« 大韓航空労組、厚労省前課長に謝罪と賠償を要求(24日)読売 | トップページ | 陛下へ新元号報告、首相自ら 決定直後に一対一で面会へ(24日)朝日 »

2019年3月24日 (日)

検察が住所開示 国と和解…被害女性に310万円支払い (24日)読売

千葉地検の支部が、器物損壊事件の被害者女性の住所などを被告側に開示したため、被告の男から脅迫めいた手紙が届くようになったとして、女性が国などに約6300万円の損害賠償を求めた訴訟は、さいたま地裁(岡部純子裁判長)で、国との間で和解が成立した。国側が310万円を支払うという内容で、2月14日付。関係者への取材でわかった。
訴状などによると、女性は2009年、千葉県内で器物損壊の被害に遭った。男は別の事件と併せて起訴され、実刑判決を受けた。
 国や、ともに提訴された被告の元弁護人側の準備書面によると、検察側が弁護人に証拠開示をした際、女性の住所や電話番号などが消えていなかったという。女性宅などには15年4月以降、脅迫めいた手紙が届き、転居を余儀なくされた。
 女性は読売新聞の取材に「この先どうなるのかと思うと本当に怖かった」と話した。千葉地検は「具体的な内容についてコメントは控える」としている。被告の元弁護人との訴訟は継続して行われている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190324-OYT1T50031/

« 大韓航空労組、厚労省前課長に謝罪と賠償を要求(24日)読売 | トップページ | 陛下へ新元号報告、首相自ら 決定直後に一対一で面会へ(24日)朝日 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大韓航空労組、厚労省前課長に謝罪と賠償を要求(24日)読売 | トップページ | 陛下へ新元号報告、首相自ら 決定直後に一対一で面会へ(24日)朝日 »