« »アポ電強盗殺人、事件前ネットに容疑者の写真(22日)TBS | トップページ | »弁護士装い現金だまし取ろうとした疑い、受け取り役の男を逮捕(22日)TBS »

2019年3月22日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2


首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル)
減少し続けているひったくり
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_2F1014585 3年前に発生したひったくり事件の犯人逮捕は遺留品のDNA型鑑定によるものだった。
 事件は平成28年4月、東京・荒川区で当時高校2年の女子生徒(16)の右肩にかけていたスクールバッグをひったくって逃げていた事件で、現場に落ちていたたばこの吸い殻のDNA鑑定で35歳の男が浮上。このほど警視庁に逮捕された。
 DNA―刑事事件における法科学鑑定の主要な目的で、1990年代以降に登場した鑑定のひとつ。殺人や傷害事件などでは凶器や犯罪現場の特定。強盗や窃盗事件では遺留品からの犯人の特定。性犯罪事件では衣類などに付着した体液からの犯人の特定。さらに、ひき逃げ事件では容疑車両に付着している血痕からの逃走車両の特定などに活用されている重要な捜査ツールだ。
 それが、ひったくり犯人逮捕に結びつくとは……近年、ひったくりは防犯カメラなどの効果もあり激減している。
 警察庁によると今年2月現在の認知件数は247件で前年同期より56件の減少。ランキングは大阪の50件、東京と千葉の各26件、埼玉の23件、神奈川の15件など。1件も発生が無かったのは23県もあった。
 一方、検挙率は54.7%で前年より41.3ポイントもダウンしている。ランキングは北海道の400%を筆頭に宮城の250%、京都の200%、福岡の166.7%、茨城の150%と続いている。
 これに対して低かったのは愛知の9.4%、兵庫の21.4%、埼玉の26.1%、千葉の30.8%、大阪の44%など。
 過去5年間の推移をみると平成26年には6201件の認知件数があったが、30年では約3分の1の1920件まで減っており、今年はさらに減少している。捜査ツールの多様化の効果に期待したい。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 


アポ電捜査協力求め詐欺 長野で150万円被害(20日)産経

★出会い系詐欺、「サクラ」従業員ら29人逮捕 (20日)読売
★出会い系で女性を演じ詐欺の疑い(20日)NHK
★アポ電 カード標的 昨年被害19億円…金融庁名乗り すり替え (18日)読売
★Tポイント不正使用疑いで逮捕(16日)NHK
★埼玉・和光の57歳男性、電子マネー50万円被害(15日)産経
★〝健保の還付金〟とうその電話、特殊詐欺グループの男2人逮捕(14日)TBS
★横浜の80代女性、警察官名乗る男に通帳とカード盗まれる(13日)産経
★今年もう2回目、詐欺防いだコンビニ店員 72万円阻止(8日)朝日
★「改元でカード変更必要」=詐欺未遂容疑で男逮捕-神奈川県警(7日)時事
★北九州の医師が投資詐欺疑い 福岡県警、死亡妻も書類送検(7日)西日本
★“タンス預金”1350万円 息子装う電話で渡す 80代女性が被害(6日)NHK
★長男かたり1500万円詐取 埼玉・所沢(5日)産経
★架空請求で約2700万円詐取(5日)NHK北海道
★国際ロマンス詐欺、新たに2人被害 容疑の5人再逮捕 (4日)日経
★電話転送サービス悪用の調査急増(28日)NHK
★「犯人の声」で実態知って 振り込め詐欺の防犯アプリ、学生が開発 (27日)日経

« »アポ電強盗殺人、事件前ネットに容疑者の写真(22日)TBS | トップページ | »弁護士装い現金だまし取ろうとした疑い、受け取り役の男を逮捕(22日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« »アポ電強盗殺人、事件前ネットに容疑者の写真(22日)TBS | トップページ | »弁護士装い現金だまし取ろうとした疑い、受け取り役の男を逮捕(22日)TBS »