カテゴリー

« »パチスロ機使って客に賭博か、従業員の男2人を逮捕(3日)TBS | トップページ | 宮城・塩釜漁港の東防波堤の一部が倒壊(3日)産経 »

2019年4月 3日 (水)

「カード使えなくなる」相次ぐ“改元詐欺” 警視庁が対策(3日)NHK

改元に便乗して現金をだまし取られる被害が各地で相次いでいることから、警視庁は主な手口を記したチラシを急きょ作成し、買い物客に配ったり、高齢者の自宅を直接訪問したりする対策に乗り出しました。
新しい元号として「令和」が発表された1日から、改元を口実にして高齢者から現金をだまし取る詐欺の被害が各地で確認されています。
 警視庁は、主な手口を記したチラシを急きょ作成し、3日、東京 北区のホームセンターで買い物客に配って注意を呼びかけました。
 警察官はチラシを手渡しながら「改元を口実にした詐欺が増えています。キャッシュカードの変更などは必要ないので、あやしい電話があったらすぐに通報してください」と説明していました。
 チラシを受け取った70代の女性は「次から次に新手の詐欺が出てくるので怖いです。大丈夫と思っていても実際に電話を受けると信じてしまいそうになるので気をつけたいです」と話していました。
 王子警察署の四ツ倉努生活安全課長は「改元詐欺の手口はまだ知られていないが、こうした啓発活動を通じて犯罪を予防していきたい」と注意を呼びかけていました。
 「ビバホーム豊島5丁目店」の野々村雅徳店長は「近くには高齢者が多く住む団地があり、店としても改元詐欺などに対して無関心ではいられません。詐欺に注意するよう声かけを行っていきたいです」と話していました。

住宅を回って

また、東京 北区では警察官が高齢者の住宅を1軒1軒まわり、チラシを手渡して注意を呼びかけました。

チラシには「元号改元による各種手続き要注意」と記されていて、改元に伴って銀行法が改正されたなどという、うその書類が送られ、キャッシュカードを送付するよう求めてくると書かれていますが、そのようなことは絶対にないと説明していました。
続く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190403/k10011872071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

 

« »パチスロ機使って客に賭博か、従業員の男2人を逮捕(3日)TBS | トップページ | 宮城・塩釜漁港の東防波堤の一部が倒壊(3日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« »パチスロ機使って客に賭博か、従業員の男2人を逮捕(3日)TBS | トップページ | 宮城・塩釜漁港の東防波堤の一部が倒壊(3日)産経 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ