« 空港で爆弾テロ想定し大規模訓練(25日)NHK徳島 | トップページ | 象徴像、模索の30年=全国2巡、人々に寄り添い-天皇陛下(25日)時事 »

2019年2月25日 (月)

沖縄県民投票、移設反対7割超=投票率52%、玉城知事得票上回る-安倍首相に伝達(25日)時事

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を問う県民投票は24日投票が行われ、即日開票された。反対票が投票総数の7割を突破し、全有権者の4分の1を大きく超えた。昨年9月の沖縄県知事選で玉城デニー知事が獲得した約39万票も上回り、県民の意思が明確になった形だ。投票率は52.48%だった。
【特集】沖縄基地問題

 投票結果は、賛成11万4933票、反対43万4273票、どちらでもない5万2682票。反対票は71.74%に上った。

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を問う県民投票で投票する有権者=24日午前、沖縄県宜野湾市

 県民投票条例は、最多得票の選択肢が全有権者の4分の1に達した場合、知事は結果を尊重し、首相や米大統領に内容を通知すると規定。玉城氏は25日未明、記者団に、近く安倍晋三首相に結果を報告する考えを記者団に示した。
 玉城氏は結果について「極めて重要な意義がある」と指摘。「断固たる民意を真正面から受け止め、方針を直ちに見直し、工事を中止するよう強く求めていく」と述べた。
 投票結果に法的拘束力はないものの、反対が大多数を占めたことから、移設阻止を掲げてきた玉城氏の姿勢が県民の信任を得た形だ。政府は、結果にかかわらず移設工事を進める方針だが、こうした判断が厳しく問われることになる。(2019/02/25-01:30)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022400455&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 空港で爆弾テロ想定し大規模訓練(25日)NHK徳島 | トップページ | 象徴像、模索の30年=全国2巡、人々に寄り添い-天皇陛下(25日)時事 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民投票、移設反対7割超=投票率52%、玉城知事得票上回る-安倍首相に伝達(25日)時事:

« 空港で爆弾テロ想定し大規模訓練(25日)NHK徳島 | トップページ | 象徴像、模索の30年=全国2巡、人々に寄り添い-天皇陛下(25日)時事 »