« 地面師の男3人起訴、1億2千万円詐取の罪 山形(21日)産経 | トップページ | 南米で拘束の邦人、九州大職員か エクアドル、標本持ち出し(21日)西日本 »

2019年3月21日 (木)

中3女子はいじめ自殺=担任の指導「引き金」-市教委対応は違法・茨城県調査委(21日)時事

2015年に茨城県取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、県が設置した調査委員会は20日、中島さんが同級生から受けたいじめと自殺に因果関係があるとした報告書を、大井川和彦知事に提出した。
 担任の誤った指導が自殺の引き金になったとも指摘。当初、「いじめによる重大事実に該当しない」と議決した市教育委員会の対応を「違法」と厳しく批判した。
 報告書によると、中島さんは中3の2学期以降、アルバムの寄せ書きに悪口を書かれたほか、体育の授業で仲間外れにされたり、「くさや」と呼ばれたりするなど複数回いじめを受けた。
 また、同級生が校舎のガラスを割った際、担任教諭が連帯責任としてその場にいなかった中島さんを指導し、いじめで心理的に追い詰められていた中島さんを深い苦しみに陥れ、自殺への引き金になったと結論付けた。
 中島さんは15年11月、自宅で自殺。日記に「いじめられたくない」「死にたい」などと書かれていた。
 自殺をめぐり、市教育委員会は16年3月、「いじめによる重大事実に該当しない」と議決。設置した第三者委員会は、中立性や遺族への配慮を欠くとした両親の訴えを受け解散し、県の調査委が再調査するという異例の経過をたどった。
 報告書は「教育行政の在り方を抜本的に是正しなくてはならないほど重大」と批判。両親から要望があった時点で調査委を設置しなかった市教委の対応を違法と指摘した。
 藤井信吾市長は「市教委は初期対応から現在まで誤った対応が多々あった。中島さんのめい福を祈り、(調査が)これほどの長期にわたったことについて遺族に深くおわびする」と述べた。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032001164&g=soc

« 地面師の男3人起訴、1億2千万円詐取の罪 山形(21日)産経 | トップページ | 南米で拘束の邦人、九州大職員か エクアドル、標本持ち出し(21日)西日本 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地面師の男3人起訴、1億2千万円詐取の罪 山形(21日)産経 | トップページ | 南米で拘束の邦人、九州大職員か エクアドル、標本持ち出し(21日)西日本 »