« 救急車が道順誤り到着遅れ、滋賀 高速道、バイクの男性死亡(23日)共同 | トップページ | 読売新聞記者がセクハラ 報道各社の懇親会(23日)産経 »

2019年3月23日 (土)

「全て実験」爆薬作りに没頭 名古屋の元大学生に25日判決 (23日)日経

高性能爆薬や3Dプリンター製の拳銃を製造したとして、爆発物取締罰則違反罪などに問われた名古屋市の元大学生(19)の判決公判が25日、名古屋地裁で開かれる。元大学生はこれまでの公判で「爆発という現象に興味があった。全て実験だった」と没頭した経緯を説明。危険な爆薬などを次々に自作した行為の重大さに、判決がどう言及するのか注目される。
「少量のTATP(過酸化アセトン)をこするだけでパチパチと音がした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42824320T20C19A3CN0000/

« 救急車が道順誤り到着遅れ、滋賀 高速道、バイクの男性死亡(23日)共同 | トップページ | 読売新聞記者がセクハラ 報道各社の懇親会(23日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救急車が道順誤り到着遅れ、滋賀 高速道、バイクの男性死亡(23日)共同 | トップページ | 読売新聞記者がセクハラ 報道各社の懇親会(23日)産経 »