« ゴーン前会長への捜査、一区切り 22日に追起訴の方針(20日)朝日 | トップページ | »暴走車運転の男性、1年ほど前「運転をやめる」(20日)TBS »

2019年4月20日 (土)

石炭博物館 鎮火の見通し立たず(20日)NHK

18日に夕張市の「石炭博物館」で起きた火災で、消防は坑道の中に大量の水を流し込みながら夜を徹して消火にあたっていますが、丸1日以上がたった20日朝になっても鎮火の見通しはたっていません。
18日深夜、夕張市にある石炭博物館の地下にある坑道で火災が起き、地上の出入り口から大量の煙が立ちのぼりました。
消防が駆けつけて消火にあたりましたが煙はおさまらず、大型のポンプ設備を使って坑道に毎分16トンあまりの大量の水を流し込みながら消火にあたりました。
消防によりますと、坑道への注水は夜を徹して行われていますが、出火から丸一日以上たった20日朝になっても鎮火の見通しはたっていないということです。
火元となった坑道は明治時代に実際に石炭の採掘に使われていたもので、18日までは今シーズンの営業が始まる今月27日に向けた最終点検が行われていました。
夕張市によりますと、その中で天井を支える一部の鋼材に緩みが見つかり、18日、その部分を補強するための溶接作業を行ったということです。
請け負ったのは釧路市内の業者で、18日午後4時半ごろまでにはすべての作業を終えて外に出たということです。
火災が起きたのはそのおよそ7時間後で、警察と消防は、何らかの原因で中にある石炭が燃えたとみて当時の状況を詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190420/0009649.html

« ゴーン前会長への捜査、一区切り 22日に追起訴の方針(20日)朝日 | トップページ | »暴走車運転の男性、1年ほど前「運転をやめる」(20日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーン前会長への捜査、一区切り 22日に追起訴の方針(20日)朝日 | トップページ | »暴走車運転の男性、1年ほど前「運転をやめる」(20日)TBS »