« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | »児童養護施設長殺害で元入所者を鑑定留置 東京地検(18日)TBS »

2019年3月18日 (月)

»【現場から、】「消えた留学生」、東京福祉大「所在不明0人」と報告(18日)TBS

3年間でおよそ1400人の留学生が所在不明となっている東京福祉大学の問題です。柴山文科大臣は国会で大学側が2017年度分について、「所在不明者は0人」と文科省に報告していたと明らかにしました。
 東京福祉大学で3年間におよそ1400人の留学生が所在不明となっていた問題は、18日の国会でも取り上げられました。
 「過去3年間で1300人以上の留学生が、全部研究生ですけれども、行方知れずです。即刻調査を指示していただきたい」(立憲民主党 石橋通宏議員)
 野党側の質問に対し、柴山文部科学大臣は驚くべき事実を明らかにしました。
 「平成29年度については今委員から出された資料とは異なり、退学者数193名、除籍者495名、所在不明者0名の計688名と報告を受けていた」(柴山昌彦文科相)
 2017年度の留学生の状況について、大学側は、当時、「所在不明者は0人」と報告していたというのです。しかし、JNNなどが入手した大学の内部資料には2017年度についても除籍者の多くが所在不明が理由であることが記され、大学も今年になって文科省に2017年度の所在不明者はおよそ500人だったと回答しました。
 「文部科学省・法務省双方で把握している情報について情報共有を行い、早急に実地調査を行って参ります」(柴山昌彦文科相)
 こうした中、東京福祉大学の元職員の男性がJNNの取材に応じ、「日本語が全くできない学生も受け入れていた」などと実態を証言しました。
 「ひらがなも書けないし、読めない。簡単な単語も分からないという学生もいる。日本語ができない学生の方が、所在不明になっているイメージ」(東京福祉大の元職員)
 所在不明となっているのは学部生になる準備などを目的とした「研究生」と呼ばれる非正規の留学生です。選考は書類と面接だけと、ハードルは低く設定され、大学側も「合格率は90%以上」と認めています。募集要項の条件には日本語の日常会話が理解できることなどがあげられていますが、別の現役職員からも・・・
続く

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3625287.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | »児童養護施設長殺害で元入所者を鑑定留置 東京地検(18日)TBS »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: »【現場から、】「消えた留学生」、東京福祉大「所在不明0人」と報告(18日)TBS:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | »児童養護施設長殺害で元入所者を鑑定留置 東京地検(18日)TBS »