« 弁護士刺殺、県も賠償責任 高裁支部が警官不手際認定(14日)日経 | トップページ | 通販決済 精巧な偽画面…カード情報1万3000人分被害か (14日)読売 »

2019年2月14日 (木)

国体や東京五輪に備え茨城県警が警備体制強化(14日)産経

茨城県警は平成31年度の組織改編で、9、10月に開催される茨城国体や全国障害者スポーツ大会、来年の東京五輪・パラリンピックなどに向けた大規模警備の体制を強化する。国体対策課を34人から49人体制に増強するほか、「オリンピック・パラリンピック競技大会警備対策係」を改組し、「オリンピック・パラリンピック等大規模警備対策室」を新設する。
 また、大規模災害や凶悪事件の発生に備えた警察装備の一体的な運用や、老朽化に伴う警察施設の建て替えなどを計画的に進めるため、会計課施設室を改組して「装備施設課」を新設する。「つくば署」(つくば市学園の森、仮称)の開署に向けた準備を円滑に進めるため、開設準備室を警務課に新設する。
https://www.sankei.com/affairs/news/190213/afr1902130035-n1.html

« 弁護士刺殺、県も賠償責任 高裁支部が警官不手際認定(14日)日経 | トップページ | 通販決済 精巧な偽画面…カード情報1万3000人分被害か (14日)読売 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国体や東京五輪に備え茨城県警が警備体制強化(14日)産経:

« 弁護士刺殺、県も賠償責任 高裁支部が警官不手際認定(14日)日経 | トップページ | 通販決済 精巧な偽画面…カード情報1万3000人分被害か (14日)読売 »