« 2019年3月23日 (土) | トップページ | 2019年3月25日 (月) »

2019年3月24日 (日)

2019年3月24日 (日)

口座から金引き出される? 名古屋の夫婦遺体、息子不明(24日)朝日

名古屋市港区の民家で男女2人の遺体が見つかった事件で、愛知県警は24日、遺体はこの家に住む配送業、米原達治さん(68)と妻の孝子さん(66)と発表した。

 また、米原さんの預金口座が1カ月以上前から、残高不足で引き落としができなくなっていたことも関係者への取材で判明。これまでに残高不足になったことはなく、県警は、米原さんの口座から何者かが金を引き出した可能性もあるとみて調べている。
 米原さんと購読契約をしている新聞販売所によると、新聞代は1カ月約3千円。翌月初旬に、ひと月分が米原さん名義の口座から引き落とされる。昨年12月分までは支払いが滞ることはなかったが、1、2月分は残高不足で引き落としができなかったという。
 このため、従業員が2月と今月の初旬にそれぞれ米原さん宅へ集金に出向くと、米原さんの息子(37)が応対し、現金で支払ったという。今月に従業員が訪問した際には、息子は「両親は海外旅行に行き、家を長く空けている」と話したという。
 息子は遺体発見当日の22日、米原さん夫婦の行方について港署に出向いて説明する予定だったが、同日から連絡がとれなくなり、行方不明になっている。
 港署捜査本部によると、23日の司法解剖の結果、2人はともに1月下旬から2月下旬ごろに死亡したとみられる。2人とも同一の刃物のようなもので刺されており、孝子さんは刺殺されたか首を絞められて窒息死した可能性がある。
https://www.asahi.com/articles/ASM3S43SSM3SOIPE004.html

| コメント (0)

女性に脅迫状「坂本一家みたいに」…住所開示で (24日)読売

千葉地検の支部が、器物損壊事件の被害者女性の住所などを被告側に開示したため脅迫状が届いたとして、国などに損害賠償を求めた訴訟は、さいたま地裁で国との和解が成立した。女性は「誰にでも起こりうるので、二度と同じような被害が起きないでほしい」と話している。
女性が最初に脅迫状を受け取ったのは、2015年。「(オウム真理教元幹部に殺害された)弁護士坂本一家みたいにならないこと」などと書かれていた。
 女性は、「家を知られているということは、(男と通じている)誰かが来てもおかしくない」と思い、泣きながら地元警察に連絡。事件の捜査をした警察署や検察、被告の元弁護人に説明を求めても、「担当者が異動した」「(住所を)見せるわけがない」などと取り合ってもらえず、自身で弁護士に依頼したという。
 和解では、謝罪などの文言はないが、女性は転居などに伴う実費などの被害回復を優先した。「何もしていないのに、何でこんな目に遭うのかという気持ちはある。経緯が明らかになったので、裁判をしてよかった」と語った。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190324-OYT1T50105/

| コメント (0)

ボート衝突で3人負傷 東京の運河、専大職員乗船(24日)産経

24日午前11時55分ごろ、東京都港区の京浜運河で、専修大職員5人が乗ったプレジャーボートが台船に衝突した。東京海上保安部によると、男性3人が負傷して救急搬送され、うち2人が骨折などで入院予定。海上保安部が、ボートを操船していた千葉県船橋市の50代男性から事情を聴き、事故原因を詳しく調べている。 海上保安部によると、衝突したのはレンタルボートの「シーガル23」(3・2トン)。東京都江戸川区でボートを借りた後、目黒川を航行し花見をしたという。骨折したのは、千葉県柏市の50代男性と神奈川県大和市の60代男性。
 品川・天王洲アイルにある「シーフォートスクエア」の北側岸壁に停泊していた台船にぶつかり、船首部が損傷した。浸水や油の流出はない。
 現場付近は当時、北西の風3・6メートルで、視界は良かった。ぶつかった台船の乗船者が118番通報した。

| コメント (0)

文大統領警護員の「自動小銃」が波紋=市場視察で-韓国(24日)時事

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領が22日に南部・大邱の市場を訪れた際、私服姿の警護員が自動小銃を手にしている写真が公表され、波紋を呼んでいる。

韓国検察、前環境相の逮捕状請求=傘下機関役員へ退任圧力か

 保守系野党「正しい未来党」の河泰慶議員が24日、フェイスブックに掲載した。提供を受けた写真といい、「専門家に聞いたところ、大統領警護の際、武装テロの状況でない限り、自動小銃はかばんから取り出さないそうだ」と指摘。「民生視察現場(市場訪問)での自動小銃の露出は、警護規則違反だ」と批判した。
 保守系最大野党「自由韓国党」報道官も、「文政権の立場では(保守の地盤である)大邱の市場はテロの拠点か」と過剰警護を非難した

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032400364&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

離島防衛で滑走路復旧部隊新設を検討、防衛省(24日)産経

防衛省が、中国による南西方面の離島への侵攻に備え、民間航空機が運航している離島の空港の滑走路を復旧する部隊の新設を検討していることが24日、分かった。沖縄県の宮古島(宮古島市)や石垣島(石垣市)などの空港が対象。武力攻撃への自衛隊の対処と住民避難で空港の機能は不可欠だが、敵の攻撃により滑走路が破壊されれば、平時に管理している県では復旧できないと判断した。
離島防衛をめぐっては、陸上自衛隊が26日、宮古島市と鹿児島県の奄美大島にある奄美市と瀬戸内町に新たな駐屯地などを開設し、有事で初動対処にあたる警備部隊と地対艦・地対空ミサイルを配置する。南西方面で陸自の実戦部隊配備は初で、石垣市にも同じ構成の配備を計画している。 中国との有事で懸念される尖閣諸島(石垣市)侵攻を想定すると、宮古・石垣両島にも同時に侵攻する恐れが強い。中国は尖閣と宮古・石垣両島をひとつの戦域と捉えているためで、両島に陸自を配備する大きな理由となっている。
続く

| コメント (0)

訪問介護、半数ハラスメント被害 利用者から職員、初の実態調査(24日)共同

介護現場で働く人を対象にした厚生労働省の委託調査で、サービス利用者からセクハラや身体・精神的暴力のハラスメント被害を受けた経験がある人は、訪問介護職員の半数に上ることが24日、分かった。介護現場のハラスメント実態に関し厚労省が大規模な調査を実施したのは初めて。利用者の家族からの被害も17%の職員が経験しており、被害の深刻さが浮き彫りとなった。
 訪問介護は女性ヘルパーが1人で利用者宅を訪ねることが多く、施設に比べ密室性が高い。人手不足で待遇改善が求められる介護現場にとってハラスメント対策は急務。事業者向けマニュアルを近くまとめ、厚労省は現場への周知を図る。

| コメント (0)

無事下山の夫婦「吹雪で道に迷った」 群馬(24日)NHK

群馬県北部の武尊山で23日から下山できなくなっていた埼玉県の夫婦が、24日、警察によって救助され無事下山しました。警察によりますと2人に目立ったけがはなく「吹雪で道に迷った」などと話しているということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190324/k10011859161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

23日午後、群馬県北部の武尊山に登山に向かった埼玉県所沢市の45歳の夫と34歳の妻が下山を予定していた時刻を過ぎても戻らず、警察は…

| コメント (0)

»DVシンポジウム、更生中の加害者らも参加(24日)TBS

DV=ドメスティックバイオレンス加害者の更生教育に取り組む民間団体が初めての「全国ネットワーク」を設立し、更生中の加害者らも参加したシンポジウムを開催しました。 「(DV)加害者の半数近くが、DV家庭出身者なんです。加害者は子どものためにも、更生しなければならない。そうでなければ、世代に連鎖してしまう」(DV加害者更生教育プログラム 全国ネットワーク・山口のり子代表) 
 24日、都内で開かれたDV=ドメスティックバイオレンスについて考えるシンポジウム。DV加害者の更生教育などに取り組む12都道府県のNPO団体らが、初めて「全国ネットワーク」を設立しました。
  最新の全国でのDV被害相談件数は1年で「7万2455件」と、近年増加し続けています。
  「(一度)別居を解消してしまいました。もうDVはやらないからというので。結局暴力はなくなることはなくて、以前より卑劣なものになっていました。自分が変われないのは、私の協力がないからだと責めてきました」(被害者)
 「私のDVがひどくなって、(プログラムに)参加することになりました。加害者が変わらなければ、被害者の足を引っ張る」(更生中の加害者)
  「全国ネットワーク」は「DV加害者に適切な更生プログラムを義務づける法整備が必要」と訴えていて、更生教育のガイドライン作成も検討していきたいとしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3630203.html

| コメント (0)

»イノシシに襲われ農具で抵抗、イノシシは死ぬ(24日)TBS

24日朝、神奈川県小田原市の畑で92歳の男性がイノシシに襲われ、けがをしました。男性は持っていたくわで抵抗し、イノシシはその場で死にました。 24日午前8時ごろ、小田原市早川の畑で「イノシシに襲われた」と119番通報がありました。 
 小田原市などによりますと、近くに住む92歳の海藤久雄さんが畑にいたところ、突然イノシシに襲われました。海藤さんは持っていたくわを使って抵抗し、イノシシはその場で死にました。
  「どうしたのって言ったら、イノシシにやられたって言うんですよ。つえでやってもつえが折れちゃったから、くわでやったって言うんですよ。あのイノシシが死ぬぐらいだから、よほど強くたたいたんじゃないかと思うんですけど」(海藤さんの妻・初美さん)
  海藤さんは両手両足をかまれたほか、右の太ももにけがをして病院で手術を受けましたが、命に別状はないということです。イノシシはメスで、重さはおよそ80キロだったということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3630209.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)
今年になり自殺数は減少
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_4 F1014592愛知県豊田市でなんと、小学6年の女児2人が飛び降り自殺したり、群馬県前橋市では高校2年の女子生徒が電車に飛び込み自殺するなど今年に入っても相変わらず自殺は起きている。
 平成15年には3万4427人もあった自殺者-昭和53年以降で最も多かったがその後は減少傾向になり、昨年、平成30年は2万0598人で最も少なかった。その自殺者に変化が起きている。
 厚労省によると自殺総数が減少傾向にある中で平成29年の10~14歳の死因のトップは自殺だという。よって同省は自殺予防対策の強化が喫緊の課題だとしているが、次世代を担う財産を守るためには対策は対策でも、質実剛健な人間作りが大切だ。
 警察庁によると今年2月現在の自殺者数は3207人。男2238人、女が969人だった。最も少なかった30年の2月現在は3225人で、今年は、それよりさらに少なくなっている。とは言っても1日あたりに換算すると54人が亡くなっており、1時間に2人はどこが自殺しているのだ。
 ランキングは東京の369人、大阪の182人、埼玉と愛知が各175人、千葉が116人の順。
 自殺者数は3月が多いとされており、30年には1989人が自殺している。今年はどうなるかだ。
 例年、月別で最も多いのは3月とされていることから、自殺対策基本法では「自殺対策強化月間」と定め、地方公共団体と関係団体等が「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向けて、相談事業や啓発活動を実施している。逆境に強い人間をつくりましょうよ!
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

「アポ電」利用の殺人事件があったが、今度は、これを逆手に利用した手渡し詐欺が埼玉県川口市で発生してしまつた。

★日大生、女性に「カード交換」と詐取…指紋検出 (23日)読売
★出会い系詐欺、「サクラ」従業員ら29人逮捕 (20日)読売
★出会い系で女性を演じ詐欺の疑い(20日)NHK
★アポ電 カード標的 昨年被害19億円…金融庁名乗り すり替え (18日)読売
★Tポイント不正使用疑いで逮捕(16日)NHK
★埼玉・和光の57歳男性、電子マネー50万円被害(15日)産経
★〝健保の還付金〟とうその電話、特殊詐欺グループの男2人逮捕(14日)TBS
★横浜の80代女性、警察官名乗る男に通帳とカード盗まれる(13日)産経
★今年もう2回目、詐欺防いだコンビニ店員 72万円阻止(8日)朝日
★「改元でカード変更必要」=詐欺未遂容疑で男逮捕-神奈川県警(7日)時事
★北九州の医師が投資詐欺疑い 福岡県警、死亡妻も書類送検(7日)西日本
★“タンス預金”1350万円 息子装う電話で渡す 80代女性が被害(6日)NHK
★長男かたり1500万円詐取 埼玉・所沢(5日)産経
★架空請求で約2700万円詐取(5日)NHK北海道
★国際ロマンス詐欺、新たに2人被害 容疑の5人再逮捕 (4日)日経

| コメント (0)

カッターの男、郵便局で「早くしないと刺すぞ」(24日)読売

 高知県土佐清水市の郵便局で起きた強盗事件で、地検中村支部は20日、同県四万十市国見、土木作業員の浜渦吉司容疑者(37)を強盗罪で地裁中村支部に起訴した。
起訴状によると、浜渦容疑者は2月25日午後1時40分頃、土佐清水市の土佐清水貝川郵便局で、手首をつかんでカッターナイフを顔や胸に突きつけるなどして「金を出せ。早くしないと刺すぞ」と局員たちを脅して、100万円を奪い取ったとされる。

| コメント (0)

監禁致傷疑い50歳男逮捕、香川 岡山県の女性を自宅に(24日)共同

 香川県警丸亀署は24日、出会い系サイトで知り合った岡山県の女性(24)を殴ってけがをさせ自宅に監禁したとして、逮捕監禁致傷の疑いで香川県多度津町寿町、無職市川光朗容疑者(50)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月31日午前0時15分ごろ、多度津町で駐車した自分の車の中で女性の頭を殴り、手足に手錠をかけて自宅に連れて行き今年1月2日午前11時ごろまで監禁した疑い。女性は頭に打撲などのけがをした。
 同署によると、女性が逃げ出して助けを求め発覚した。市川容疑者は今月3日、別の女性への監禁容疑で逮捕されていた。
https://this.kiji.is/482453650799969377?c=39546741839462401

| コメント (0)

»乗用車同士が事故、衝突した車の運転手は逃走(24日)TBS

群馬県太田市の交差点で乗用車同士が衝突し、衝突された車を運転していた50代の女性がけがをする事故がありました。衝突した車の運転手は今も逃走中です。 23日午後8時ごろ、群馬県太田市の交差点で、普通乗用車同士が衝突する事故がありました。警察によりますと、衝突された車を運転していた太田市の会社員・穂積久美子さん(51)が胸などを強く打ち重傷を負いましたが、命に別状はないということです。
  穂積さんの車にぶつかった運転手は、車をその場に残したまま立ち去っていて、現在も逃走中です。
  警察は、ひき逃げ事件として逃げた運転手の行方を追うとともに、事故の原因を詳しく調べています。

| コメント (0)

»桜の名所・目黒川で“水上”迷惑行為防止を呼びかけ(24日)TBS

東京で桜が開花してから初めての日曜日を迎えた24日、警視庁は、品川区の目黒川で水辺の桜を楽しむ船の利用者らに安全な航行やマナーの徹底を呼びかけました。 「川幅が狭くなってるので、ゆっくり安全に航行をお願いします」
 警視庁は24日、目黒川で警備艇や水上バイクを出動させ、船から桜を楽しむ利用者などに安全な見物を呼びかけました。
  桜の名所として知られる目黒川は、観光船の周囲を水上バイクが暴走するなど迷惑行為も相次いでいました。去年、東京都の条例が全面的に改正され、水上バイクなど小型船舶の危険な操縦や、酒気帯び・酒酔い操縦などが禁止されました。
  警視庁は、「水上で桜見物する際は周囲の迷惑にならないよう安全に楽しんでほしい」と呼びかけています。

| コメント (0)

強盗殺人事件を悪用した詐欺「アポ電で事件。危ない」 73歳女性、カードと現金110万円被害/川口署(24日)共同

埼玉県の川口署は23日、川口市の無職女性(73)が手渡し詐欺でキャッシュカード4枚と現金110万円をだまし取られたと発表した。男らは「アポ電でお金を置いているか確認して殺される事件があった。危ないので、お金を預かります」と言って、現金をだまし取ったという。県警は東京都内で発生した「アポ電(アポイントメント電話)」強盗殺人事件を悪用した手口とみて、警戒を呼び掛けている。
 同署によると、22日午後2時ごろから数回、家電量販店員と警察官らを名乗る男から「あなたのカードを使って約10万円の商品を購入しようとした女性がいる」「封筒にカードを入れて、自宅に伺う職員に渡してください」などと電話があった。信じた女性は電話を通話中にしたまま、同日午後4時ごろ、自宅を訪れた全国銀行協会職員を名乗る男にカード4枚を手渡した。
 さらに電話の男が「アポ電」事件について話し、女性は「自宅に100万円ぐらいならある」と答えたという。午後7時ごろ、再び訪れた同じ男に現金110万円を手渡した。その後、帰宅した息子に話して詐欺と分かり、翌23日午前に女性が110番した。
 カード1枚から現金数万円が引き出されていた。カードと現金を受け取りに来た男は20代前半で、身長160センチほどの細みの体形。グレーっぽいセーターに茶系のズボン、スニーカーを履いていた。https://this.kiji.is/482297506250556513?c=39546741839462401

| コメント (0)

女性と0歳女児が川に流され、女児は救出・搬送 岡山(24日)朝日

 24日午前9時25分ごろ、岡山市北区玉柏の1級河川・旭川で、女性と赤ちゃんが流された。近くに住む女性から「川で人が20~30メートル流されて沈んだ。泳いでいるように見えて声をかけたが、返答がなかった」と119番通報があった。
 約30分後、0歳の女児が救出され、消防のヘリで約9キロ離れた岡山大病院に搬送された。容体は不明。女児と一緒に流された成人とみられる女性は発見されておらず、消防などが捜索を続けている。https://www.asahi.com/articles/ASM3S3RK3M3SPPZB006.html

| コメント (0)

不審電話の録音装置、需要が急増 「アポ電」事件で (24日)日経

オレオレ詐欺などの被害防止のため、不審電話の通話内容を自動録音する装置の需要が急増している。きっけかけとなったのは、東京都江東区の高齢女性が自宅に現金があるか尋ねる「アポ電」(アポイントメント電話)を受けた後に殺害された強盗事件。高齢世帯に無料で貸し出している自治体では、依頼急増により在庫が払底する状況となっている。
「入荷台数に達したため、予約受付を終了しました」。3月12日、世田谷区のホームページにこんな告知が出た。
同区は2015年から高齢世帯向けに自動通話録音装置を無料で貸し出しており、前日、新たに400台の予約受け付けを始めたばかりだった。これまでに約4千台を貸し出しているが、「1日で枠が埋まることなど過去にはなかった」(区の担当者)という。
自動通話録音装置は一般的にはがきほどの大きさで厚さ3~4センチ。電話線と電話機の間に取り付ける。複雑な操作なしで自宅にかかってきた電話の通話を録音でき、相手にも「会話を録音します」などと警告音声を流す機種が多い。
証拠の音声が残ることを嫌う詐欺グループなどを遠ざけ、被害を防ぐ効果があるとして警視庁も設置を推奨。実際に世田谷区では、導入した家庭が「オレオレ」などの特殊詐欺に遭ったケースはないという。
都内では15年ごろから高齢世帯に装置を無料で貸し出す自治体が増加。各自治体は定期的に在庫を補充しているが、江東区の強盗殺人事件が起きた2月28日以降、目黒区や西東京市でも問い合わせが殺到して在庫が払底する事態となっている。
市販されている装置も「品切れ状態が続いている。店頭で注文は受けているが、いつお渡しできるか分からない」(大手家電量販店の担当者)。自治体に多くの製品を納入しているレッツ・コーポレーション(名古屋市)では人気機種の在庫が底をつき、2万台を追加生産を決めた。営業担当者は「過去に例がない規模の生産量だ」と驚く。
江東区で起きた強盗殺人事件では、約2週間前に「お金はありますか」などと不審な電話が入っていた。1~2月に渋谷区で起きた強盗2件も事前に「アポ電」がかかってきていた。詐欺にとどまらず強盗にまで及ぶ者が出てきたことに警察当局は警戒を強めている。
強盗に入るような手荒なグループは録音にひるまない可能性もあり、立正大の小宮信夫教授(犯罪学)は「装置があるから安心と過信するのは禁物」と指摘。「とにかく相手のペースに乗らないことが大事。『忙しいから後でかけ直す』と切り返すなど、会話の主導権を握る話し方を普段から意識して」とアドバイスしている。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42769240S9A320C1CC0000/

| コメント (0)

子どもシェルターが閉鎖や停止 資金難や人手不足で(24日)共同

虐待を受けるなど家庭に居場所のない少年少女の緊急避難先として、16都道府県に設置された民間の「子どもシェルター」17施設のうち、3施設が資金難や人手不足により閉鎖したか、受け入れを停止中であることが23日までの共同通信のまとめで分かった。他に3施設が過去に受け入れを停止したことがあった。2004年に最初のシェルターが東京に開設されて以降、弁護士が中心となり各地で設立が進むが、多くが厳しい運営を迫られており支援拡充が求められている。
 子どもシェルターは、児童相談所から委託があったり、相談窓口に助けを求めてきたりした10代後半の若者を保護し衣食住を無料で提供している。

| コメント (0)

群馬 武尊山で夫婦2人遭難か(24日)NHK

23日、群馬県北部の武尊山に登山に向かった夫婦2人が予定の時間を過ぎても下山していないという通報があり、警察は2人が雪山で遭難したおそれもあるとみて捜索しています。
23日午後4時半すぎ、群馬県北部の武尊山に登山に向かった夫婦2人が、下山を予定していた午後3時を過ぎても戻ってこないという通報が、ふもとの川場村にある川場スキー場から警察に寄せられました。
警察によりますと、登山に向かった2人は埼玉県所沢市の45歳の夫と34歳の妻の夫婦で、携帯電話は通じない状態が続いているということです。
また、夫は上下緑色の登山服に青の帽子をかぶり、妻は水色の上着に赤い帽子をかぶっていたということです。
2人が事前に出していた登山届では、23日の午前11時に川場スキー場のリフトの駅から武尊山に向かって登山を始め、午後3時に下山する予定だったということです。
川場スキー場によりますと、武尊山の周辺は雪が積もっていて、23日から雪や風で視界が悪い状態が続いているということです。
警察は2人が遭難したおそれもあるとみて、警察官7人が出て周辺を捜索しています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20190324/1060004173.html

| コメント (0)

»山形 高齢夫婦死亡、母親殺害容疑で息子を再逮捕(24日)TBS

 山形県朝日町の民家で今月2日、高齢の夫婦が遺体で見つかった事件で、父親を殺害した疑いで逮捕された息子が母親も殺害したとして、23日、再逮捕されました。
 殺人容疑で再逮捕されたのは、山形県朝日町の無職・柴田広幸容疑者(45)です。柴田容疑者は先月27日から今月2日までの間に、同居する母親の幸子さん(当時68)を寝室で窒息死させた疑いが持たれています。
 柴田容疑者はすでに父親の節男さん(当時72)を殺害した疑いで逮捕されていました。柴田容疑者は「何も話すことはない」とあいまいな供述をしているということです。 
 警察では、親子の間でトラブルがあったとみて動機などについて調べを進めています。

| コメント (0)

陛下へ新元号報告、首相自ら 決定直後に一対一で面会へ(24日)朝日

 平成に代わる新しい元号について、政府は4月1日の決定直後に安倍晋三首相から天皇陛下に直接報告する方向で調整に入った。新天皇即位を控えた皇太子さまにも面会して伝えることを検討。首相からの直接報告を求める保守派の主張に配慮したとみられる。

 複数の政府関係者が明らかにした。4月1日に臨時閣議新元号を決定した後、首相が皇居に出向いて天皇陛下に一対一で面会する「内奏」で伝える方向だ。前回は元号が「平成」と発表された当日の首相による報告はなく、新天皇の即位後初めての内奏は6日後だった。
 1979年に制定された元号法では、元号は内閣が政令で定めるとしており、天皇の事前許可を求めれば天皇の国政関与を禁じた憲法に反する。だが、日本会議や神道政治連盟などの保守派には元号法の制定当初から「元号は首相が天皇に内奏し、ご聴許(ちょうきょ)(許可)を得た上で閣議決定すべきだ」という考え方が根強い。
 そこで、事後に首相が直接伝え…
残り:288文字/全文:682文字

https://www.asahi.com/articles/ASM3R4G0RM3RUTFK005.html

| コメント (0)

検察が住所開示 国と和解…被害女性に310万円支払い (24日)読売

千葉地検の支部が、器物損壊事件の被害者女性の住所などを被告側に開示したため、被告の男から脅迫めいた手紙が届くようになったとして、女性が国などに約6300万円の損害賠償を求めた訴訟は、さいたま地裁(岡部純子裁判長)で、国との間で和解が成立した。国側が310万円を支払うという内容で、2月14日付。関係者への取材でわかった。
訴状などによると、女性は2009年、千葉県内で器物損壊の被害に遭った。男は別の事件と併せて起訴され、実刑判決を受けた。
 国や、ともに提訴された被告の元弁護人側の準備書面によると、検察側が弁護人に証拠開示をした際、女性の住所や電話番号などが消えていなかったという。女性宅などには15年4月以降、脅迫めいた手紙が届き、転居を余儀なくされた。
 女性は読売新聞の取材に「この先どうなるのかと思うと本当に怖かった」と話した。千葉地検は「具体的な内容についてコメントは控える」としている。被告の元弁護人との訴訟は継続して行われている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190324-OYT1T50031/

| コメント (0)

大韓航空労組、厚労省前課長に謝罪と賠償を要求(24日)読売

【ソウル=水野祥】厚生労働省の武田康祐・前賃金課長が韓国の空港で職員に暴力を振るったとされる問題で、大韓航空の労働組合は22日付で、組合員が被害にあったとして、武田前課長に職員への直接の謝罪と賠償を要求する声明書をホームページに掲載した。
労働組合は声明書で「武田前課長が泥酔状態で、他の乗客の安全のために搭乗を制止した組合員を無差別に暴行した」と主張した。さらに、「我々の要求を早く受け入れない場合、武田前課長から公務員の身分を取り上げるための行動に移る」と警告した。

| コメント (0)

東京・沖ノ鳥島沖で中国無断調査 EEZ内、外務省申し入れ(24日)西日本

東京・沖ノ鳥島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で23日午後0時半ごろ、中国の海洋調査船「嘉庚」がロープのようなものを海中に垂らして航行しているのを、第3管区海上保安本部の航空機が見つけた。外務省は「無断での海洋調査は受け入れられない」と外交ルートを通じて中国政府に申し入れた。 海保の航空機は調査船に対し「同意を得ない調査は認められない」と無線で中止を要求したが、応じていない。
 日本政府は沖ノ鳥島を基点にEEZを設定しているが、中国側は「岩にすぎない」と反論し、EEZを認めていない。
 沖ノ鳥島沖では2016年と18年にも、中国の船が許可なく調査している。

| コメント (0)

「遠距離からも被害」新手口か=電波遮断キーケースに注目-自動車盗リレーアタック(24日)時事

鍵から出る電波で手軽に解錠操作をする車のスマートキーを悪用した「リレーアタック」という新手の自動車盗で、昨年秋に大阪府東大阪市で起きた事件が、遠距離からでも狙える上、電波を常時遮断しないと防げない新手口とみられることが、専門家らへの取材で分かった。カー用品店では電波を遮るキーケースが注目されているという。
 リレーアタックは鍵から出る微弱電波を特殊な機械で拾い、複数の発信器でリレーして届け、車を動かして乗り去る手法。被害は欧米が中心だったが、昨年9月、東大阪市の民家でこの手法で車を盗もうとする様子が防犯カメラに映り、国内でも初めて確認された。
 カメラには、玄関前に立つ不審な男が、手にしたアンテナのような器具を、車のそばで待つ別の人物に向け、5秒ほどでロックを外す様子が映っていた。車の所有者男性(37)によると、全て未遂で済んだが、過去3回狙われ、映像は2回目の際のものという。
 スマートキーの電波は通常半径1~1.5メートルしか届かず、被害防止には、電波を拾われないよう玄関先に鍵を置かないなど、鍵に不審者を近寄らせないことが有効とされてきた。しかし、撮影されたケースでは、男性が対策で置き場所を車から10メートル以上離れた2階に変えていたのに、ロックが外されたという自動車評論家の国沢光宏さんは「鍵が遠くにあった被害例は聞いたことがない」とし、鍵からの電波を遠距離からでも拾える、より高性能な機械が使われたのではないかと分析する。この手法だと、飲食店などで車を離れて店内にいるケースでも、店の外から電波を盗まれ、気付かず車を解錠される恐れがあるという。国沢さんは「車上荒らしも増えるのではないか」と指摘する。
 男性は対策として、電波を遮断する素材でできたキーケースを購入した。いちいち取り出さないと作動しないため不便だが「どこにいても安心できなくなった」と話す。
 ケースは1個千数百円から。男性が購入した東大阪市のカー用品店のチェーンでは、被害が報じられた昨年12月以降、全国で1万4000個以上が売れ、入荷待ち状態という。店の担当者は「確実な対策として検討を」と話している。

| コメント (0)

生体認証に突破のリスク、顔や指紋 偽物を誤認 (24日)日経

スマートフォン(スマホ)などで使われる「生体認証」の安全性を脅かす報告が相次いでいる。顔や指紋の認証を突破した事例が見つかり、専門家らは危機感を強める。手軽に個人を判別できる生体認証は利便性が高く、弱点を克服する技術の開発も進み始めた。
顔や指紋から個人を特定する生体認証は最近、スマホなどで広く利用されている。パスワードを覚える必要がなく利便性が高い半面、生体データが流出した時などのリスクは高い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42784870S9A320C1TJM000/

| コメント (0)

海外の邦人救出にオスプレイ想定 安保法任務、専用機導入へ(24日)共同

2016年施行の安全保障関連法で自衛隊の活動として可能になった海外の邦人救出や警護活動に必要だとして、政府が米空軍の特殊作戦用輸送機CV22オスプレイなど専用航空機を導入する方針を固めたことが23日、複数の政府関係者への取材で分かった。陸上自衛隊は沖縄県・尖閣諸島など離島奪還作戦での使用も念頭に置いている。
 防衛省では、危険性が極めて高い救出任務が具体化することを危惧する声があるほか、オスプレイを巡っては米軍による配備や陸自の導入に強い反発があり、構想の実現までに曲折も予想される。

| コメント (0)

京都府警 児童虐待対策係を新設(24日)NHK

子どもたちが虐待を受けて体や心に大きな傷を負う事件が全国的に相次ぐ中、京都府警察本部は児童虐待を専門に扱う対策係を新たに設置しました。
京都府と京都市によりますと、昨年度、児童相談所に寄せられた児童虐待の相談と通告はあわせて3300件あまりと過去最悪を更新しました。
京都市は新年度から虐待の情報が寄せられたときに専門的に対応にあたる職員をすべての区役所と支所に1人ずつ配置することにしていますが、京都府警も3月、少年課の少年サポートセンターの中に児童虐待を専門に扱う対策係を新たに設置しました。
これまでは少年の非行防止なども兼務していましたが、専属の警察官を配置することで、情報を集約する態勢を強化し、緊急の場合などにすぐに対応にあたれるようにするのが狙いです。
京都府警察本部少年課は、「不幸な事案を防ぐため、関係機関とより連携を深めて子どもを守る対策を強化していきたい」としています。

| コメント (0)

»特急と軽トラック衝突、運転の高齢女性が重体 愛媛・四国中央市(24日)TBS

23日、愛媛県四国中央市のJR予讃線の踏切で特急列車と軽トラックが衝突し、軽トラックを運転していた高齢の女性が意識不明の重体となっています。 事故があったのは、四国中央市土居町津根のJR予讃線の踏切で、23日午前7時半ごろ、松山発岡山・高松行きの特急列車が、近くに住む鈴木幸子さん(81)が運転していた軽トラックと衝突しました。この事故で、鈴木さんは新居浜市内の病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。特急列車の乗客・乗員167人にけがはありませんでした。
  この影響で、JR予讃線は一部の区間で運転を見合わせましたが、およそ3時間後に全線で運転を再開しました。
 現場は警報器や遮断機がある踏切で、警察では詳しい事故の原因などを調べています。

| コメント (0)

»海老名警察署でインターンシップ、大学生ら15人が参加(24日)TBS

 神奈川県警は、警察官を目指す学生などを対象にインターシップを行いました。
 神奈川県警・海老名警察署で行われたインターンシップには、警察の仕事に興味を持つ大学生や高校生など15人が参加しました。参加者は、鑑識の体験として自分の指紋を採取したり、機動隊のヘルメットや防護服を身につけたりしました。 
 海老名警察署では、おととしからインターンシップを始めていて、今回が4回目の開催になるということで、「警察に興味を持ってもらい理解を深めてほしい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3629639.htm

| コメント (0)

« 2019年3月23日 (土) | トップページ | 2019年3月25日 (月) »