カテゴリー

« 来年4月 京都で国連の犯罪防止刑事司法会議 150か国参加(24日)NHK | トップページ | ゴルフ場の橋から川に転落死、支配人を書類送検(24日)読売 »

2019年2月24日 (日)

廃線レール切断、心ない行為に鉄道ファンら嘆き(24日)読売

長野新幹線の開通で1997年に廃線になったJR信越線の横川―軽井沢駅間の一部を歩くことができるイベント「廃線ウォーク」が23日開かれた。レール切断などの被害が今月上旬にわかってから初めての開催で、訪れた鉄道ファンからは心ない行為を悲しむ声が上がった。
 イベントは群馬県安中市観光機構が昨年10月に始め、今回が4回目。この日は県内外から77人が参加し、長野県軽井沢町から県境を越え、峠の湯(安中市松井田町坂本)までの約9キロを歩いた。
 レールやケーブルの切断が確認されたのは、横川駅から約8キロの下り線。被害現場では、機構の担当者がレールの切断箇所を示し、トラックや重機が通った跡が残されていたことも伝えた。参加者は複雑な表情で写真を撮り、「どんな重機が使われたのか」などと質問していた。
 茨城県土浦市から訪れた女性(30)は「電車が走っていた当時の雰囲気を感じられる」と散策を楽しんだが、被害については「地元の気持ちを踏みにじっている」と表情を曇らせた。
 廃線区間を管理する安中市は18日、安中署に被害届を提出した。同署は何者かがレールなどを持ち去ろうとしたとみて、窃盗未遂の疑いで捜査している。
 イベントでは、NPO法人「碓氷峠歴史文化遺産研究会」の萩原豊彦理事長による講演もあり、参加者は碓氷峠の交通手段の近代化などについて熱心に聞いていた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190224-OYT1T50087/

« 来年4月 京都で国連の犯罪防止刑事司法会議 150か国参加(24日)NHK | トップページ | ゴルフ場の橋から川に転落死、支配人を書類送検(24日)読売 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃線レール切断、心ない行為に鉄道ファンら嘆き(24日)読売:

« 来年4月 京都で国連の犯罪防止刑事司法会議 150か国参加(24日)NHK | トップページ | ゴルフ場の橋から川に転落死、支配人を書類送検(24日)読売 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ