情報などに注意してください。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3678725.html

| コメント (0)

患者情報など3700人流出疑い 多摩北部医療センター 医師に不正アクセス(21日)産経

東京都保健医療公社は20日、運営する多摩北部医療センター(東村山市)の男性医師のメールアカウントに不正アクセスがあり、患者や医療関係者など計約3700人分の個人情報が流出した疑いがあると発表した。患者の氏名や住所、病名などが流出した可能性もある。男性医師のパソコンがウイルスに感染し、この医師をかたったスパム(迷惑)メールが届いていることも報告されており、同公社は不審なメールを開かないよう呼び掛けている。 流出した疑いがあるのは、男性医師のメールボックス内に保存されているアドレスなど。8335件のメールのうち、本文や添付ファイルに患者などの個人情報が含まれるものは24件あり、計3671人分の情報が含まれていた。都庁職員や医療関係者など計10人のアドレスに対しスパムメールの到達が確認されている。
 同公社によると、男性医師が不審なメールを開いたことで、ウイルスに感染した可能性が高いという。同公社は今回の案件で、業務用のパソコンを外部から閲覧できる機能を制限。情報流出の可能性がある人には、おわびと注意喚起の手紙などを送った。
 同センターの高西喜重郎副院長は「多大なる不安と迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる。再発防止策を徹底する」と謝罪した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190520/afr1905200034-n1.html

| コメント (0)

オートロック不正解錠→住人殴る 「珍しい手口」に注意(21日)朝日

 千葉県船橋市マンションで、業者を名乗る男がオートロックを不正に解錠して共有スペースに侵入し、住民の男性が暴行される事件があった。千葉県警船橋署は傷害事件として捜査。専門家は珍しい手口だとしており、注意を呼びかけている。
 被害を受けた男性(48)によると、事件が起きたのは3月3日、日曜日の午後5時ごろ。自宅で妻とくつろいでいると、オートロックの呼び出し音が鳴った。画面には作業服を着た30代くらいの男が映っており、「風呂場の点検をしに来た」と説明された。応答していると、会話の途中で画面が突然消えた。不審に思って自宅玄関の外に出ると、エレベーターから出てきた男と鉢合わせに。男性は、オートロックを解錠した覚えはなかった。
 男は男性を見るなり、「なんで突然(インターホンを)切ったんだ」「これまでに何度も来ているのに」などと強い口調で詰め寄ってきた。男性が「切っていません」と言い返すと、男に胸ぐらをつかまれ、ほおを殴られた。「やめてくれ。警察を呼ぶぞ」と大声を出したが、男からさらに数発、顔を殴られた。男性は意識が遠のき、頭から床に倒れたという。
 室内にいた妻が異変に気付いて110番通報。外に出ると、男性が気絶していて、階段を駆け下りる男の足が見えたという。男性は脳振盪(のうしんとう)や顔面打撲などのけがを負った。
 男性は翌日、警察官らとともにマンションのエントランスに設置された防犯カメラの映像を確認。バインダーを持った男がインターホンを鳴らす様子が映っていた。男はその後、紙のようなものをオートロックの自動ドアの隙間に差し込み、動かした。すると、センサーが誤作動したのか、自動ドアが開いた。男は小走りで、エレベーターへ向かっていった――。
 元埼玉県警刑事で防犯コンサルタントの浅野真樹(まさき)さんによると、こうしたやり方で自動ドアに誤作動を起こさせる手口はめずらしいといい、「通り魔的な犯行は考えにくく、本人に覚えのないささいなトラブルへの逆恨みの場合もある」と分析。「業者などを名乗っても、安易に自室の鍵を開けず、のぞき窓などやインターホンの画面などで相手をよく確かめてから対応してほしい」と話した。
 船橋署によると、管内で同じ手口の事件は起きていないというが、「対応に困ったら、ためらわずにすぐ110番通報してほしい」としている。(松島研人)
https://www.asahi.com/articles/ASM5F527GM5FPITB00S.html

| コメント (0)

市民判断の「破棄率」上昇=高裁で見直し1割超-裁判員制度導入10年・最高裁(21日)時事

 裁判員裁判の判決を控訴審が覆す「破棄率」が上昇傾向にあることが20日までの最高裁のまとめで分かった。は21日で導入10年。破棄理由の最多は被害者側との示談や弁償など、一審判決後に生じた事情の変化だったが、制度の浸透やその後の最高裁判決で、市民判断を見直すことへの高裁裁判官の心理的ハードルが低くなっている可能性もある。
 最高裁によると、制度導入前3年間の平均で17%台だった破棄率は、09年5月の導入後に急減。そもそも控訴審数が少ない09年は比較できないが、3年目に入り、高裁での審理が本格化した11年は7%台で、導入前より約10ポイント下がっていた。12、13年も5~6%台にとどまり、高裁裁判官が市民判断を尊重する姿勢がうかがえた。
 だが、導入6年目の14年になると、2倍近くの11.3%まで急上昇。翌15年は最高の14.2%に達し、16年も13.0%と高水準を維持した。17年に9.2%まで下落したが、18年は11.9%と再び1割を超えた。
 法曹関係者が「転機」と指摘するのが、14年の最高裁判決だ。最高裁は、裁判員が被告に求刑の1.5倍に当たる懲役15年を言い渡した虐待死事件で、「他の裁判結果との公平性は保持されなければならない」と判示。最高裁として初めて裁判員の量刑判断を見直し、以降、高裁裁判官の関与が強まったとみられる。
 この2年半前、最高裁は覚せい剤密輸事件の判決で、制度導入後の控訴審の在り方について、一審の誤りをチェックする「事後審」に徹するべきだと強調。「明らかに不合理でなければ一審判決を尊重すべきだ」と指摘し、「裁判員裁判はアンタッチャブル」(関係者)との空気が広まっていたという。
 控訴審の在り方については、裁判所内部で議論が続けられている。市民判断の尊重とのバランスをどう取るのか、今後も模索が続く。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052000579&g=soc

| コメント (0)

昨年の特殊詐欺、1万6千件超(21日)西日本

警察庁は20日、昨年1年間の「おれおれ詐欺」など特殊詐欺の認知件数について確定値を発表した。2月に公表した暫定値より3件多い1万6496件で、8年ぶりの減少。被害額は前年より約30億8千万円少ない約363億9千万円だった。 摘発者数は前年より238人多い2686人で確定。警察庁は「依然として情勢は深刻。電話をかける『かけ子』や現金を受け取る『受け子』の摘発から突き上げ捜査を徹底する」としている。
 認知件数の内訳は、子や孫などを装って金をだまし取るおれおれ詐欺が9145件で最多。架空請求詐欺は4844件で、この二つの手口で全体の約84・8%を占めた。https://www.nishinippon.co.jp/item/o/511564/

| コメント (0)

【変わる法廷 裁判員制度10年(1)】崩れた供述依存 コールドケース、物証で光(21日)産経

「罪を償いたい」。昨年11月、警視庁の事情聴取を受けていた男(43)は「自分がやった」と暴行を認め、わずか1歳で命を終えた女児への償いを口にした。

 平成19年3月、1人の女児が硬膜下血腫などによる気管支肺炎で死亡した。東京都新宿区のマンションで頭蓋骨(ずがいこつ)骨折を負い、病院に搬送されていた。当初、119番通報した義父の男は「目を離した隙にこたつから落ちた」と説明したが、警視庁は虐待を疑った。男が暴行を認めたのは3回目の聴取。女児の死亡から10年以上が経過していた。
 「コールドケース」(未解決事件)となっていた女児死亡の経緯に光を当てたのは、徹底的な証拠の洗い直しだった。
 未解決事件などを扱う捜査1課の特命捜査対策室が昨年3月から捜査に入り、死亡当時に撮影していたコンピューター断層撮影装置(CT)画像を複数枚組み合わせ、女児の頭部の骨折部位を3Dで再現。「頭蓋骨の複数の亀裂は、事故ではあり得ない」。画像を見た医師ら11人の意見は一致した。また、壁や床に同じ材質を使って現場マンションを再現。体に比べて頭が重い女児の体格を忠実に再現した人形を作り、こたつから落ちただけではできない損傷だと裏付けた。
 「イライラして、こたつの上にいた娘を手で払った」。男は傷害致死容疑で逮捕された後、黙秘に転じた。同罪で起訴され、今後、裁判員裁判で裁かれる。視覚的な客観証拠にこだわった緻密な捜査は、裁判員裁判に向けた「分かりやすい立証」を見据えたものだった。
続きを読む

| コメント (0)

男性死亡、運転の23歳逮捕 「悪ふざけ」側面に友人 (21日)日経

愛知県警豊田署は20日、運転していた自動車を道路の防護壁に衝突させ、車体側面にしがみついていた友人の男性を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの疑いで、同県豊田市の会社員、瀬戸山怜志容疑者(23)を逮捕した。「悪ふざけで外に乗せたまま運転し、事故を起こした」と容疑を認めている。
逮捕容疑は19日午後11時25分ごろ、同市の国道で酒気を帯びた状態で運転し、スピードを出しすぎてカーブを曲がりきれず道路左側の電柱や防護壁に衝突。助手席側の車体側面に乗っていた同市の会社員、石原禄朗さん(22)を転落させ、多発外傷で死亡させた疑い。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45047470Q9A520C1CN8000/?n_cid=TPRN0026

| コメント (0)

新紙幣の偽造防止技術を公開 印刷局、原版彫る様子も(21日)共同

国立印刷局は20日までに、2024年度上期に全面刷新予定の新紙幣で採用する偽造防止技術などを報道関係者に公開した。世界で初めて導入する肖像画が立体的に見えるホログラムの技術を展示したほか、約20年間かけて一人前に成長する「工芸官」と呼ばれる技術者が、金属の板を彫刻刀で彫って原版を作成する様子も紹介した。
 公開したのは、1万円札などを製造する東京工場(東京都北区)の作業工程。新技術のため写真撮影は許可されなかったが、現行の1万円札の福沢諭吉で試作した肖像画が立体的に回転するホログラムや、精細さを増した最新のすかしの見本を見せた。
https://this.kiji.is/503226397467706465?c=39546741839462401

| コメント (0)

3億3000万円申告漏れ指摘 仮想通貨関連マニュアルなど販売(21日)NHK

仮想通貨に関連したビジネスで金もうけができるとしてノウハウやマニュアルなどを販売し多額の利益を得ていた46歳の経営者が個人の所得を申告せず、東京国税局からおよそ3億3000万円の申告漏れを指摘されていたことが関係者への取材でわかりました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190520/k10011922971000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

申告漏れを指摘されたのは、東京 千代田区で仮想通貨の関連会社を経営する…

| コメント (0)

G20警備強化呼びかけ時にドア暗証番号を誤送信 福岡空港(21日)NHK

福岡空港の運営会社が、G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に向け警備強化を呼びかける際、ドアの暗証番号が書かれた文書を誤って報道各社にファックスで送っていたことが分かりました。このドアから直接、制限区域には入れないということですが、会社は暗証番号を変更したうえで再発防止に努めたいとしています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190521/k10011923111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

福岡空港を運営する「福岡国際空港」によりますと、来月、福岡市で…

| コメント (0)

東日本中心に非常に激しい雨のおそれ 土砂災害など警戒を(21日)NHK

前線などの影響で、東日本の太平洋側を中心に21日昼すぎにかけて局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。雨のピークが通勤・通学の時間帯と重なるところもあり、交通への影響にも注意してください。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190521/k10011923151000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

気象庁によりますと、前線や湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定になり、東海を中心に局地的に雨雲が発…

| コメント (0)

« 2019年5月20日 (月) | トップページ | 2019年5月22日 (水) »