« 2019年5月10日 (金) | トップページ | 2019年5月12日 (日) »

2019年5月11日 (土)

2019年5月11日 (土)

»19年前の強盗致死事件、遺族らが情報提供呼びかけ(11日)TBS

 19年前、茨城県牛久市で当時17歳の少年が暴行を受けて死亡した未解決事件で、遺族らが情報提供を呼びかけました。
 2000年5月4日、牛久市のスーパーの駐車場で近くの土木作業員・藤井大輝さん(当時17)が少年とみられる男4人のグループに暴行を受け、その後、死亡しました。
 警察は強盗致死事件として捜査していますが4人の行方は分かっておらず、藤井さんの母親と捜査員らがつくば市のショッピングモールでチラシを配るなどして、情報提供を呼びかけました。
 事件の直前、現場近くのコンビニエンスストアの防犯カメラにはグループと見られる4人が映っていて、警察は重要参考人として動画を公開しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3671004.html

| コメント (0)

拉致問題、進展見通せず=訪米の菅官房長官、協力訴え(11日)時事

 【ニューヨーク時事】官房長官は10日(日本時間11日)、米ニューヨークの国連本部で開催された拉致問題に関するシンポジウムで講演し、「北朝鮮との相互不信の殻を破り、新たなスタートを切る」と述べた。首相が表明した前提条件を付けずに日朝首脳会談の実現を目指す政府方針を強調し、問題解決への協力を訴えた形だが、日朝会談への糸口はつかめず、解決に向けた進展も見通せていないのが実情だ。
 菅氏は講演で「一日も早い解決に向け、あらゆるチャンスを逃すことなく果敢に行動していく」との決意を表明。北朝鮮への経済協力に踏み切る可能性にも言及した。
 菅氏は昨年10月の内閣改造で拉致問題担当相を兼務した際、「前任者がやっていたことは全部やる」と事務方に指示した。就任後、新潟、沖縄両県などでの拉致関連集会に出席。今回の訪米もその一環だが、政府の危機管理を担う官房長官の外国訪問は異例だ。拉致問題に対する安倍政権の本気度をアピールし、国際社会の協力を促す狙いがあるとみられる。
 ただ、トランプ大統領が拉致問題を提起した2月の米朝首脳会談は物別れに終わり、北朝鮮は、拉致問題は解決済みとの立場を変えていない。
 安倍政権は打開策として日朝首脳会談を模索。3月の国連人権理事会で対北朝鮮非難決議の提出も見送り、柔軟路線に転じた。政府高官は「リスクのない交渉はあり得ない。北朝鮮の物言いがどう変わるか注意深く見ていく」と話す。
 菅氏が日本を離れる前後、北朝鮮は弾道ミサイルを相次いで発射する挑発行為に再び出た。安倍政権は柔軟路線を続ける方針だが、その戦略が奏功するかは不透明だ。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051100387&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

法務省矯正局が特別機動警備隊 東京拘置所に常設配置(11日)西日本

 法務省矯正局が、災害や暴動、テロの発生時に、刑務所など矯正施設の警備や地域支援を担う「特別機動警備隊」を発足させたことが11日、同省への取材で分かった。隊長を含む計56人の隊員を東京拘置所(東京都葛飾区)に配置。必要に応じて全国各地の現場に向かう。常設の警備隊を創設するのは初めてという。
 刑務所などの警備は通常、各施設所属の刑務官が当たる。ほかに各施設から選んだ計610人に、全国8カ所の矯正管区に所属する警備隊への兼務辞令を出しているが、緊急事態に対応しにくい側面があった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509295/

| コメント (0)

靖国神社近くの路上で男性自殺か 遺書らしき文書残す(11日)産経

 11日午前2時40分ごろ、東京都千代田区の靖国神社付近の路上で、前のめりに座った状態の男性の腹部に包丁が刺さっているのを巡回していた警視庁機動隊員が発見した。男性は病院に搬送されたが死亡。男性の近くには遺書とみられる文書が残されており、麹町署は自殺を図ったとみて、詳しい状況を調べている。
 同署によると、男性は都内に住む50代の会社員で、保守系団体「靖国会」に所属。死因は失血死とみられ、遺書とみられる文書は判別が困難だという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190511/afr1905110012-n1.html

| コメント (0)

山形でリフト停止160人宙づり 月山スキー場、2時間後に救出(11日)共同

11日午前10時半ごろ、山形県西川町の月山スキー場でリフトが電気系統のトラブルで停止し、乗っていたスキー客ら約160人が一時宙づりとなった。約2時間後に全員救出され、けが人はいなかった。
 スキー場の運営会社によると、トラブルが起きたのは長さ約千メートルのリフトで、運行再開のめどは立っていない。うまく降りられない乗客がいたため、係員がリフトをいったん停止。その後動かなくなったという。
 救出に当たったスノーボードのインストラクター大竹新さん(31)は「宙づりになった客の中には子どももいたが、大きな混乱はなかった」と話した。
https://this.kiji.is/499843397185176673?c=39546741839462401

| コメント (0)

妖怪たちが交通安全を呼びかけ(11日)NHK

幼い子どもが犠牲になる交通事故が各地で相次ぐ中、春の全国交通安全運動が11日から始まり、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるさんのふるさとの境港市では、妖怪たちが通りを練り歩き交通安全を呼びかけました。

春の全国交通安全運動では、子どもと高齢者の安全な通行の確保や、高齢ドライバーの交通事故の防止などを重点項目に各地で啓発活動が行われます。
このうち年間200万人の観光客が訪れる境港市の「水木しげるロード」には地元出身の漫画家、水木しげるさんの作品「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター、鬼太郎やねこ娘など10の妖怪が登場しました。
はじめに境港警察署の岡山幸男署長が「妖怪のパワーをもらって、悲惨な交通事故をなくす対策を進めたい」とあいさつしました。
パレードでは妖怪が音楽に合わせて警察官らと通りを練り歩き、観光客などにチラシを配って事故にあわないよう注意を呼びかけていました。
境港警察署交通課の中村恵一係長は「子どもが巻き込まれる事故が全国で相次いでいるので、保護者には子どもから目を離さないよう気をつけてもらいたい」と話していました。
鳥取県警察本部によりますと、ことしに入って今月10日までに鳥取県内で発生した交通事故で亡くなった人は9人で、半数以上を高齢者が占めています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190511/4040002575.html

| コメント (0)

死体遺棄容疑 指名手配の女逮捕(11日)NHK

千葉県東金市の雑木林に高齢の男性の遺体を遺棄したとして知り合いの男2人が逮捕された事件で、指名手配されていた70歳の女が11日、川崎市内で見つかり、逮捕されました。

逮捕されたのは、住所不定、無職の松本かほる容疑者(70)です。
警察によりますと松本容疑者は、すでに逮捕されているいずれも69歳の男2人と共にことし1月、千葉市中央区に住む知り合いの大内軍際さん(79)の遺体を東金市の雑木林に遺棄した疑いが持たれています。
警察は、男らの供述から松本容疑者も事件に関わった疑いがあるとして指名手配していました。
その結果、11日朝になって川崎市の武蔵小杉駅に似た人物がいるという通報が寄せられ、駅のベンチに座っていた松本容疑者の身柄を確保しました。
警察によりますと調べに対して容疑を認め、「男らと3人で土に穴を掘って遺体を埋めた」などと供述しているということです。
警察は事件のいきさつのほか、大内さんの死因についても詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190511/1080005730.html

| コメント (0)

»バス転落事故、運転していた男の会社を家宅捜索(11日)TBS

群馬県でマイクロバスが崖下に転落した事故で、警察はバスを運転していた男が経営する会社の家宅捜索を行いました。 群馬県南牧村では11日午前、崖下に転落したマイクロバスを引き上げる作業が行われました。
 マイクロバスは10日午後、停車中に突然、動き出して崖からおよそ20メートル下の沢に転落し、登山客12人が重軽傷を負いました。
 警察へのその後の取材で、バスが止まっていた場所からおよそ50メートル走行した後、転落したとみられることが分かりました。
 また、警察はバスを運転していた海老原功容疑者(66)を業務上過失傷害の疑いで逮捕していて、11日、茨城県守谷市にある海老原容疑者が経営する会社を家宅捜索しました。海老原容疑者は「サイドブレーキをかけたが、甘かったかもしれない」などと供述しているということで、警察は当時の状況を調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3671156.html

| コメント (0)

»運動会で突風 児童ら12人けが、福島・鏡石町(11日)TBS

11日午後、福島県鏡石町の小学校で、運動会の最中にテントが突風にあおられる事故がありました。児童ら12人がテントの直撃を受けて、けがをしています。 事故があったのは福島県鏡石町の鏡石第一小学校で、午後0時半すぎ、「校庭に設置してあるテントが風で飛ばされた」と、この学校の教員から通報がありました。
 警察によりますと、事故当時、小学校では運動会が行われていて、テントは児童らを直撃し、病院に搬送された3年生から6年生の児童7人を含む、12人がけがをしました。いずれも命に別状はないということです。
 小学校では運動会を中止して対応にあたり、警察が、事故当時の詳しい状況を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3671148.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日 単位・レベル)
検挙件数が増加
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_55 F1014785  振り込め詐欺のアジトが外国だったとは驚きだが、アジトの摘発こそ検挙の大きな武器になることから、不動産業界と連携するなどで対処している日本警察。連中は国内での厳しさから外国に活路を求めたのだろうか…。しかし、検挙活動に影響あるかと思いきや、なんと検挙件数が上がっている。
 警察庁によると平成31年3月現在の振り込め詐欺検挙件数は1261件で、前年同期の986件より324件も増えている。
 中でもオレオレ詐欺は783件の検挙で同93件の増。架空請求詐欺は372件で同177件も増えている。融資保証金詐欺は37件で同15件の増だった。
 ところで、認知件数や実質的な被害額が大幅に増加した還付金詐欺。検挙件数は69件と件数こそ少ないが、3月現在の件数は前年の30件より倍増している。
 「検挙に勝る防犯はない」と言われているが、この犯罪だけは検挙もさることながら、抑止だ。特に還付金詐欺の被害者は60歳以上に集中しており、70歳以上の高齢者が被害者全体の28.7%にものぼる。
 犯人がその時々の情勢にあわせて口述(手段)を変えてきており、被害者はそれ以上に賢くならなければならない。その指導内容にポイントが隠されているように思えてならない。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出 (11日)朝日
https://www.asahi.com/articles/ASM4K53V5M4KUTNB009.html


★弁護士かたる男らに、72歳女性が2600万円だまし取られる (8日)産経
★去年の特殊詐欺“過去最悪”、警視庁が民間に協力呼びかけ (7日)TBS
★東京で特殊詐欺防止イベント、被害女性が注意呼びかけ (6日)TBS
★キャッシュカード窃取多発=すり替え手口、被害19億円-警察庁が注意呼び掛け (5日)時事
★「NHKのアンドウ」わずか1分半で、不審電話の手口は(2日)朝日
★犬の名前、答えられず…電話の相手は息子ではない 茨城のグループ、詐欺未遂の疑いで男ら4回目逮捕(30)共同
★還付金詐欺、さいたまで相次ぐ 60代の女性2人が被害 215万円だまし取られる 浦和署(29日)共同
★タイ拠点の特殊詐欺、日本人15人 警視庁捜査へ(26日)TBS
★高齢男性から100万円だまし取ったか、特殊詐欺受け子 50歳男逮捕(26日)TBS
★特殊詐欺グループの現金回収役か、男を逮捕(25日)TBS
★特殊詐欺で指名手配、タイで逮捕の男を日本に移送・逮捕(20日)TBS
★拠点移し詐欺電話か 甲府市から千葉県に、警視庁 (18日)西日本
★中国へ詐欺電話か、山梨のアジトを取材 (17日)TBS

| コメント (0)

きょうから春の全国交通安全運動 子どもの安全など重点に(11日)NHK

幼い子どもが犠牲になる交通事故が相次ぐ中、子どもの安全な通行の確保などを重点にした春の全国交通安全運動が11日から始まります。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190511/k10011912051000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

警察庁によりますと、ことし交通事故で死亡した人は9日までに全国で1067人と、年間の死者が統計を取り始めて最少となった去年の同じ時期を…

| コメント (0)

「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出(11日)朝日

「必ずもうかる」という言葉につられ、逆にお金をだまし取られた――。そんなマルチ商法(連鎖販売取引)に関する20代の相談が突出している。2022年には成人年齢が18歳になり、借り入れ契約などを自由に結べる人が増える。被害の拡大を危ぶむ声もある。
 近年は大学内で勧誘されるケースも相次いでいる。埼玉県内の男子大学生は20歳になったばかりの17年夏、友人から「いいバイトがある」と言われ、30歳代の男を紹介された。
 バイトは中国の通販サイトの商品を国内で転売する内容。ノウハウ取得のため男の会社と50万円でコンサル契約を結ばなくてはならないが、会社に知人を紹介して新たなコンサル契約が結ばれれば10万円が支払われる、という内容だった。
 大学生は「50万円もの金はない」と断ったが、男は「500万円した」という腕時計を見せながら「必ずもうかる」と熱弁を振るった。結局、大学生は消費者金融でお金を借りて契約。しかし、その2日後、男とは連絡が取れなくなった。
 勧誘された人が新たな買い手を誘い込むことでマージンが稼げるマルチ商法。それに関する相談が国民生活センターに例年、全国で1万件前後ある。18年度は9759件で、年代別の最多は4割を占める20代だ。
 消費者問題に詳しい貞松宏輔弁護士(埼玉弁護士会)は「悪徳業者は成人になったばかりの人たちを積極的にターゲットにしている」と指摘する。社会経験や知識が乏しい一方、借り入れやローン契約で使えるお金が一気に増え、親の同意なしで契約ができるようになることが影響しているという。22年4月の改正民法施行で成人年齢が18歳になれば被害はさらに拡大するおそれがある。
 被害に遭った場合などは、消費者ホットラインの「188」や埼玉弁護士会の法律相談センター(048―710―5666)が相談に応じる。
 ただ「被害金を取り戻すのは簡単ではない」と貞松弁護士。裁判で勝訴しても相手側に支払い能力がないなど回収できないケースも多く「とにかく相手側にお金を支払う前によく考え、周囲の人に相談することが重要です」と話している。(釆沢嘉高)
https://www.asahi.com/articles/ASM4K53V5M4KUTNB009.html

| コメント (0)

仏特殊部隊、人質4人救出=兵士2人犠牲-ブルキナファソ(11日)時事

【パリAFP時事】フランス大統領府は10日、声明を出し、アフリカ西部ブルキナファソで仏軍特殊部隊による人質救出作戦が行われ、4人を救出したと発表した。一方「民間人救出のため犠牲になった2人を厳粛に追悼する」と述べ、作戦中に仏兵2人が死亡したことを明らかにした。
〔写真特集〕陸・海・空で活躍 世界の特殊部隊

 

 声明によると、救出された4人のうちフランス人は男性2人。残る2人は女性で米国人と韓国人。パルリ仏国防相はブルキナファソ、ベナン両国に加え米国の「貴重な支援」に謝意を表明した。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051001517&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

赤ちゃんポスト12年 20代中心に認知度課題 (11日)日経

親が育てられない乳幼児を匿名でも受け入れる国内唯一の施設「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)が10日、運用開始から12年を迎えた。設置する慈恵病院(熊本市)の蓮田健副院長は記者会見で「預け入れ数が低調だ。ゆりかごの存在を知らずに遺棄した事件もある」と述べ、20代を中心に施設の認知度を高めていくことを、今後の課題に挙げた。
病院は、実名を医療機関に明かすことなく女性が子を産める「内密出産」制度の実現を目指している。会見に同席した蓮田太二理事長は「人に(妊娠を)知られるぐらいなら、死にたいという親もいる」と指摘し、同制度と赤ちゃんポストの取り組みを合わせて行うことの必要性を強調した。
病院によると、2007年の設置から17年度末までに預け入れられた子は計137人。17年度は7人を保護した。18年度の預入数は、熊本市が5月中に公表予定。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44635480Q9A510C1ACYZ00/

| コメント (0)

尖閣沖 中国海警局の船4隻が接続水域を航行(11日)TBS

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190511/k10011912531000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

4隻は11日午前9時現在、尖閣諸島の大正島の西南西、約33キロから37キロを航行…

| コメント (0)

未明の名古屋駅でテロ対策訓練 陛下初の地方訪問に備え(11日)朝日

JR名古屋駅名古屋市中村区)で11日未明、新幹線車内でのテロを想定した訓練があった。JR東海の社員や愛知県警の警察官ら約90人が参加し、爆発物への対応や乗客の避難誘導などの手順を確認した。
 終電後の午前0時50分に始まった訓練は、新幹線「のぞみ」が走行中、乗客が座席に不審なカバンを発見したという想定で行われた。駅職員の通報を受けて駆けつけた県警機動隊の爆発物処理班が、不審物を撤去した。
 愛知県内では、6月に天皇陛下即位後初めての地方訪問になる全国植樹祭や、9月のラグビーワールドカップ(W杯)などを控えていることから、今回の訓練を実施した。
 JR東海の安藤貞典・名古屋駅長は「大きなイベントが控える中では備えあれば憂いなし。どんなことがあっても対応できるよう努めたい」。県警中村署の加藤久幸副署長は「実際の車内を用いて貴重な訓練となった。万全の態勢で警護にあたりたい」と語った。
https://www.asahi.com/articles/ASM5B5WFXM5BOIPE01T.html

| コメント (0)

遺族「いじめから命守れぬ」 法改正案“骨抜き”危惧 現場に配慮か「教員の懲戒規定」削除(11日)西日本

いじめ防止対策推進法の改正に向けた超党派国会議員勉強会(座長・馳浩元文部科学相)の議論に、いじめ自殺で子どもを失った遺族らの批判が噴出している。勉強会が昨年秋にまとめた「たたき台」にはいじめを放置した教員の懲戒規定などが盛り込まれたが、4月に示された「座長試案」は学校現場に配慮し、多くの項目が削除されたからだ。「誰を守る法律なのか」。骨抜きの改正案になりかねない事態に、遺族らは危機感を強める。
 「座長試案では学校を変えることはできず、子どもの命は守れない」「当初の案は希望を見いだす内容だったのに」…。4月22日、東京都内で記者会見した遺族らは次々に憤りと失望を口にした。いじめ問題の解決に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」の小森美登里理事は「命を救うための法律にしてほしい」と涙ながらに訴えた。
 今国会への改正案提出を目指す勉強会は昨年11月、遺族らへの意見聴取をした上でたたき台を作成した。各学校がいじめ防止基本計画を策定▽各学校にいじめ対策委員会を設置▽いじめを放置したり隠したりした教員の懲戒規定の新設-などを盛り込み、学校側の責務を明確にした。
 しかし、4月10日に示された座長試案はこれらのほとんどが削除され、「骨抜き」に。学校関係者への意見聴取で「業務が増加する」などの懸念が相次ぎ、教員の働き方や自主性などに配慮したためとされる。
 2006年、福岡県筑前町でのいじめ自殺で長男を亡くした森美加さんは、真相解明に当たる第三者委員会の人選を「利害関係のない人を2人以上入れる」とする座長試案に強い違和感を覚える。そもそも利害関係者の委員入りを禁じる現行法より後退するからだ。「ますます機能不全の第三者委になる危険性がある」と憤る。
 4月19日には、11年に大津市で自殺した中2男子の父親が記者会見し「子どもの命より大人の都合を優先する内容だ」と座長試案を批判し、遺族ら43組の連名で、たたき台の内容での法改正を求める意見書を勉強会に提出。5月9日には、いじめ被害者の女子高校生(17)やいじめ防止に取り組む団体が記者会見して「座長試案ではいじめ予防にならない」と訴えた。
 「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹さんは「(座長試案なら)改正しないほうがまし。学校現場で一番大切なのは子どもの命と安心安全で、それを後ろに追いやってはいけない」と指摘する。
   ◇    ◇
いじめ防止対策推進法

 2011年の大津市の中2男子いじめ自殺をきっかけに議員立法で成立、13年に施行された。いじめを「児童・生徒が心身の苦痛を感じているもの」と定義し、防止策や実態調査などを学校、自治体、国の責務と明記。施行後3年をめどに必要な措置を講じるとされているが、これまで見直しはされていない。=2019/05/11付 西日本新聞朝刊=https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509159/

| コメント (0)

復興補助金詐取罪で懲役7年 福島地裁、被害額11億円(11日)産経

東京電力福島第1原発事故からの復興を目的とした補助金や助成金計約11億円を福島県などからだまし取ったとして、詐欺罪に問われたプリンター製造販売会社の元代表取締役、古谷庄悟被告(53)=東京都大田区=に、福島地裁は10日、「震災復興の適正な進行を大きく妨げた」として、懲役7年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。 判決理由で柴田雅司裁判長は古谷被告らが計約11億2000万円をだまし取ったと認定、「公金に甚大な被害を与え、正当に交付を受けられたはずの企業への助成も阻害された」と述べた。弁護側は共謀者が中心的役割と主張したが、「だまし取ることについて意思を通じていた」として退けた。https://www.sankei.com/affairs/news/190510/afr1905100036-n1.html

| コメント (0)

痴漢疑われ線路に飛び降り JR赤羽駅、計33本遅れ(11日)産経

10日午後7時半ごろ、東京都北区のJR赤羽駅で、電車内での痴漢を疑われた男性がホームから線路に飛び降り、駅員が非常停止ボタンを押して電車を緊急停車させた。乗り入れている埼京線や京浜東北線などが速度を落として運転。上下線33本が最大約26分遅れ、約3万4000人に影響が出た。 警視庁赤羽署によると、通報を受けて捜索し、同署員が赤羽駅周辺で20代の男性を発見。都迷惑防止条例違反の疑いで事情を聴いている。男性は「捕まりたくなかった」という趣旨の説明をしているという。https://www.sankei.com/affairs/news/190510/afr1905100041-n1.html

| コメント (0)

クルーズ船客が観光地で失踪 18年、福岡で64人 (11日)日経

ビザなしで入国できる制度を悪用し、クルーズ船で入国して失踪した外国人が2018年に福岡県内で64人いたことが分かった。全国では約110人の失踪が確認されており、福岡を含めた九州が7割を占めた。失踪場所が観光地に集中し、人の多さにまぎれて逃走を手引きする組織も見え隠れする。警察は注意を呼びかけるが、今のところ抜本的な防止策はないのが実情だ。
福岡県警などは18年の1年で、博多港(福岡市)や若松港(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44629320Q9A510C1ACYZ00/

| コメント (0)

偽造在留カード横行 「最短2日」拠点、国内にシフト(11日)日経

不法な滞在や就労に悪用される偽造在留カードの売買が横行している。短期間で入手したい客の要望を受け、近年は偽造の拠点が海外から国内に移ってきた。注文から「最短2日」で届ける業者もいる。本物に似せる技術はより精巧になっており、法務省などは雇用主らに確認の徹底を求めている。
「誠心誠意、作ります」「お手ごろ価格で最高品質」。中国人やベトナム人がよく使う交流サイト(SNS)には、偽造在留カードの宣伝をす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44660640Q9A510C1CN8000/

| コメント (0)

バス エンジンかけたまま停車か(11日)NHK

10日、群馬県南牧村でマイクロバスが崖下に転落し14人がけがをした事故で、当時、バスは停車中でしたが、エンジンはかかったままの状態だったとみられることが警察への取材でわかりました。
警察は、サイドブレーキが不十分だった可能性もあるとみて、さらに調べています。
10日午後、群馬県南牧村にある烏帽子岳の登山口近くで車道に停車していたマイクロバスが突然動き出して道路脇の崖下に転落し、乗っていた登山客の男女18人のうち、3人が大けが、11人が軽いけがをしました。
警察は、運転手を務めていた茨城県守谷市の自営業、海老原功容疑者(66)を業務上過失傷害の疑いでその場で逮捕しました。
警察によりますと、当時、海老原容疑者は荷物の積み込みなどのため運転席から離れていて、その隙に車体が動きだし、50メートルほど進んで転落したということです。
また、その後の調べで、バスは停車した際もエンジンがかかったままの状態だったとみられることがわかりました。
警察はサイドブレーキが不十分だった可能性もあるとみて、停車したときの詳しい状況をさらに調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20190511/1060004453.html

| コメント (0)

園児2人死亡事故 複数の車からドライブレコーダー回収し分析(11日)NHK

大津市で保育園児の列に車が突っ込み、2人が死亡した事故で、警察が列に突っ込んだ軽乗用車のドライブレコーダー以外に、複数の車のドライブレコーダーを回収していたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、こうした映像をもとに事故の詳細な分析を進めています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190511/k10011912361000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

今月8日、びわ湖沿いの大津市の交差点で信号待ちをしていた保育園児と保育士の列に車が突っ込んだ事故では、2歳の園児2人が死亡、別の園児1人が意識不明の重体…

| コメント (0)

»茨城・古河市の住宅全焼した火事、焼け跡から身元不明の遺体(11日)TBS

 9日、茨城県古河市で住宅が全焼する火事があり、10日になって、焼け跡から身元不明の遺体が発見されました。
 9日午後、古河市仁連で、木造2階建て住宅が全焼する火事がありました。警察によりますと、この住宅には、50代の男性が妻(60)と2人で暮らしていましたが、火事があった当時は2人とも外出中で、家には誰もいないはずでした。
 ところが、10日、警察が現場検証をしたところ、焼け跡の2階から身元不明の男性の遺体が見つかりました。現場近くに住む高齢の男性と火事のあと、連絡が取れていないということで、警察は遺体の身元の確認を進めるとともに、出火原因などを調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3670570.html

| コメント (0)

»机に果物ナイフ、悠仁さまは「驚かれた様子」(11日)TBS

 秋篠宮家を支える宮内庁の側近トップが定例の記者会見で、悠仁さまの学校の机に果物ナイフが置かれた事件について触れ、悠仁さまは事件の知らせを受けた際、「驚いた様子だったと聞いている」と明かしました。
 この事件は、先月26日、東京・文京区のお茶の水女子大学附属中学校で、悠仁さまの机などに棒に固定され刃がピンク色に塗られた果物ナイフ2本が見つかったものです。宮内庁の加地隆治皇嗣職大夫は、10日の定例会見でこの事件について触れ、悠仁さまが事件の一報を受けた際、「驚いた様子だったと聞いている」と明かしました。また、秋篠宮ご夫妻が、学校の関係者に不安が広がっているのではないかと心配されているとも説明し、今後については、「警察など関係の皆さんと連携し、しっかりお支えしたい」と話しました。
 お茶の水女子大学附属中学校は事件を受け、学校の再開を今月13日まで延期しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3670823.html

| コメント (0)

« 2019年5月10日 (金) | トップページ | 2019年5月12日 (日) »