« 訪問介護、半数ハラスメント被害 利用者から職員、初の実態調査(24日)共同 | トップページ | 文大統領警護員の「自動小銃」が波紋=市場視察で-韓国(24日)時事 »

2019年3月24日 (日)

離島防衛で滑走路復旧部隊新設を検討、防衛省(24日)産経

防衛省が、中国による南西方面の離島への侵攻に備え、民間航空機が運航している離島の空港の滑走路を復旧する部隊の新設を検討していることが24日、分かった。沖縄県の宮古島(宮古島市)や石垣島(石垣市)などの空港が対象。武力攻撃への自衛隊の対処と住民避難で空港の機能は不可欠だが、敵の攻撃により滑走路が破壊されれば、平時に管理している県では復旧できないと判断した。
離島防衛をめぐっては、陸上自衛隊が26日、宮古島市と鹿児島県の奄美大島にある奄美市と瀬戸内町に新たな駐屯地などを開設し、有事で初動対処にあたる警備部隊と地対艦・地対空ミサイルを配置する。南西方面で陸自の実戦部隊配備は初で、石垣市にも同じ構成の配備を計画している。 中国との有事で懸念される尖閣諸島(石垣市)侵攻を想定すると、宮古・石垣両島にも同時に侵攻する恐れが強い。中国は尖閣と宮古・石垣両島をひとつの戦域と捉えているためで、両島に陸自を配備する大きな理由となっている。
続く

« 訪問介護、半数ハラスメント被害 利用者から職員、初の実態調査(24日)共同 | トップページ | 文大統領警護員の「自動小銃」が波紋=市場視察で-韓国(24日)時事 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訪問介護、半数ハラスメント被害 利用者から職員、初の実態調査(24日)共同 | トップページ | 文大統領警護員の「自動小銃」が波紋=市場視察で-韓国(24日)時事 »