« 2019年5月 9日 (木) | トップページ | 2019年5月11日 (土) »

2019年5月10日 (金)

2019年5月10日 (金)

10連休の山岳遭難23人死亡 不明1人、警察庁まとめ(10日)西日本

警察庁は10日、天皇の代替わりに伴い10連休となったゴールデンウイーク期間中(4月27日~5月6日)の山岳遭難の発生状況を発表した。死者は昨年より10人多い23人。行方不明者は7人減の1人、負傷者は2人増の76人だった。 警察庁によると、遭難者は20人増の207人。このうち60歳以上は107人で半数以上を占めた。警察庁の担当者は「体力に見合った余裕のある登山計画を立ててほしい」と話している。警察による捜索や救助活動に投入された人員は延べ925人、ヘリコプターの出動回数は61回だった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509085/

| コメント (0)

知人の女を公開捜査=雑木林の死体遺棄事件-千葉県警(10日)時事

千葉県東金市の雑木林に大内軍際さん(79)の遺体を遺棄したとして、男2人が逮捕された事件で、県警は当日男らと車に同乗していた住所不定、松本かほる容疑者(70)を死体遺棄容疑で全国に指名手配し、10日公開捜査に踏み切った。
 県警捜査1課によると、松本容疑者は大内さんと知人関係。男らが同容疑者も関わっているという趣旨の供述をしているという。県警は共謀して大内さんの死体を遺棄したとみて捜査している。
 松本容疑者は身長約159センチ。防犯カメラや目撃情報から、6日に川崎市の東急東横線新丸子駅周辺にいたことが分かっている。

指名手配された松本かほる容疑者(千葉県警提供)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051001148&g=soc

 

 

| コメント (0)

年金隠し生活保護申請 無職女を詐欺未遂の疑いで逮捕 埼玉県警(10日)産経

年金による収入を得ていたにもかかわらず、生活保護費を受給しようとしたとして、埼玉県警狭山署は10日、詐欺未遂の疑いで、住居不定の無職、降籏慶子容疑者(53)を逮捕したと発表した。容疑を否認している。 逮捕容疑は4月23日~5月9日、複数回にわたり狭山市生活福祉課の職員に年金などの収入を隠し、生活保護費約15万円をだまし取ろうとしたとしている。同署によると、降籏容疑者は3月、市役所に「キャッシュカードを盗まれ、口座から出金できない」などと生活困窮を訴え、2カ月分の生活保護費を受給していた。
 今月8日に狭山署に不正受給の疑いがあるとの情報提供があり、同署員が市役所にいた降籏容疑者の所持品を調べると、カードを所持していた。同署は2カ月分の生活保護費についても不正受給の可能性があるとして詐欺容疑で調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190510/afr1905100028-n1.html

| コメント (0)

バス転落14人けが 運転手逮捕(10日)NHK

10日午後、群馬県南牧村でマイクロバスが林道脇の崖下に転落し、乗客のうち14人が重軽傷を負いました。
停車中のバスが突然、動きだしたとみられ、警察は66歳の運転手を業務上過失傷害の疑いで逮捕し、詳しい原因を調べています。

10日午後3時前、群馬県南牧村大仁田にある「烏帽子岳登山口駐車場」の林道からマイクロバスが崖下に転落したと消防に通報がありました。
警察によりますと、バスはおよそ20メートルの高さから転落したとみられ、茨城県取手市から山登りに来ていた50代から80代の乗客18人のうち14人がけがをして病院に運ばれました。
このうち4人は大けがをしていますが、いずれも意識はあるということです。
警察によりますと当時、運転手が荷物の積み込み作業などで席を外し、停車中だったバスに乗客たちが乗り込んだところ、突然車体が動き出して崖下に転落したということです。
警察は、バスを運転していた茨城県守谷市の自営業、海老原功容疑者(66)を業務上過失傷害の疑いでその場で逮捕しました。
調べに対し、「サイドブレーキはかけたが、甘かったかもしれない」などと供述し、容疑を認めているということです。
警察は今後、転落したバスの車体を引き上げるなどして、詳しい事故の原因などを調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20190510/1060004450.html

| コメント (0)

»父親から名簿を引き継ぎ・・・ 違法金利で貸した疑い(10日)TBS

貸し金業を廃業した父親から顧客名簿を引き継ぎ、違法な金利で現金を貸し付ける「ヤミ金」を営んでいた男が警視庁に逮捕されました。
 出資法違反などの疑いで逮捕されたのは東京・台東区に住む運送会社従業員、佐野惇容疑者(36)です。佐野容疑者は大田区に住む70代の女性など4人に法定金利を超える現金を貸し付け、違法な利息およそ22万円を受け取った疑いがもたれています。
 貸し金業を廃業した父親から顧客名簿などを引き継いだ佐野容疑者は2014年からヤミ金業を営み、100人あまりに貸し付けて、1年間でおよそ750万円の利益をあげていたということです。
 取り調べに対し、佐野容疑者は「個人間で貸し借りしただけで、営業としてはやっていない」などと容疑を否認しています。

| コメント (0)

»母子はねられ母親は意識不明、車運転の20代男を逮捕(10日)TBS

親子が車にはねられ、母親が重体です。 10日午後2時半頃、愛知県西尾市で、近くに住む無職の清水光紗さん(33)と2歳の長男が乗用車にはねられました。この事故で、清水さんは意識不明の重体となっています。また、2歳の長男は軽いけがをしたということです。
 警察は、乗用車を運転していた西尾市の無職・塩谷晃由容疑者(29)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕して、詳しい事故原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3670477.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル)
賢い消費者に
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_54 F1014739  偽ブランド品が多くなっている。横浜税関が平成30年に偽ブランド品などとして輸入を差し止めた件数はおよそ6064件に上り、過去最多となったという。商品の数にするとおよそ4万7000点というから驚きの数字だ。
 警察庁によると平成29年の知的財産権侵害品(偽ブランド品)の押収量は5万8469点。前年の平成28年は38万5273点に比べれば激減したことになる。推移を見ると平成20年の押収量は50万7142点だから8分の1近くになっている。
 但し検挙件数は海賊版も含むが515件で、こちらは20年の385件より大幅な増加となった。
 仕出し国をみると総数5万8469点のうち2万6926点が中国で断トツだった。これにタイの3648点、韓国の2937点と続いた。入手方法はインターネットが大半を占めている。
 それが今年になって増加している? 今年の秋にはラグビーのワールドカップ大会、来年は東京オリンピックを控えていることから、長崎税関はこのほど県内の貿易関連企業などで組織する日本関税協会長崎支部と、偽ブランド品などの密輸防止に向け連携を強化する覚書を締結したという。
 本物であろうと偽物であろうと持っている人が納得していれば問題はないのだろうが、本物と騙していれば犯罪。なんと言っても偽物づくりそのものは商標権や著作権を侵害している犯罪である。どちらにせよ「賢い消費者」にならなければいけないようだ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

弁護士かたる男らに、72歳女性が2600万円だまし取られる (8日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/190508/afr1905080036-n1.html

★去年の特殊詐欺“過去最悪”、警視庁が民間に協力呼びかけ (7日)TBS
★東京で特殊詐欺防止イベント、被害女性が注意呼びかけ (6日)TBS
★キャッシュカード窃取多発=すり替え手口、被害19億円-警察庁が注意呼び掛け (5日)時事
★「NHKのアンドウ」わずか1分半で、不審電話の手口は(2日)朝日
★犬の名前、答えられず…電話の相手は息子ではない 茨城のグループ、詐欺未遂の疑いで男ら4回目逮捕(30)共同
★還付金詐欺、さいたまで相次ぐ 60代の女性2人が被害 215万円だまし取られる 浦和署(29日)共同
★タイ拠点の特殊詐欺、日本人15人 警視庁捜査へ(26日)TBS
★高齢男性から100万円だまし取ったか、特殊詐欺受け子 50歳男逮捕(26日)TBS
★特殊詐欺グループの現金回収役か、男を逮捕(25日)TBS
★特殊詐欺で指名手配、タイで逮捕の男を日本に移送・逮捕(20日)TBS
★拠点移し詐欺電話か 甲府市から千葉県に、警視庁 (18日)西日本
★中国へ詐欺電話か、山梨のアジトを取材 (17日)TBS

| コメント (0)

フェラーリ売買2億円超詐取疑い 世界500台の限定車、2人逮捕(10日)時事

 世界に500台しかないフェラーリの高級車「ラ・フェラーリ」を購入できると偽って現金計2億5千万円をだまし取ったとして、警視庁麻布署は10日までに、詐欺の疑いで、東京都台東区竜泉、職業不詳吉田栄一容疑者(57)を再逮捕し、新宿区富久町、職業不詳萩孝人容疑者(51)を逮捕した。
 逮捕容疑は2015年12月~16年1月、限定生産のフェラーリを入手できるとうそをつき、モナコ国籍の50代の男性社長から計4回にわたり現金をだまし取った疑い。
 ラ・フェラーリは中古での売買しかできず、取引価格は3億~4億円という。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509007/

| コメント (0)

群馬・南牧村でバスが沢に転落 複数の負傷者の情報(10日)産経

地元消防などに入った情報によると、10日午後2時50分ごろ、群馬県南牧村大仁田で、マイクロバスが横転。深さ約15メートルの沢に転落した。複数の負傷者が出ているとの情報があり、少なくとも2人は重傷の可能性がある。消防や県警などは救助を急ぐとともに、状況を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190510/afr1905100017-n1.html

| コメント (0)

森友問題、厳正捜査と起訴を要望 東大名誉教授ら大阪地検特捜部に(10日)共同

学校法人「森友学園」を巡る決裁文書改ざんや国有地売却問題で、大阪第1検察審査会が佐川宣寿前国税庁長官ら10人について不起訴不当と議決したことを受け、審査を申し立てていた醍醐聡東大名誉教授らは10日、大阪地検特捜部検事と面会し、厳正な再捜査と起訴を求める文書を出した。
 約40分間の面会終了後、大阪市で報道陣の取材に応じた醍醐氏は「地検の不起訴理由と検審の議決内容は著しく食い違う」と強調。検事は醍醐氏らに対し「ご要望として承る」と応じたという。
https://this.kiji.is/499496319508644961?c=39546741839462401

| コメント (0)

»暴走事故で高齢ドライバー免許返納増加(10日)TBS

 先月、東京・池袋で高齢の男性が運転する乗用車が暴走し、親子が死亡した事故を受け、東京都内で免許証を自主返納する高齢ドライバーが、増えていることが警視庁への取材で分かりました。
 事故は、先月19日、豊島区東池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し、母親と3歳の女の子が死亡したほか10人がけがをしたものです。
警視庁によりますと、事故の翌週には都内で高齢者を中心に免許証を自主返納した人が1200人以上に上り、前の週に比べて2割ほど増えました。さらに、ゴールデンウイーク明けの3日間だけでも1200人あまりが免許証を返納したということです。
 「年を取ってくると、やっぱり判断が遅くなるから。やっぱり事故につながる可能性があるので、事故が起きたって責任取れない。それは当然、免許返納しかないなと思いました」(免許を返納した男性)
 免許返納が増えたことについて、警視庁の幹部は「池袋の事故との因果関係があるかもしれない」と分析しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3670254.html

| コメント (0)

»“出会い系”で誘い 無許可接待か(10日)TBS

新宿・歌舞伎町のバーの経営者の男らが、女性従業員に出会い系アプリを通じて誘い出した男性を無許可で接待させたとして、警視庁に逮捕されました。 逮捕されたのは、新宿・歌舞伎町のバーを経営する鈴木健司容疑者(27)と、店の責任者の佐竹志門容疑者(23)で、8日夜、許可を受けずに20代の女性従業員に男性客を接待させた疑いが持たれています。2人は女性従業員に指示して、出会い系アプリを通じて「きょう新宿で飲めますか」などと男性客を誘わせ、店に案内させていました。
 鈴木容疑者は容疑を認め、「売り上げのためなら多少の違法行為も仕方ないと思った」と供述しているということですが、佐竹容疑者は否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3670249.html

| コメント (0)

»マイクロバスが転落 19人けが、群馬・南牧村(10日)TBS

 群馬県で19人乗りのマイクロバスが崖下に転落し、けが人が多数でています。
 警察や消防によりますと、群馬県南牧村の大仁田ダム近くの崖からマイクロバスが15メートル下に転落し、乗客ら19人がけがをしているということです。
 消防によりますと、19人は病院に搬送されるなどしていますが、いずれも意識はあり、命に別状はないということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3670448.html

| コメント (0)

合議なのに単独で判決? 「手続き違法」差し戻し 東京地裁(10日)産経

 東京地裁の民事訴訟をめぐる控訴審判決で、東京高裁の阿部潤裁判長は9日、1審は裁判官3人による「合議体」での審理を決定したのに、記録上は裁判官1人で判決が言い渡された形となっており「手続きが違法だ」として、1審判決を取り消し、審理を地裁に差し戻した。
 判決などによると、この訴訟は、千葉県の男性が昨年5月、警視庁による交通違反の取り締まりが違法だとして、東京都に損害賠償を求めて提訴した。地裁は7月、合議体で審理すると決定。12月の判決で、男性の請求を棄却した。
 だが、法廷に立ち会った書記官が作成した「口頭弁論調書」には、判決言い渡し日の手続きに関与した裁判官名が1人しか書かれておらず、調書の認め印欄は、別の裁判官の印影があった。高裁は「調書では裁判官が単独で言い渡したと記載され、3人が列席したことを証明できない」と指摘。認め印欄の裁判官とも名前が一致せず「調書は無効だ」と判断した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190509/afr1905090023-n1.html

| コメント (0)

「散歩経路の安全確保を」=注意喚起の動き、全国で-大津園児事故(10日)時事

 大津市で保育園児が死傷した交通事故を受け、散歩ルートの安全を確保するよう保育園側に改めて注意喚起する動きが全国の自治体で広がっている。事故のあった滋賀県では9日、県内の保育所など約550施設に対し通知を出した。
 奈良県生駒市でも同日午後、公立の保育園や幼稚園など11施設の園長に対し、散歩経路の安全を点検するよう指示。実際に歩いてみることや、交通量が多い道路や交差点を通る場合は、ガードレールの有無などを調べるよう求めた。
 福岡市も市内の約700施設に対し、園外活動の安全確保について注意を促す通知を送付。同市担当者は「いま一度確認して園児の安全確保に万全を期してほしい」と述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050901162&g=soc

| コメント (0)

「保険料800万」実は4000万円 郵便局員不正営業に批判相次ぐ 持病伏せ加入促す 返金時に“口止め”か(10日)西日本

「不十分な説明で、多額の保険に加入させられた」。全国の郵便局で不正な保険営業が相次いでいるとの西日本新聞の報道を受け、読者から勧誘方法や局側の対応への批判が多数寄せられた。保険営業を担当する現場では、局員自身や家族の名義で保険に加入する自腹営業も発覚。局員は「過重なノルマが背景にある」と証言した。 福岡県の50代の女性会社員は2017年秋、80代の母親の保険契約に立ち会った。局員は、母親の貯金800万円について「保険に入ってお孫さん名義にすれば相続税対策になる」と提案。「いつでも解約できる」「貯金残高以上の支払いはない」と説明され、4件の保険に加入したという。
 しかし、約1年後に郵便局に確認すると、10年間で総額約4千万円の支払いが必要だと言われた。慌てて書類を見ると、その通り記載されていた。
 「契約時の説明と違う」と主張したが、局側は「きちんと説明した」の一点張り。解約したものの、支払った保険料のうち約120万円は返ってこなかった。女性は「80代の母が4千万円も払えるはずがない。きちんと確認しなかった私も悪いが、もっと丁寧に説明してほしい」と訴える。
 保険に加入できない持病がある客に「病気のことを申告する必要はない」と促す不正な勧誘も目立つ。
 熊本県荒尾市の男性会社員(52)は16年に保険に加入する際、申告書類に「健康診断で心電図の異常を指摘され、受診した病院では問題ないと診断を受けた」と記載。ところが、局員から「医師が問題ないと言っているなら、記載の必要はない」と説明され、書き直したという。
 翌年、男性は心臓の手術で入院。保険金を請求したが、販売元のかんぽ生命保険は「健康診断結果を正しく申告しなかった」と支払いを拒否。男性は「局員が申告しなくていいと言った」と抗議したが、結果は覆らなかった。「虚偽申告をしたように結論づけられ、納得できない」と憤る。
 返金に応じる代わりに、口外しないよう求められたケースもあった。
 山口県の女性(79)は昨年夏に保険に加入。局員からは「既に入っている保険を書き換えるだけなので、新たな保険料の支払いは必要ない」と説明を受けたという。実際には月約3万円の支払いが発生し、女性は抗議。かんぽ生命は全額返還に応じる意向を示したが、「本件に関する一切の事項を第三者に開示しない」との条項を盛り込んだ合意書への署名を求めた。女性は「口止めしようとしているのだろうか」と条項の削除を求めている。
続く

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/508861/

| コメント (0)

不要チケット「転売は公式サイトで」 東京五輪組織委 (10日)日経

2020年東京五輪のチケット販売で大会組織委員会は不正転売に最も神経をとがらせている。組織委は「公式サイト以外からは絶対に購入しないで」と訴えている。
転売対策は購入手続き前から始まっている。希望者はID登録をする必要があり、電話番号による認証も行う。チケットは観戦予定者の氏名を登録し、会場には身分証を持参する必要がある。
購入後も、予定が入って観戦できなくなった人が不要になったチケットを出品できる「リセール(再販売)サイト」を20年春をメドに立ち上げる。価格は定価のみで、希望者との間で売買が成立した場合、出品した人が手数料を支払う仕組みを想定している。
民間のチケットサイトやフリーマーケット(フリマ)アプリの利用は禁止している。フリマアプリやサイトを運営するメルカリヤフー楽天の3社は五輪チケットを取り扱わないと表明している。組織委は「公式ルート以外で購入した場合、実際に会場に入れないリスクがある」(担当者)と厳しい姿勢を示す。
ただ正規のID同士ならばチケットの観戦予定者の氏名変更が可能で、再販売サイトを介せず高額で転売するダフ屋行為を完全に排除できるわけではない。
国会では五輪準備に間に合わせるように「チケット不正転売禁止法」が成立。組織委はチケットの抽選結果の発表を同法施行日(6月14日)の後になる6月20日とし、高額の不正転売への罰則(1年以下の懲役や100万円以下の罰金)をダフ屋行為への抑止力に利用する。
ここまで目を光らせるのは、過去大会でも不正転売が問題となったからだ。転売業者によってチケットが買い占められ、値をつり上げられれば、観戦希望者に行き渡らなくなる。過去大会でも、チケットが完売しているはずなのに会場に空席が目立つ競技があり、不正転売が一因とされた。
空席のあるスタンドがテレビ放映されると、五輪のマイナスイメージにもつながるとして、国際オリンピック委員会(IOC)は組織委に対策を求めていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44598220Z00C19A5CC1000/

| コメント (0)

園児死亡事故 逮捕の女「衝突してから相手の車に気付いた」(10日)NHK

8日、大津市で、車どうしが衝突したあと保育園児の列に1台が突っ込み2人が死亡した事故で、交差点を右折しようとして事故を起こし、逮捕された女が調べに対し「衝突してから相手の車に気付いた」と供述していることが、警察への取材でわかりました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011910591000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

8日、びわ湖沿いの大津市の交差点で、歩道で信号待ちをしていた保育園児と保育士合わせて16人の列に車が突っ込み、いずれも2歳の園児2人が死亡…

| コメント (0)

高齢者ドライバーに限定免許 事故多発で立民が提言へ(10日)NHK

高齢のドライバーによる深刻な事故が相次いでいることを受けて、立憲民主党は、党の作業チームの初会合を開き、今後、ペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐ「安全運転サポート車」に限定した免許の導入などを検討し、提言をまとめることになりました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190509/k10011910261000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

高齢のドライバーによる深刻な事故が各地で相次いでいることを受けて、立憲民主党は、党内に作業チームを設け、9日午後、国会内で初会合を…

| コメント (0)

G20大阪サミット 飛行制限区域設定へ(10日)NHK

来月のG20大阪サミットにあわせて、国土交通省は、会場周辺の上空に飛行制限区域を設け、航空機を使った上空からのテロに備えることにしています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011910361000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

G20大阪サミットは、37の国や国際機関から首脳などが参加して来月28日から2日間の日程で…

| コメント (0)

»文科省が学校向け虐待対応マニュアル作成(10日)TBS

 千葉県野田市で10歳の女子児童が虐待により死亡した事件を受けて、文部科学省は、学校などに向けた虐待対応のマニュアルをまとめました。
 野田市の栗原心愛さん(10)が死亡した事件をめぐっては、欠席が続いていたのに有効な対応が取られなかったほか、心愛さんが「父親からの暴力」を訴えた学校アンケートを教育委員会が父親の勇一郎被告に渡していたことが明らかになっています。
 文科省の調査チームがまとめたマニュアルでは、虐待リスクのチェックリストを示したほか、虐待を疑う理由について保護者から説明を求められても情報の出所は伝えないこと、また、虐待が疑われる子どもが7日以上欠席した場合には速やかに関係機関に情報提供するよう求めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3669765.html

| コメント (0)

»新潟・上越市 住宅街にクマ(10日)TBS

 新潟県上越市の中心部で9日、クマが見つかり、発見から10時間後に捕獲されました。けが人はいないということです。
 木の上で休んでいるのは、体長70センチほどのクマです。上越市の住宅街で9日午前6時半ごろ、路上を歩いているのを発見されたクマは、その後、住宅街の林に逃げ込み、警察や猟友会とのにらみ合いが始まりました。
 「あっち逃げた。あっち逃げた!!」
 クマが逃走。少し離れた別の木で発見。はしご車が到着し、クマに麻酔を打ち込みました。すると・・・
 「行った! 行った!! 行った!!!」
 その後、ようやく御用に。ドラム缶に入れられて運ばれて行きました。けが人はいませんでした。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3669867.html

| コメント (0)

»軍人が拳銃持ち出し 自殺か(10日)TBS

10日未明、在日アメリカ海軍・佐世保基地に隣接する公園で、軍人とみられる若い外国人男性が拳銃を持ったまま死亡しているのが見つかりました。自殺とみられています。 男性が見つかったのは、長崎県佐世保市の在日アメリカ海軍佐世保基地の隣にある公園です。10日午前0時ごろ、右手に拳銃を持ったまま、あおむけの状態で頭から血を流して倒れているところを軍関係者と警察が見つけました。警察によりますと、男性が持っていた拳銃には実弾数発が残っていたということです。
 在日アメリカ海軍は、男性が見つかる30分ほど前に「自殺をほのめかしていた軍人がいなくなった」と警察に通報していました。警察は自殺とみて身元を調べています。
 現場の公園は佐世保市の中心部で繁華街にも近く、市民が利用する場所に拳銃が持ち出されていたことになります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3669909.html

| コメント (0)

« 2019年5月 9日 (木) | トップページ | 2019年5月11日 (土) »