« 中禅寺湖の遊覧船でテロ対応訓練(10日)NHK | トップページ | 避難一部解除の大熊に臨時駐在所 福島県警、来月29日開設(10日)共同 »

2019年4月10日 (水)

»東京・東久留米の住宅火災、落雷がガス管に伝わり引火(10日)TBS

8日、東京・東久留米市で住宅が半焼した火事は、近くに落ちた雷が地面からガス管に伝わり引火したことが、警視庁と東京消防庁の調査で新たに分かりました。 8日午後4時半すぎ、東久留米市中央町で2階建ての住宅およそ40平方メートルが焼ける火事がありました。出火当時、住人は外出中で、けが人はいませんでした。
 警視庁と東京消防庁は落雷が原因とみて出火原因を調べていましたが、その後の取材で、住宅の近くに落ちた雷が1階の壁に通っていたガス管に伝わり引火したことが新たに分かりました。
 「地中を雷の光が伝わって、たまたまこの管に穴を開けたらしい。これから火がついて、ここが燃えていったらしい」(家の住民)
 ガス管は暖房に使われていたもので、火事のあと、穴が開いているのが見つかったということです。
 「ガス管が通っていた壁が真っ黒に焼け焦げて、すすだらけになっています」(記者)
 当時、関東地方は大気が不安定で雷注意報が出ていて、東京消防庁はガス管が焼けた状況について詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3644563.html

« 中禅寺湖の遊覧船でテロ対応訓練(10日)NHK | トップページ | 避難一部解除の大熊に臨時駐在所 福島県警、来月29日開設(10日)共同 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中禅寺湖の遊覧船でテロ対応訓練(10日)NHK | トップページ | 避難一部解除の大熊に臨時駐在所 福島県警、来月29日開設(10日)共同 »