カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 増加する「アポ電」 残されていた実際の音声(4日)NHK »

2019年3月 4日 (月)

»ゴーン被告の弁護人が会見、監視カメラの活用を提案(4日)TBS

 特別背任などの罪で起訴された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の弁護人を務める弘中惇一郎弁護士が、日本外国特派員協会で記者会見をしました。
 「常識で考えて刑事犯罪になるような事件ではないのではないか。私としては無罪が取れても、おかしくないと思っています」(弘中惇一郎弁護士)
 弘中弁護士は先月28日に東京地裁に3度目となる保釈請求を行いましたが、その際の条件として、外部との情報交換を制約するため監視カメラの活用を提案したことを明らかにしました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3613762.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 増加する「アポ電」 残されていた実際の音声(4日)NHK »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 増加する「アポ電」 残されていた実際の音声(4日)NHK »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ