« 内閣府の壁にスプレー噴射 器物損壊容疑で60代男逮捕(23日)産経 | トップページ | 有毒イヌサフランを誤食、男性死亡 知人から譲り受け(23日)朝日 »

2019年4月23日 (火)

水道情報で「ヤミ民泊」対策 大阪市、業者特定に活用(23日)西日本

一般住宅に旅行者らを泊める「民泊」営業の届け出が全国でも多い大阪市が、違法な「ヤミ民泊」対策として、物件の住所から水道の契約者情報を割り出し、民泊を違法に営業する人物を特定できるようになったことが23日分かった。市担当者は「これまで営業者を狙い撃ちするのが難しい事案もあったが、ヤミ民泊撲滅に向けて大きく前進する」と期待している。 市によると、水道部局から個人情報を得て営業者を特定する。個人情報保護の観点から是非を巡って議論もあるが、厚生労働省が17日付の大阪市への通達で問題ないとの見解を示した。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/504894/

« 内閣府の壁にスプレー噴射 器物損壊容疑で60代男逮捕(23日)産経 | トップページ | 有毒イヌサフランを誤食、男性死亡 知人から譲り受け(23日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内閣府の壁にスプレー噴射 器物損壊容疑で60代男逮捕(23日)産経 | トップページ | 有毒イヌサフランを誤食、男性死亡 知人から譲り受け(23日)朝日 »