カテゴリー

« 仏政府、特別扱いなし=ゴーン容疑者妻の要請に-報道(9日)時事 | トップページ | 売春組織の9人逮捕=「暁」名乗りあっせん容疑-愛知県警(9日)時事 »

2019年4月 9日 (火)

ビルの1室に40社登記、実態なしか 日産資金の還流先(9日)朝日

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(65)が日産資金を自らに還流させ、私的に流用したとされる特別背任事件で、還流先の中東レバノンの投資会社「GFI」の所在地に、およそ40社が登記されていたことがわかった。首都ベイルートにある前会長の高級住宅を所有する会社も含まれていた。いずれも実体のないペーパーカンパニーとみられ、東京地検特捜部は、前会長による不正の「拠点」となっていたとみて調べている模様だ。
カルロス・ゴーン もたらした光と影

 ゴーン前会長は2015~18年、日産子会社「中東日産」からオマーンの販売代理店「SBA」に約17億円を送金し、そのうち約5億6千万円を自らが実質保有するGFIに還流させた疑いで再逮捕された。前会長の「資金管理担当」とされるSBAのインド人幹部が、個人口座から複数の口座を経由し、GFIに送金していたとされる。
 ベイルートにある7階建てビルの一室。GFIは15年4月、ここにあったレバノン人弁護士の事務所に設立された。ゴーン前会長の側近だったこの弁護士とSBAのインド人幹部が設立者として登記されている。
 弁護士は17年8月に死亡。今年2月、朝日新聞記者が訪ねると、同じビルで働く女性は「弁護士が死亡した3カ月ほど後に事務所は閉じた」と語った。さらに取材すると、この部屋に約40の会社が登記されていたことがわかった。
 そのうちの一つが「フォイノス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
https://www.asahi.com/articles/ASM485J7BM48UTIL041.html

« 仏政府、特別扱いなし=ゴーン容疑者妻の要請に-報道(9日)時事 | トップページ | 売春組織の9人逮捕=「暁」名乗りあっせん容疑-愛知県警(9日)時事 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏政府、特別扱いなし=ゴーン容疑者妻の要請に-報道(9日)時事 | トップページ | 売春組織の9人逮捕=「暁」名乗りあっせん容疑-愛知県警(9日)時事 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ