« 和歌山の小5児童殺害から4年 見守り活動「風化させない」(6日)産経 | トップページ | 毎日の愛の言葉、ついお金を…国際ロマンス詐欺にご注意(6日)朝日 »

2019年2月 6日 (水)

防衛大いじめまん延 暴行訴訟で賠償命令 福岡地裁 元上級生らに95万円(6日)西日本

防衛大学校(神奈川県横須賀市)で「指導」と称して繰り返し暴行、いじめを受けたとして、福岡県内の元男子学生(24)が当時の上級生や同級生8人に慰謝料など計1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、福岡地裁であり、足立正佳裁判長は7人に計95万円の支払いを命じた。
 原告の元学生は1、2年生だった2013年6月から14年5月、上級生らから指導の名目で殴る、蹴るなどの暴行を受け、消毒用アルコールで体に火を付けられたこともあったと主張。様子の一部は撮影され、遺影のように加工した写真を無料通信アプリ「LINE(ライン)」に投稿されている。元学生は14年8月から休学。重度ストレス反応と診断されて15年3月に退校した。
 上級生らは指導の一環だったなどとして、請求棄却を求めていた。
 判決で足立裁判長は、上級生らによる暴行や嫌がらせを認定し「原告を精神的に追い詰め、指導としては適切な範囲を逸脱している」とした。一方、集団的ないじめが原因で体調を崩したとの原告側の主張については、「各被告の嫌がらせ行為に関連性は認められない」として退けた。
 ロッカーを揺らし声を荒らげて指導したとされる上級生1人については「指導の方法として不適切だが、損害賠償を基礎づける違法性は認められない」と述べた。
 原告の男性は、国に対して約2300万円の損害賠償を求めた訴訟を起こしており、年内に判決が言い渡される見通し。
   ◇    ◇
下級生への嫌がらせ、4年生57%「やった」……

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/484771/

« 和歌山の小5児童殺害から4年 見守り活動「風化させない」(6日)産経 | トップページ | 毎日の愛の言葉、ついお金を…国際ロマンス詐欺にご注意(6日)朝日 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛大いじめまん延 暴行訴訟で賠償命令 福岡地裁 元上級生らに95万円(6日)西日本:

« 和歌山の小5児童殺害から4年 見守り活動「風化させない」(6日)産経 | トップページ | 毎日の愛の言葉、ついお金を…国際ロマンス詐欺にご注意(6日)朝日 »