カテゴリー

« 授業中に女児盗撮 小学校教諭を懲戒免職 佐賀県教委(28日)西日本 | トップページ | 3百万円詐取容疑で男逮捕 金融庁職員装う(28日)産経 »

2019年3月28日 (木)

運転ありきで「相互依存」 JR西の指令や保守担当 のぞみ台車亀裂で安全委(28日)産経

運輸安全委員会は28日、JR西日本の博多発東京行き新幹線のぞみが2017年12月、台車に亀裂が発生しながら3時間以上にわたり運転を続けた問題の調査報告書を公表した。出発直後から乗務員が異常音や異臭を相次いで確認したのに、運行を管理する指令や途中の岡山駅で乗り込んだ保守担当は、運転継続を前提にしたやりとりに終始。「列車停止の必要があれば、相手が言ってくる」との考えで、危険性の判断を「相互に依存していた」と指摘した。 JR西では、新幹線の異常音発生への対応で、保守担当が乗り込むケースがまれで、終着駅まで運行した後の点検が通例だった。報告書は「何が起きているか分からないケースは、重大事故となる可能性がある」との認識が必要だとして、JR西に意識改革を求めた。17年4月からトラブルまでの間、山陽新幹線では101件の異常音発生が報告され、保守担当が乗り込んだのは4件にとどまっていた。JR東海では、同じ期間に156件の報告に対し127件だった。

 亀裂の要因は、川崎重工業の製造段階の不備と結論付けた。台車枠の鋼材の底面と別の部材を溶接した際、鋼材にできたわずかなひびが亀裂の起点になった可能性がある。鋼材は社内ルールに反し、過度に削られ、厚さが基準値以下だったことなども影響した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190328/afr1903280002-n1.html

« 授業中に女児盗撮 小学校教諭を懲戒免職 佐賀県教委(28日)西日本 | トップページ | 3百万円詐取容疑で男逮捕 金融庁職員装う(28日)産経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業中に女児盗撮 小学校教諭を懲戒免職 佐賀県教委(28日)西日本 | トップページ | 3百万円詐取容疑で男逮捕 金融庁職員装う(28日)産経 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ